2019年2月19日(火)

コラム
フォローする

通勤風景(東京・丸の内)

平成の終わりに(2) ポピュリズム回避 瀬戸際に[有料会員限定]

平成最後の年末は、日本の統治機構の再構築に至る改正出入国管理法の成立により特徴づけられることになった。…続き

再生エネ事業の初期投資の負担は大きい(山形県の風力発電所)

地域分散型エネルギーと地産地消(2) 電力の「鎖国」は非効率[有料会員限定]

筆者が地方自治体や住民から話を聞いた限りでは、エネルギーの地産地消とは「既存の電力システムに頼らないこと」と思っている人が…続き

一党支配体制の中国が米国の覇権に挑み、民主主義は試練に=ロイター
ロイター

民主主義という価値[有料会員限定]

多くの首脳がすぐに打ち解ける話題がある。「選挙」と「議会」だ。選挙で首脳の座を射止めた成功体験とその後の議会対策を巡る苦労…続き

地方への再配分額が倍以上に増える

平成の終わりに(1) 「知性の断片化」の危機回避を[有料会員限定]

東西冷戦の終結がマルタ会談で宣言された1989(平成元)年は、日本でも以後30年の国内政治と経済の進路を左右するいくつかの変化が起きた年だった。同年4月、何度も頓挫してきた消費税法が施行され、税率引き上げを巡る論議がその後の政局の一つの争点となった。11月には社会党系の総評と民社党系の同盟の労働者800万人が合同して日本労働組合総連合会(連合)が発足し、労働組合運動が穏健化した。そして翌年には「バブル経済」が崩壊する。…続き

再生エネ事業の初期投資の負担は大きい(山形県の風力発電所)

地域分散型エネルギーと地産地消(1) エネルギー自治の時代[有料会員限定]

政府が2018年7月に閣議決定した第5次エネルギー基本計画では再生可能エネルギーの主力電源化をうたっています。再生可能エネ…続き

外国人は憲法の対象外?[有料会員限定]

昨年12月に改正出入国管理法が成立し、日本で働く外国人労働者が大幅に増えることになりました。今回は、憲法と外国人の関係につ…続き

コンテ首相は個性派の2人に挟まれながら調整に苦心する=ロイター
REUTERS

きしむ欧州(下) イタリア 反EUに節度も[有料会員限定]

経済教室2018/12/31

イタリアでは2018年3月の総選挙で、ポピュリスト政党の左派「五つ星運動」と右派「同盟」が躍進した。6月6日にはこれらの政党による連立政権が正式発足した。連立政権は10月、選挙公約の実現を目指す19年予算案を公表し、欧州連合(EU)の欧州委員会に提出した。予算案は最低所得保障などを盛り込み、財政赤字の国内総生産(GDP)比率が2.4%に及ぶことを前提としていた。…続き

東京大学安田講堂

学歴と人生の格差(9) 都市と地方の分断に重なる[有料会員限定]

地方消滅がいわれ始めて数年になります。消滅の根拠として挙げられたのは、出産適齢期の若年女性が少なくなり、人口が東京に一極集…続き

尖閣諸島沖で日本の巡視艇に衝突する中国漁船(動画投稿サイト「ユーチューブ」からの画像)

密室外交、禍根残す 中国漁船衝突(平成22年)[有料会員限定]

平成Politics30 政治2018/12/31

菅直人首相と小沢一郎氏が民主党代表選で争っていた2010年9月上旬、危機は突然訪れた。
「おい、止まれー」。沖縄県尖閣諸島…続き

メルケル氏は党首として最後の党大会を迎える=ロイター
ロイター

きしむ欧州(中) ドイツ既存政党の埋没顕著[有料会員限定]

経済教室2018/12/28

12月7日、ドイツのメルケル首相は、18年間務めてきたキリスト教民主同盟(CDU)の党首を辞任した。首相としては任期の2021年まで続投すると表明しているが、今後の困難な道のりを考えると、メルケル時代の終わりはすでに始まったと言えよう。…続き

東京大学安田講堂

学歴と人生の格差(8) 非大卒層、外国人労働者と競合[有料会員限定]

