音声ブラウザ専用ショートカット。こちらより記事見出しへ移動可能です。

日経優秀製品・サービス賞2018

日経優秀製品・サービス賞2018

日経産業新聞賞

(最優秀賞5点・優秀賞9点)

2.5Dプリントシステム「Mofrel(モフレル)」
最優秀賞

2.5Dプリントシステム「Mofrel(モフレル)」

カシオ計算機

 専用シートに電磁波を当てて凹凸をつくり、木や革、布、石といった素材の質感や色合いを再現する業務用プリンター。平らな2Dではなく、3Dほど立体的でないため、2.5Dと名付けた。金型を作る必要がなく、初期段階の試作品作りの費用と時間を減らせる。パナソニックで住設機器事業を担うエコソリューションズ社は設備建材などを試作する際に触感や凹凸を含めた外観を検討するツールとして活用。デンソーは製品開発の試作や要素技術開発で使う。価格は500万円程度。

シール型紛失防止デバイス「MAMORIO FUDA」
最優秀賞

シール型紛失防止デバイス「MAMORIO FUDA」

MAMORIO

 モノにシールを貼り付けて、離れるとスマートフォン(スマホ)に通知を送る忘れ物防止サービス。通信機能があるシールを財布やパソコンなどに取り付ける。登録したシールが、スマホから離れて通信が途切れると「忘れた、なくした」と判断され、失ったおおよその場所を特定できる。利用者同士のスマホやタブレットなどの端末とシールが通信し、電車内など落とした場所からシールが移動しても、MAMORIOのサーバーを通じて他の利用者の端末や自動お忘れ物通知サービス「MAMORIO Spot」により追跡することができる。電子機器などにも貼れるようにシール型にした。価格は税別2759円。

超精密加工機「ROBONANO α-NMiA」
最優秀賞

超精密加工機「ROBONANO α-NMiA」

ファナック

 一般機に比べ非常に精密な0.1ナノ(ナノは10億分の1)メートル単位で機械に指令を出し、制御できる超精密加工用の同時5軸制御マシニングセンター。ファナックの最新の数値制御(NC)技術を活用。固定部と稼働部の間に圧縮空気の代わりに潤滑油を通わせ摩擦をなくした。加工できる製品サイズもA4に大型化させ実用性を高めた。マイクロスコープなど各種測定装置画面を1つのモニターにまとめるなど使い勝手も向上させている。

粉じん捕集フィルター「ナノフロント・バグフィルター」
最優秀賞

粉じん捕集フィルター「ナノフロント・バグフィルター」

帝人フロンティア

 超極細繊維の「ナノフロント」で微細な粉じんを収集する。繊維の太さは700ナノ(ナノは10億分の1)メートルで、断面積は髪の毛の約7500分の1。フィルターにすると従来繊維より表面積が桁違いに広がるため、粉じんの収集効率が上がる。セメントメーカーでのテストでは微細な粉じんの通過量を1立方メートルあたり3ミリグラムと、従来のフッ素樹脂系フィルターの半分に抑えた。引き合いが強い中国では国有企業などに導入済み。

グルテンフリーの米ゲル「ライスジュレ」
最優秀賞

グルテンフリーの米ゲル「ライスジュレ」

ヤンマーアグリイノベーション

 米を炊飯した後、高速でかき混ぜてゲル状に加工した商品。小麦アレルギーの人でも食べられる「グルテンフリー」の食材として、パンやクッキーの原料に使う。米粉と異なり保水性が高いため、パンのもちもちとした食感が長続きするのが特徴だ。硬さもゼリーからゴムまで自由に変えられる。ヤンマーグループのネット通販で取り扱う。価格は300グラム540円。レシピ動画サイト大手と組んで、ライスジュレを使ったグルテンフリーの料理を提案している。

時短に役立つ「ななめドラム洗濯乾燥機 NA―VX9800」
優秀賞

時短に役立つ「ななめドラム洗濯乾燥機 NA―VX9800」

パナソニック

 便利さと時間短縮を追求したななめドラム洗濯乾燥機。共働き世帯の増加などで高まる家事効率化のニーズに応えた。適量の洗剤や柔軟剤を自動で投入する機能を搭載して作業を簡素化した。スマートフォン(スマホ)アプリと連携し、外出先から運転予約や稼働状況の確認もできる。
 パナソニックの調査では、洗剤の計量から投入まで30秒以上かかる人が約半数に上った。1度にまとめて入れられるようタンクの容量は洗剤870ミリリットル、柔軟剤580ミリリットルと大型化した。洗剤や柔軟剤の銘柄を指定し、洗濯時に自動で適量が使われる仕組みで、投入量を計る手間を省いた。
 スマホアプリとの連携で便利さを追求した。外出先から帰宅時間に合わせて運転を開始したり、自宅の別の場所からもスマホで洗濯完了時間を確認したりできる。
 約1キロの衣類についた花粉を1時間で抑制する強力な除菌効果も持たせ、洗濯の質にもこだわった。

