NYダウ一時590ドル安 中国恒大不安、欧州株も全面安
米ニューヨークのウォール街=APAP

NYダウ一時590ドル安中国恒大不安、欧州株も全面安

■中国恒大集団の資金繰り不安強まる ■香港市場では不動産株を中心に急落 ■欧米市場でも投資家心理が悪化 …

SOMPO、イタリア農業保険を買収 気候変動で需要増

SOMPOホールディングス(HD)は30億~50億円を投じてイタリアの農業保険大手を買収する。気候変動で収穫量や農家の収入が不安定になるリスクが高まり、保険の需要が増えている。経済環境と連動しにくい農業分野を自動車や企業向け損害保険に次ぐ重要分野と位置づけ、保険の種類と地域の分散を進める。 買収するのはイタリアで農業保険のシェア1割程度を握るアラ社。ひょう災や強風、霜、長雨、干ばつなど悪天候によ…

中国恒大、下げ止まらず 一時19%安 11年ぶり安値

【香港=木原雄士】不動産大手、中国恒大集団の株価の下げが止まらない。20日の香港株式市場では一時、前週末比19%下げた。23日以降、恒大が発行した社債の利払い日が相次ぎ到来するため、資金繰りに行き詰まるとの懸念が高まった。香港不動産大手の株価も中国政府が統制を強めるとの見方から急落した。 恒大の株価は一時2.06香港ドルと、約11年ぶりの安値をつけた。恒大の経営リスクが意識され、グループの不動産…

欧州株全面安、中国・恒大不安が波及 独4カ月ぶり安値

【ロンドン=篠崎健太】20日の欧州株式相場はほぼ全面安の展開になった。過剰債務で資金繰り不安が強まっている中国の不動産大手、中国恒大集団の経営不安を背景に同日の香港株が急落した流れを引き継いだ。ドイツの主要40銘柄でつくる株価指数DAXは一時3%下げ、取引時間中としては5月19日以来ほぼ4カ月ぶりの安値水準をつけた。 欧州株は現地時間の午後にかけて一段安となり、主要国の株価指数は前週末比で2~3…

認知症患者の230兆円資産、凍結防ぐ金融革新

認知症患者が保有する金融資産は2030年度に230兆円にのぼり、家計全体に占める割合は1割になるとの試算がある。親が認知症と判断されれば、子どもが引き出したり運用商品を解約したりすることが難しくなる。資産の凍結を防ぐカギは、ITを活用した金融革新だ。 第一生命経済研究所の推計によると、20年度時点で認知症患者が抱える金融資産は156兆円。既に39歳以下世帯の金融資産額の117兆円を上回る規模だ。…

金融セクションの活用術

最新ニュース、ツイッターで発信 日本経済新聞 の「金融」セクションのツイッター公式アカウントを通じて、国内外の最新金融情報を掘り下げて報道します。 日経電子版 金融 https://twitter.com/financialnikkei 独自コンテンツ、毎朝5時に配信 国内外の金融政策や金融機関の動向について、独自コンテンツを原則として毎日午前5時に配信します。 「金融セクション」注目読み物 「…

地銀の株保有厳しく、中小融資は促進 金融庁24年3月末

金融庁は2024年3月末から、地方銀行や信用金庫に新たな資本規制を導入する。自己資本比率を計算する際に、保有株式の損失リスクを重く見積もる半面、中堅・中小企業向け融資のリスクを今より軽くする。相場変動に伴う損失リスクをおさえるとともに、企業の資金繰りを支援し実体経済を支える役割を発揮するよう促すのが狙い。 金融庁が導入するのは08年のリーマン危機の反省を踏まえてできた国際規制(バーゼル3)の国内…

PR

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル