2018年9月23日(日)

批評
フォローする

(明石書店・2600円)
▼編著者は4人。外山氏と伊賀司氏は日本学術振興会特別研究員PD。日下渉氏は名古屋大准教授、見市建氏は早稲田大准教授。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

21世紀東南アジアの強権政治 外山文子ほか著 なぜ国民に支持されるのか[有料会員限定]

2018/6/2付

 東南アジア諸国の経済活動や社会構造は違うが、政治過程は1950年代の大混乱、70~80年代の強権的な開発主義国家、90年代…続き

(浅井晶子訳、みすず書房・3600円)
▼著者は67年生まれ。ドイツのジャーナリスト。哲学博士。本書で2016年独図書流通連盟平和賞。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

憎しみに抗って カロリン・エムケ著 他者排除する社会への警鐘[有料会員限定]

2018/6/2付

 ドイツは2015年に100万人以上の難民を受け容(い)れた。あの当時、メルケル首相の「わたしたちにはできる」という言葉は感…続き

原題=THE EMPEROR FAR AWAY
(近藤隆文訳、白水社・2800円)
▼著者は2007~12年に英サンデー・テレグラフ紙の北京特派員を務めた。1988年以来、同国のほぼ全省を踏破した。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

辺境中国 デイヴィッド・アイマー著 「越境」し入り交じる民族意識[有料会員限定]

2018/5/26付

 本書は、1988年から中国を取材してきた英国人ジャーナリストが、中国の「辺境」である新疆、チベット、雲南、東北部を訪れた紀…続き

(山本知子・松永りえ訳、ポプラ社・2700円)
▼著者は77年生まれ。パリ政治学院、国立行政学院卒。2017年5月よりフランス大統領(第25代)。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

革命 エマニュエル・マクロン著 若き仏大統領の理念と政策[有料会員限定]

2018/5/26付

 不幸病にかかり、怒りと疎外感に満ちたフランス。かの国に固有の力と前進への意志を見出(みいだ)し、希望の灯をともす。ちょうど…続き

(文芸春秋・1500円)
すだ・ももこ 毎日新聞科学環境部記者。STAP細胞を巡る疑惑を追った『捏造の科学者』で大宅壮一ノンフィクション賞。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

合成生物学の衝撃 須田桃子著 研究が倫理問われる時代に[有料会員限定]

2018/5/26付

 生物を人工的に創り出すことは、人類の太古からの夢である。だが、常に見果てぬ夢でもあった。それが、今、ほとんど実現しつつある…続き

(新潮社・1400円)
かわかみ・みえこ 76年大阪生まれ。作家。08年「乳と卵」で芥川賞。著書に『すべて真夜中の恋人たち』『きみは赤ちゃん』など。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

ウィステリアと三人の女たち 川上未映子著 壊れた生に差すかすかな光[有料会員限定]

2018/5/26付

 表題作に藤の木のある家が出て来る。タイトルがその藤を藤と呼ばずウィステリアと呼ぶのは、この普通名詞が作中、その家の主である…続き

(晶文社・2500円)
こうの・こうへい 72年生まれ。茨城大教授。編著に『テレビ・コマーシャルの考古学』、共著に『テレビだョ!全員集合』など。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

昭和ノスタルジー解体 高野光平著 「つくられた」懐かしさを検証[有料会員限定]

2018/5/26付

 「昔はスマホも携帯もなくてね。彼女に電話するとお父さんが出たりして。ネットもないから情報は足で集める。原稿も手書きで、なく…続き

「青地赤茶被魚蓮文瓶」(清時代、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館蔵)(C)Victoria and Albert Museum,London

「清朝皇帝のガラス」展 驚きの不透明な質感[有料会員限定]

2018/5/23付

 ガラスといえばクリアな透明感が最大の魅力の一つ。しかし、サントリー美術館で開催中の「ガレも愛した―清朝皇帝のガラス」展を巡…続き

原題=MACHINE,PLATFORM,CROWD
(村井章子訳、日経BP社・2600円)
▼マカフィー氏は米マサチューセッツ工科大のリサーチ・サイエンティスト。ブリニョルフソン氏は同大教授。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

プラットフォームの経済学 A・マカフィー、E・ブリニョルフソン著 全産業が「ネットビジネス」に[有料会員限定]

2018/5/19付

 ベストセラー『機械との競争』を書いたコンビによる第3弾。邦訳のタイトルに釣られて読むと、プラットフォームの記述が最初は出て…続き

原題=FURRY LOGIC
(吉田三知世訳、インターシフト・2300円)
▼ドラーニ氏は物理学誌編集者、カローガー氏はサイエンスライター。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

動物たちのすごいワザを物理で解く M・ドラーニ、L・カローガー著 行動の裏の原理知る楽しさ[有料会員限定]

2018/5/19付

 見かけや振る舞いが奇妙な生きものを紹介した本の売れ行きがすごいと聞く。確かに、自然が生み出した生きものの多様さは感嘆に値す…続き

原題=SOUL HUNTERS
(奥野克巳ほか訳、亜紀書房・3200円)
▼著者は国立デンマーク博物館館長。英ケンブリッジ大博士課程修了。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

