2019年4月20日(土)

批評
フォローする

原題=Lead and Disrupt
(入山章栄監訳、渡部典子訳、東洋経済新報社・2400円)
▼オライリー氏は米スタンフォード大教授、タッシュマン氏は米ハーバード・ビジネススクール教授。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

両利きの経営 C・A・オライリー、M・L・タッシュマン著 既存の資源 新事業にも活用[有料会員限定]

6:00

実務家であれば必ず学びのある書だ。事業で成功するほど革新を阻害する慣性が組織に生まれる。このジレンマをいかに克服するか。本…続き

(河出書房新社・1750円)
いとやま・あきこ 66年東京生まれ。作家。06年「沖で待つ」で芥川賞。著書に『逃亡くそたわけ』『薄情』(谷崎潤一郎賞)など。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

夢も見ずに眠った。 絲山秋子著 離れては出会う男女の軌跡[有料会員限定]

6:00

絲山秋子はこれまで、男女雇用機会均等法が制定された1985年以降、女性の働きかたにどのような変化が起きたかを、悲哀も含め、…続き

(青幻舎・3000円)
いまはし・りこ 学習院女子大教授。専門は日本美術史。著書に『江戸の花鳥画』『秋田蘭画の近代』など。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

桜狂の譜 今橋理子著 絵師と大名 花に心奪われる[有料会員限定]

6:00

日本人にとって桜とは何なのだろう。…続き

原題=The Value of Nothing
(福井昌子訳、作品社・2600円)
▼著者は米国在住のエコノミスト、ジャーナリスト。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

値段と価値 ラジ・パテル著 市場経済改善の方策を探る[有料会員限定]

6:00

本書は、市場での価格が、その対象となるモノやサービスの価値を的確に反映しているか否かを検討し、市場経済の抱える様々な問題と…続き

(人文書院・3800円)
にしざき・けん 作曲、翻訳、小説、短歌と幅広く活動。「文学ムック たべるのがおそい」編集長。トランペット奏者でもある。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

全ロック史 西崎憲著 細分化が生み出した神話性[有料会員限定]

6:00

挑発的にも見えるタイトルである。熱病のような信奉によって支えられてきたロックについて、「これが全てです」と差し出しているの…続き

4月17日

ルマー・リベラ「夜会のあとで」(1894年頃、カタルーニャ美術館蔵)(C)Museu Nacional d’Art de Catalunya, Barcelona(2019)
(C)Museu Nacional d’Art de Catal

「奇蹟の芸術都市バルセロナ展」 巨匠の初期作品 初々しく[有料会員限定]

6:00

建築家ガウディのサグラダ・ファミリアで知られるスペイン・カタルーニャ自治州の州都バルセロナ。スペインの他地域とは異なる独自…続き

4月13日

(慶応義塾大学出版会・2500円)
▼片野氏は水産会社勤務。著書に『魚はどこに消えた?』など。阪口氏は学習院大教授。著書に『地球環境ガバナンスとレジームの発展プロセス』。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

日本の水産資源管理 片野歩・阪口功著 漁獲量設定という復活の道[有料会員限定]

6:00

「日本も先進国になれ」などと言われたら耳を疑うが、こと漁業に関してはまだ先進国になっていないというのが著者らの主張である。…続き

(筑摩書房・1600円)
きたむら・きょうへい 82年生まれ。東工大リベラルアーツ研究教育院准教授。共編著に『リメイク映画の創造力』など。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

美と破壊の女優 京マチ子 北村匡平著 矛盾する印象包含した大物[有料会員限定]

6:00

歴史家は、ブルドーザーのように広範な資料を根こそぎにして読みまくり、精緻な分析によって過去の思潮を浮上させ、それに基づいて…続き

(鵜戸聡訳、水声社・2000円)
▼著者はアルジェリアの作家、ジャーナリスト。本書でゴンクール賞の最優秀新人賞ほか仏の複数の文学賞を受賞。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

もうひとつの『異邦人』 カメル・ダーウド著 植民地支配撃つ他者の語り[有料会員限定]

6:00

あの有名な「きょう、ママンが死んだ」の一文で始まる、アルベール・カミュの『異邦人』に、名無しの死体があったことを覚えている…続き

(辻康吾編、現代中国資料研究会訳、岩波書店・2900円)
ヨウ・ケイジョウ 40年中国湖北省生まれ。邦訳書に『毛沢東大躍進秘録』。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

文化大革命五十年 楊継縄著 内部から赤裸々な実態描く[有料会員限定]

6:00

文化大革命(文革)開始から50年以上が経過した現在でも、その歴史を客観的に研究することも書くこともできない。それが中国の政…続き

原題=RESTLESS CREATURES
(神奈川夏子訳、草思社・2800円)
▼著者は英ケンブリッジ大動物学部の生物学者。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

脚・ひれ・翼はなぜ進化したのか マット・ウィルキンソン著 強い制約もたらす物理法則[有料会員限定]

