音声ブラウザ専用ショートカット。こちらより記事見出しへ移動可能です。

日経優秀製品・サービス賞2013

日経MJ賞

最優秀賞(5点)

  • 大型複合施設「グランフロント大阪」=三菱地所ほか11社
    大型複合施設「グランフロント大阪」=三菱地所ほか11社

    JR大阪駅(大阪市)北側の再開発地区に2013年4月開業した。7万平方メートルの敷地に4棟の高層ビルが並ぶ。商業施設の店舗面積は4万4千平方メートル。ほかに産官学の技術交流拠点「ナレッジキャピタル」やオフィス、マンション、ホテルなどが入る。13年9月末まで5カ月間の来場者数は2700万人と東京スカイツリー(東京・墨田)を上回り、小売り・飲食店の売上高は200億円を超えた。

  • 「10の交通系ICカードによる全国相互利用」=東日本旅客鉄道ほか10の事業者
    「10の交通系ICカードによる全国相互利用」=東日本旅客鉄道ほか10の事業者

    2013年3月に相互利用を開始、北海道から九州までの52の鉄道、96のバスを1枚のカードで利用可能。関西私鉄の「ピタパ」を除く9種類は電子マネーとして全国20万店舗以上で使える。発行枚数は計8千万枚以上。楽天の「楽天エディ」やイオンの「ワオン」などの流通系を上回る国内最大の電子マネー連合になった。

  • レストラン「『俺の』シリーズ」=俺の
    レストラン「『俺の』シリーズ」=俺の

    フォアグラなど高級食材を使った料理を1皿1千円前後と高級店より大幅に安い価格で提供する。東京・銀座などの店舗は行列ができるほどの人気を呼んだ。メニュー価格に占める食材などの売上原価率は40~60%台と通常のレストランより高い。客単価は3千円前後と一般的な居酒屋と大きく変わらないが、立ち席を増やして客の回転率を高めて利益を確保している。

  • 「伊勢丹新宿本店の改装」=三越伊勢丹ホールディングス
    「伊勢丹新宿本店の改装」=三越伊勢丹ホールディングス

    同社として過去最大規模の約90億円を投じて改装、2013年3月に全面開業した。目玉の一つが店内21カ所に設けた情報発信スペース「パーク」。旬の商品やライフスタイルを提案、定期的に内容を入れ替えることで、顧客の来店頻度を高めることに成功した。初年度の店頭売上高目標は11年度比5%増の約2150億円だが、13年4~11月の売上高は前年同期比約11%増と想定を上回っている。

  • ビール「アサヒスーパードライ ドライプレミアム」=アサヒビール
    ビール「アサヒスーパードライ―ドライプレミアム―」=アサヒビール

    国産の「ゴールデン麦芽」や希少な「アマリロホップ」を一部で使い、製造工程で渋みや雑味を丁寧に取り除いた。スーパードライの特徴である爽快さやキレに深みを加えた。贈答専用の商品として開発。通常のビールより1~2割高いが、2013年の中元商戦では当初想定に比べて2.7倍となる189万セットを売り上げ、歳暮商戦でも当初想定比2.6倍となる130万セットを販売する。

優秀賞(6点)

  • 野菜チップス「Vegips(ベジップス)」=カルビー
    野菜チップス「Vegips(ベジップス)」=カルビー

    タマネギやカボチャ、ジャガイモなど契約栽培の野菜を薄切りにして、それぞれに適した温度の植物油で揚げた。素揚げすることで野菜本来の風味を生かした。健康志向を背景に女性やシニアの需要をつかみ、全国販売を始めると1カ月で供給が追いつかず一時、東日本で販売中止となるほどの人気となった。2016年度に売上高100億円を目指すなど、カルビーの主力商品の一つに育ちつつある。

  • ゲームソフト「とびだせ どうぶつの森」=任天堂
    ©2012 Nintendo
    ゲームソフト「とびだせ どうぶつの森」=任天堂

    任天堂の携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」専用で、「どうぶつの森」シリーズの6作目。プレーヤーが村長となって村づくりを進め、住民との生活を疑似体験できる。服を着替えたり、魚や虫を捕ったりする際の選択肢が豊富。通信機能を使ってほかのプレーヤーと交流する機能も充実している。互いの村を訪問できるほか、最大4人で同時におしゃべり(チャット)できる。3次元(3D)映像と2次元映像のどちらでも楽しめる。2012年11月の発売から13年9月末までに国内外で計635万本が売れた。

  • 小型車「up!」=フォルクスワーゲングループジャパン
    小型車「up!」=フォルクスワーゲングループジャパン

    独フォルクスワーゲン(VW)ブランドで最小・最安の車。日本の新車販売で約7割を占める激戦区の小型車市場に満を持して投入した。価格は149万円からと、輸入車としては最も低額な水準としたことに加え、衝突を回避する自動ブレーキを標準搭載するなど安全性能も高めた。輸入車とは縁遠かった若年層や女性などに顧客の裾野を広げた。「ゴルフ」や「ポロ」と並ぶ主力商品に育ちつつある。

  • フォトブック自動編集サービス「Year Album」=富士フイルム
    フォトブック自動編集サービス「Year Album」=富士フイルム

    撮りためた1000枚以上の写真を16~48ページ分のフォトブックに5分程度で自動編集するサービス。構図やピント、笑顔などの要素を点数化して、点数の高い写真を自動でレイアウトする。編集と注文は店頭端末のほか、自宅のパソコンでも可能。同サービスの開始で、フォトブック全体の販売は2倍に拡大した。

  • 複合施設「GINZA KABUKIZA」=松竹
    複合施設「GINZA KABUKIZA」=松竹

    東京・東銀座に2013年4月2日開場した5代目の歌舞伎座と、オフィス棟「歌舞伎座タワー」の複合ビル。劇場は4代目と変わらぬ姿を再現しつつ快適性を重視、こけら落とし興行なども好調で、12月に来場者数100万人を達成した。屋上庭園に臨むタワー5階には、舞台衣装や小道具などを展示する「歌舞伎座ギャラリー」も設けた。

  • 「東急東横線と東京メトロ副都心線の接続」=東京急行電鉄、東京地下鉄
    「東急東横線と東京メトロ副都心線の接続」=東京急行電鉄、東京地下鉄

    東急東横線と東京メトロ副都心線が2013年3月16日に接続、相互直通運転を始めた。東横線は第三セクターの横浜高速鉄道みなとみらい線と、副都心線は西武鉄道の池袋線、東武鉄道の東上線とそれぞれ相互乗り入れ済みだったため、これにより埼玉県南西部と横浜方面を直結する、首都圏の新たな広域鉄道ネットワークが完成した。

日本経済新聞 電子版について

日本経済新聞社について