ソウル・ハンターズ レーン・ウィラースレフ著 獲物模倣する狩猟民の哲学[有料会員限定]

2018/5/19付

 「彼はエルクではなかったが、エルクではないというわけでもなかった」――部族の長老がエルク(ヘラジカ)を狩るときの模倣的身体…続き

原題=The Rise of Big Data Policing
(大槻敦子訳、原書房・2400円)
▼著者は予測型警察活動などの専門家。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

監視大国アメリカ A・G・ファーガソン著 万能ではないビッグデータ[有料会員限定]

2018/5/19付

 今日使われる意味で「ビッグデータ」という言葉が日本経済新聞の記事に出て来たのは2011年のようだ。電子版を除く朝夕刊だけで…続き

(新潮社・1300円)
やまざき・ふみお 47年福島県出身。在宅緩和ケア充実診療所ケアタウン小平クリニック院長として訪問診療に従事している。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

「在宅ホスピス」という仕組み 山崎章郎著 尊厳ある最期のための実践[有料会員限定]

2018/5/19付

 あと数年もすれば、毎年150万人もの日本人が死ぬ。どう死ぬのがベストなのか。かつて著者は『病院で死ぬということ』で、末期が…続き

「岡村桂三郎展―異境へ」 今見つめる異形の造形[有料会員限定]

2018/5/16付

 岡村桂三郎(60)は、明治以来の「日本画」の枠を乗り越える作品で注目を集めてきた作家である。その近作を中心に約30点を集め…続き

(勁草書房・各3500円)
かみかわ・りゅうのしん 76年生まれ。大阪大准教授。京大院博士後期課程修了。専門は政治過程論。著書に『日本銀行と政治』『小泉改革の政治学』など。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

電力と政治(上・下) 上川龍之進著 構造的な閉鎖性の起源探る[有料会員限定]

2018/5/12付

 東京電力福島第1原子力発電所の深刻な事故が、なぜ起こってしまったのか。この問いには、従来さまざまな答えが与えられてきた。
 …続き

(新潮社・1700円)
はしもと・おさむ 48年東京生まれ。作家。『「三島由紀夫」とはなにものだったのか』(小林秀雄賞)など著書多数。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

草薙の剣 橋本治著 顔を持たぬ息子たちの戦後[有料会員限定]

2018/5/12付

 10代から60代までの6人の男性を主人公とする戦後日本の物語――、そう聞くと日本の「男性史」をテーマとする小説なのかと早と…続き

(中央公論新社・3000円)
なかの・じゅん 25年東京生まれ。洋画家。武蔵野美術大名誉教授。著書に『風景を描く』『青い絵具の匂い』など。2017年没。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

画家たちの昭和 中野淳著 人間を信じた激動期を活写[有料会員限定]

2018/5/12付

 著者は戦後長く活躍した洋画家である。生涯現役を貫き、昨年91歳で亡くなった。本書は長い画歴のうち、最も充実した戦後昭和期の…続き

原題=THE FORCE
(田口俊樹訳、ハーパーコリンズ・ジャパン・各972円)
▼著者は米国の作家。著書に『ザ・カルテル』など。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

ダ・フォース(上・下) ドン・ウィンズロウ著 腐敗した「刑事の王」の破滅劇[有料会員限定]

2018/5/12付

 メキシコの麻薬戦争を血生臭(ちなまぐさ)く描いた『犬の力』で、一躍日本でも大人気になった著者の新作は、舞台をニューヨークに…続き

原題=POPULISM
(永井大輔、高山裕二訳、白水社・2000円)
▼ミュデ氏は米国、カルトワッセル氏はチリの大学教員。いずれも政治学博士。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

ポピュリズム C・ミュデ、C・R・カルトワッセル著 民主主義への影響と処方箋[有料会員限定]

2018/5/12付

 「ポピュリズム」という言葉が人口に膾炙(かいしゃ)すればするほど、それが一体何を意味するのか分からなくなってきている。意味…続き

清水登之「ニューヨーク、夜のチャイナタウン」(1922年、栃木県立美術館蔵)

「国吉康雄と清水登之」展 渡米した画家 ふたつの道[有料会員限定]

2018/5/9付

 20世紀前半に米国に渡った日本人画家の展覧会を近年、よく目にするようになった。国吉康雄(1889~1953年)、清水登之(…続き

336件中 101 - 120件

  • 前へ
  • ...4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9...
  • 次へ

作家・柳美里が福島で演劇活動を再開[有料会員限定]

22日 6:00

理髪店ライブで即興演奏[有料会員限定]

21日 6:00

一人の人生 独演の半世紀[有料会員限定]

20日 6:00

横川竟(21)再生[有料会員限定]

2018/9/22付

横川竟(20)再登板[有料会員限定]

2018/9/21付

横川竟(19)ジョナサン[有料会員限定]

2018/9/20付

サバイバル登山と道具 服部文祥[有料会員限定]

22日 14:00

クッツェー漬け くぼたのぞみ[有料会員限定]

21日 14:00

眼のわるい魚 前野健太[有料会員限定]

20日 14:00

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報