6:00

もし生命史のテープを巻き戻して最初からリプレイしたら、そのたびにまったく異なる結果になるだろう――古生物学者の故スティーヴ…続き

4月10日

ジョン・エヴァレット・ミレイ「滝」(1853年、デラウェア美術館蔵)(C)Delaware Art Museum, Samuel and Mary R. Bancroft Memorial, 1935
(C)Delaware Art Museum, Samuel a

「ラファエル前派の軌跡」展 背後に愛憎と人間ドラマ[有料会員限定]

6:00

ジョン・ラスキン(1819~1900年)は、19世紀英国の新しい美術の動向を主導した大批評家として名高い。東京・丸の内の三…続き

4月6日

原題=After Piketty
(山形浩生ほか訳、青土社・5400円)
▼ブーシェイ氏は米ワシントン公平成長センター所長。本書はJ・B・デロング、M・スタインバウム氏との共編。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

ピケティ以後 ヘザー・ブーシェイほか編 「21世紀の資本」への賛否両論[有料会員限定]

6:00

トマ・ピケティ著『21世紀の資本』が大ベストセラーになるとは誰も予想しなかった。同書をひもといたことがなくても、r(資本収…続き

(ちくま新書・900円)
おぐら・きぞう 59年東京生まれ。京都大教授。専門は東アジア哲学。著書に『韓国は一個の哲学である』『朝鮮思想全史』など。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

京都思想逍遥 小倉紀蔵著 悲哀体感する官能的な歩行[有料会員限定]

6:00

先年、『京都ぎらい』(井上章一著)が大ベストセラーになった。本書も京都本だけに、帯には"『京都ぎらい』に書かれなかった「奥…続き

(KADOKAWA・1400円)
いまむら・なつこ 80年生まれ。10年に太宰治賞を受賞し作家デビュー。著書に『こちらあみ子』『あひる』『星の子』。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

父と私の桜尾通り商店街 今村夏子著 日常のひび割れの先の歓び[有料会員限定]

6:00

桜尾通り商店街でパン屋を営む父は、店を畳む決心をする。年齢や、離れている実家のことなど、考えた末の結論。長年、商店街でつま…続き

(創元社・1600円)
いのうえ・よしかず 73年長野県生まれ。京都大で教育社会学を専攻。帝京大准教授。著書に『日本主義と東京大学』。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

未来の戦死に向き合うためのノート 井上義和著 何のために命を賭けるのか[有料会員限定]

6:00

かつて特攻基地であった鹿児島県知覧が、しばしば合宿所や研修場所にえらばれ、自己啓発の場となり、「活入れ」の場所となっている…続き

(カン・バンファ訳、早川書房・1600円)
▼著者は韓国生まれ。看護師や公務員を経て作家デビューした。邦訳書に『七年の夜』。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

種の起源 チョン・ユジョン著 巧みな語りで描く特異な生[有料会員限定]

6:00

韓国の映画・ドラマやポップスは日本に定着したが、小説となるとまだそれには及ばない。『種の起源』は、本邦きっての老舗レーベル…続き

4月3日

桂ゆき「抵抗」(1952年、東京都現代美術館蔵)

「百年の編み手たち」展 布やコルク 「編集」視点で見直す[有料会員限定]

6:00

東京都江東区の都現代美術館が約3年間の設備改修などを経て、3月29日にリニューアルオープンした。…続き

3月30日

(永井麻生子訳、みすず書房・3200円)
▼廉薇氏はシンクタンク「中国金融40人論壇」編集部主任。共著者は同シンクタンクの辺慧氏、曹鵬程氏、北方新金融研究院編集者の蘇向輝氏。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

アントフィナンシャル 廉薇ほか著 中国 金融技術革新の最前線[有料会員限定]

6:00

本書は、中国のフィンテックで最大のシェアをもつアリババ・グループの金融関連会社「アントフィナンシャル」が、その設立から今日…続き

(河出書房新社・2900円)
たにた・ひろゆき 54年富山県生まれ。滋賀大教授。著書に『極北の迷宮』『唯美主義とジャパニズム』『鳥居』など。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

国家はいかに「楠木正成」を作ったのか 谷田博幸著 軍国主義と結びついた偶像[有料会員限定]

6:00

伊藤博文銅像市中引き回し事件をご存じだろうか。日露戦争勝利もつかの間、講和条約に不満を抱いた神戸の民衆が銅像を倒し、縄をか…続き

495件中 1 - 20件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

奥正之(19)過剰接待[有料会員限定]

6:00

奥正之(18)2つの大和[有料会員限定]

19日 6:00

奥正之(17)赤字決算[有料会員限定]

18日 6:00

おばちゃんののりしろ 木ノ下裕一[有料会員限定]

14:00

花のない花瓶 家入レオ[有料会員限定]

19日 14:00

忖度の優しさ 河合香織[有料会員限定]

18日 14:00

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報