小型二輪車「モンキー125」
優秀賞

小型二輪車「モンキー125」

ホンダ

 ホンダの小型二輪「モンキー125」は2017年に発売50周年で生産を終えた先代「モンキー」(排気量50cc)の後継機だ。玩具のようなフォルムやカスタム(改造)のしやすさといった個性を引き継ぎながら、環境対応や走行性を向上させた。発売前の18年6月時点で年計画の3200台を超す受注を集めるなど、二輪市場では異例の注目を浴びた。
 先代モンキーの持つ小回りの効いた走りを継承しながら、街中でも安定して走れるよう排気量帯を125ccに上げた。
 骨格の構造や部品単位での細かな見直しで、台形状のフォルムやカスタムしやすい部品配置など先代の個性も残した。往年のエンブレムを復刻するなど伝統への配慮も光る。
 開発初期からタイの拠点が主導した。新興国の道でも走れる車両として設計され、モンキーとして初の世界モデルとなった。アジア諸国で市場が拡大する中で、今後の開発のロールモデルとなり得る車両だ。

たまったポイントで資産運用する「ポイント投資」
優秀賞

たまったポイントで資産運用する「ポイント投資」

NTTドコモ・お金のデザイン

 携帯電話の通信料金の支払いなどでたまるポイントを使い、気軽に投資できるサービスだ。ドコモの共通ポイントサービス「dポイント」から任意のポイントを預けることで、投資信託の基準額に応じて投資運用中のポイントが変動する。100ポイント単位の投資追加となり、運用中のポイントは1ポイント単位で引き出せる。ドコモの回線契約がなくても、dポイントの会員であれば利用できる。利用料金は無料だ。
 申し込みの手間や求められる金融知識などハードルが高い既存の資産運用に対し、手軽に投資体験できるサービスが受けて、18年5月の開始から約5カ月で利用者は30万人を突破した。
 ポイント投資はスタートアップの「お金のデザイン」(東京・港)と組んでサービスを開発した。投資にまったく触れたことがない層をターゲットとするために、既存顧客に強い大手金融機関ではなくスタートアップと組むことを選んだという。

フレームが見えない大きな窓「TOSTEM LW」
優秀賞

フレームが見えない大きな窓「TOSTEM LW」

LIXIL

 戸建て住宅向けの、1枚のガラス戸を横に開閉できる新しい大型窓。
 屋内側から外を眺めた際に、上下左右の窓のフレームが見えないようになっており、窓を閉めている状態でも視界を遮るものがなく、開けっ放しのような眺望を得られる。ガラスは3層構造で、窓枠にはアルミと樹脂を融合して断熱性を高めている。
 開閉時に指をひっかける取っ手を付ける必要がある左右の窓フレームは、サッシに内蔵した新開発のハンドルを操作することで窓を開けられるようにして無くした。通常1軸か2軸を使うという戸車は、4軸を採用して小型化。下枠をコンパクトにして内側から見えなくした。
 開発時に実施した調査では「リビングに大きい窓が欲しい」と答えた住宅購入検討者が88.9%にのぼった。
 TOSTEM LWを開放感のあふれるデザインとすることでこうした要求に応える。本体の参考価格は69万100円(税別)。

除湿機「サーキュレーター衣類乾燥除湿機」
優秀賞

除湿機「サーキュレーター衣類乾燥除湿機」

アイリスオーヤマ

 サーキュレーターと除湿機の機能を一体化させた。サーキュレーターの大風量が短時間での衣類乾燥を実現した。
 自然乾燥だと乾かすのに約6時間かかる洗濯物が、約70分で乾く。サーキュレーター機能がない同社の除湿機と比べても、約半分の時間で乾かせる。
 共働き家庭の増加を背景に、夜間に洗濯して室内に干す習慣が広がっているのを受けて開発に着手した。
 こうした家庭に時短効果が支持された。短時間で乾かすことで、生乾きの臭いなど室内干しの不満も解消した。設置面積はA4サイズと省スペースで、一人暮らしの世帯など狭い部屋でも使いやすい。価格は税別2万4800円。発売から8カ月で5万5千台を売り上げ、年間の販売目標を前倒しで突破した。
 サーキュレーターと除湿の2機能を搭載したが一般的な除湿機と同価格帯に据え置いたため、他社と比べて値ごろ感がある点も人気を集めた。各機能はそれぞれ単独でも使える。

