紙面ビューアー

紙面イメージをそのまま表示し、新聞を読む感覚で閲覧できる機能です(一部の紙面はご覧いただけない場合もあります。ご了承ください)。日経プラス1や地域経済、別刷特集、NIKKEI The STYLEは紙面イメージのみのサービスになります。また、別刷特集、NIKKEI The STYLEは個別記事ごとの印刷はできません。

朝刊と夕刊を見るには、トップページ題字下のメニューバーにある「朝刊・夕刊」を押します。画面右側の「マルチボックス」に紙面イメージが表示されるので、それをクリックして「紙面ビューアー」を起動します(日経産業新聞ビューアーのみをご契約の場合は、ログイン後、題字下の「産業新聞」ボタンを押すと、紙面ビューアーが起動します。日経MJのみをご契約の場合は「MJ」のボタンを、日経ヴェリタスのみをご契約の場合は「ヴェリタス」のボタンを押してください)。日経プラス1は「プラス1」ボタンを、地域経済は「地域経済」ボタンを、NIKKEI The STYLEは「NIKKEI The STYLE」ボタンを押してください。また、日経産業新聞、日経MJ、日経ヴェリタスを契約している方は、「産業新聞」「日経MJ」「日経ヴェリタス」ボタンを押してください。朝刊第二部などの別刷特集がある場合はプルダウンメニューが表示されます。「朝刊・夕刊」の中で紙面イメージでしか見られない証券面などについては、紙面イメージへのリンク見出しをトップページに表示している場合があります。

起動した紙面ビューアーの左上に日付タブが表示されます。日付ごとに閲覧できる紙面が表示されるので、希望の紙面を選択してください。朝刊と夕刊、地域経済、日経産業新聞、日経MJ、日経ヴェリタスは日付指定で直近30日の紙面イメージを見られます。地域経済は全国20ブロック分の紙面を読むことができます。読めるのは「北海道経済」「東北経済」「信越経済新潟」「信越経済長野」「北陸経済」「北関東経済」「首都圏経済」「首都圏千葉」「首都圏埼玉」「首都圏東京」「首都圏神奈川」「静岡経済」「中部経済」「関西経済」「関西広域経済」「中国経済」「広島経済」「四国経済」「九州経済」「沖縄九州経済」です。パソコン画面からは記事の切り抜きイメージのままでの印刷が可能ですが、個別記事の検索や保存はできません。別刷特集がある場合は「別刷特集」ボタンがクリックできます。

また、Myニュースでフォロー・登録したキーワードに関連した記事が赤枠で囲まれるので興味ある記事を見つけやすくなりました。

紙面ビューアーの拡大・縮小紙面ビューアーの画面全体の大きさは変えられます。画面の四隅にカーソルを合わせると矢印が表れますので、クリックしたままマウスを動かして拡大、縮小してください。

紙面ビューアーの起動

閲覧している紙面の面呼称が画面上部中央に表示されます。面を切り替えたいときには面呼称をクリックして各面のイメージ一覧から選択できるほか、面呼称の表示部分の左右と画面の左右にある「<」「>」ボタンで操作したり、キーボードのSHIFTキーを押しながら左右の矢印キー(「←」「→」)を押したり、マウスをクリックしたまま左右に動かしたりしてもスクロールできます。

面呼称の表示部分をクリックすると紙面イメージ一覧が見られます。紙面イメージにマウスの矢印を記事に重ねると、主な掲載記事の見出しを表示します。その面を拡大して読みたい場合はイメージをクリックします。

紙面ビューアーの機能

見出しや記事をダブルクリックして選択すると、その記事を拡大表示します。「縮小・拡大」ツールを使う場合は、「+」方向にスライダーを動かせば大きくなり、「-」方向なら縮小します。また、キーボードのSHIFTキーを押しながら上下の矢印キー(「↑」「↓」)を押しても拡大・縮小ができるほか、マウスホイールを前後に動かすことでも拡大・縮小ができます。

記事を選択すると、その記事の見出しを表示した小さなボックス「記事ツール」が表れます。記事を印刷・保存したり、ウェブ画面に戻って記事を読んだりするのに使います。関連記事を掲載している面があればリンクを表示します。

右上の「キーワード管理」のボタンからキーワードを登録すれば、関連した記事を赤枠で囲んで知らせます。また、気になる記事を選択すると出てくる「記事ツール」にある「保存」ボタンを押せば、その記事を保存できます。右上にある「保存記事」から、これまでに保存した記事をまとめて読むことができます。(※電子版有料会員は「キーワード管理」と「記事保存」がMyニュースと連動します。)