外国人労働者の受け入れ基準を緩和する出入国管理法の改正が先の臨時国会の大きな争点でした。受け入れを拡大するのは介護、外食、…続き

日本は6年連続の株高が続いてきたが…(2017年の大納会に招かれ打鐘する囲碁の井山裕太七冠)

7年ぶり株安、アジアからの警鐘  アジア総局編集委員 小平龍四郎[有料会員限定]

2018年の日本の株式市場は12月28日で取引が終わる。平成最後の大納会はどんな様子か。残念なことに今年の終値は17年末の…続き

採決延期に追い込まれたメイ首相=AP
AP

きしむ欧州(上) 英の再国民投票が最善策[有料会員限定]

経済教室2018/12/27

英国のメイ首相が欧州連合(EU)からの離脱交渉で突き付けたレッドライン(譲れない一線)は、人の自由移動の除外、独自の通商政策の追求、国内でのEUルールの廃止、EU司法裁判所の管轄権の排除などだ。これらは交渉目標というよりも、実際には英保守党内の強硬離脱派に向けた公約だった。とはいえ英国がEU単一市場と関税同盟から離脱する(条件(1))のであれば当然の帰結であり、何ら問題はなかったはずだ。…続き

東京大学安田講堂

学歴と人生の格差(7) 若い非大卒層に不利な状況[有料会員限定]

新成人から還暦までの現役世代は立ち位置の異なる人々で構成されています。その特性を知るため、現役世代を男女と若年・壮年の生年…続き

吉田茂元首相の旅券(写真でみる永田町)[有料会員限定]

先々週の「現存最古のパスポート」に続き、今回は、戦後日本が初めて発行したパスポートを紹介します。

戦後第1号の旅券を受け取…続き

麻生太郎財務相(右)と根本匠厚労相(左)は、社会保障関係費の実質的な増加を4800億円にとどめることで合意した(17日の閣僚折衝、財務省内)=共同
共同

「手取り減らすな」予算にみる政権の哲学[有料会員限定]

安倍政権が21日に閣議決定した2019年度予算案は、総額101兆円を上回る大盤振る舞いだが、ところどころに堅実さを見せる工…続き

地方法人税改革について意見交換する大阪府の松井一郎知事(左)と東京都の小池百合子知事(16日、大阪府庁)

税制大綱 残された課題(下) 税源偏在緩和、交付税が筋[有料会員限定]

経済教室2018/12/26

2019年度与党税制改正大綱では、東京都と地方の税源の格差を是正する偏在緩和措置として、東京都の法人事業税(都道府県税)のうち4千億円程度が地方に再分配されることが決まった。既に法人住民税については、19年10月の消費増税の段階で、東京都から地方へ5千億円を再分配することが決まっている。…続き

東京大学安田講堂

学歴と人生の格差(6) 学校は「格差生成装置」[有料会員限定]

学校は、同年に生まれた人を多様な労働力に振り分け、公的なラベルを貼って社会に送り出す働きをしています。その際、育った家庭ご…続き

ウーバーイーツは対象地域を拡大している(写真は都内での配達の様子)

税制大綱 残された課題(上) シェア経済への対応急げ[有料会員限定]

経済教室2018/12/25

インターネット上のプラットフォーム(基盤)を介して、個人が保有する遊休資産(場所、乗り物、空きスペースなど)や労働・スキルなどを個人間でシェア(貸借や売買や提供)するシェアリングエコノミーが世界的に発達している。自らの遊休資産やスキルを活用してそれなりの収入が得られるし、サービスを購入する側も自ら資産を所有する必要がなく、比較的安価に様々なサービスを利用できる。…続き

東京大学安田講堂

学歴と人生の格差(5) 大卒学歴、分断の境界にも[有料会員限定]

近年、社会の分断ということが世界各国で盛んにいわれています。分断とは、(1)社会の目立つところに人々が認識している境界線が…続き

2534件中 101 - 120件

  • 前へ
  • ...4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9...
  • 次へ

2/19 22:00更新 経済・政治 記事ランキング

経済指標ダッシュボード

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報