4K液晶テレビ「レグザ『M520Xシリーズ』」
優秀賞

4K液晶テレビ「レグザ『M520Xシリーズ』」

東芝映像ソリューション

 高画質な4K放送のテレビチューナーを内蔵した4K液晶テレビ。2018年12月に始まった4Kの衛星放送に先駆けて製品化し、需要を取り込んだ。
 同製品はチューナーを内蔵しているため、現行のBS・110度CS放送が受信できている場合はほとんどの家庭で問題なく視聴できる。
 新開発した映像処理エンジンによって4K放送や地上デジタル放送を高精細に映し出す。細かい絵柄などを解析して高精細に映し出すほか、映像の動きに合わせたノイズ処理をする。
 別売りのUSBハードディスクを購入してテレビに接続すれば4K放送の番組を録画することもできる。大画面で高画質の映像や放送を楽しみたい消費者の需要にいち早く対応した。
 東芝映像ソリューションはテレビ事業会社で、中国・海信集団(ハイセンス)が東芝から買収した。

持続型抗菌スプレー「イータック抗菌化スプレーα」
優秀賞

持続型抗菌スプレー「イータック抗菌化スプレーα」

エーザイ

 広島大学大学院の二川浩樹教授が開発した持続型の抗菌成分「イータック」を使い、家庭用スプレーとして商品化した。イータックは殺菌成分と接着剤の役割を果たすシラン化合物を合成した物質。従来のウイルス・菌対策製品は減菌タイプが主流だが、殺菌効果が1週間続く。
 ウイルスや細菌の繁殖を防ぐことで、菌が原因の臭いも抑える。抗菌成分が対象物表面に固定されるため、スプレー直後だけでなく乾燥した後も抗菌作用が持続する。アルコールを含まず、子育て世代でも安心して使える。無香性で、開発段階では「使った感覚がない」との指摘もあったが「抗菌で臭いをなくすのが特徴で、香りでごまかしたくない」と判断した。
 1本でドアノブやテーブル、調理台、まな板、包丁など様々な場所に使える。がん患者など免疫力が落ちている人などにも利用者が広がっている。

IoTを駆使したスマート宿泊施設「アンドホステル」
優秀賞

IoTを駆使したスマート宿泊施設「アンドホステル」

アンドファクトリー

 宿泊者が客室の空調やテレビ、カーテンなどをスマートフォン(スマホ)のアプリや人工知能(AI)スピーカーを通じて操作したり、ラウンジに人が集まっていることを機器で確認して交流したりできる。操作の内容ごとに別のアプリを立ち上げる必要がない一括制御を実現している。
 本業のアプリ開発の技術力を生かしてあらゆるモノがネットにつながる「IoT」をフル活用。宿泊者の快適さを高めるとともに業界で深刻な人手不足を補う。
 施設は東京都内を中心に6カ所に増えた。今後、全国で施設を増やす。料金は1泊1室で9000円など。客室稼働率は8~9割とほぼ満室が続く。
 簡単に予約状況や価格などの宿泊管理ができるシステムも独自に開発しており、館内で活用する。他の宿泊施設向けに販売もしている。

ファッション業界の企業間フリマサイト「スマセル」

優秀賞

ファッション業界の企業間フリマサイト「スマセル」

ウィファブリック

 専用のウェブサイト上に廃棄予定の繊維や布、服や靴などの情報を売り手側が掲載し、バイヤーが買い付ける在庫品売買のサービス。フリーマーケットサービスに似ているが取引は企業間に限っている。
 金銭授受で問題が起きないように、間に銀行が入る。銀行が購入者からの入金確認をしてから発送。商品が到着してから銀行が販売者に送金する仕組み。
 17年7月から始まり、現在は約3000社が登録している。出品者側にはアパレルメーカーや商社が、バイヤー側には百貨店やリサイクルショップなどが登録している。売買が成立すると手数料をウィファブリックが徴収する仕組みだ。
 衣料品はトレンドの移り変わりが激しいことからメーカーが新製品を次々に投入するため、在庫が生じやすい。
 国内では推計で年間100万トン近くが廃棄されている。在庫を必要とする人に行き渡る仕組みをととのえ、廃棄品ゼロを目指す。

TOP

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について