読書
フォローする

11月20日

(右から)野間文芸賞に決まった松浦寿輝、野間文芸新人賞の千葉雅也、古谷田奈月

小説のかたちを探求 野間文芸賞に松浦寿輝「人外」

確かなテーマ性を持ちつつも、主張を押し出すのではなく、主題が求める小説のかたちを模索する。今年の野間文芸賞・同新人賞作品に…続き

11月16日

原題=Marx, Capital and the Madness of Economic Reason
(大屋定晴監訳、作品社・2800円)
▼著者は35年英国生まれ。米ニューヨーク市立大特別教授。専攻は経済地理学。著書に『新自由主義』など。
※書籍の価格は税抜きで表示しています

経済的理性の狂気 デヴィッド・ハーヴェイ著 「資本論」の現代的意義を探る[有料会員限定]

2:00

著者はマルクス関係の著作でよく知られている経済地理学者だが、本書も基本的にその延長線上にあると考えてよい。マルクスの原典を…続き

(関口涼子訳、河出書房新社・2400円)
▼著者は58年生まれ。フランスの作家。著書に『ランサローテ島』『地図と領土』『服従』など。
※書籍の価格は税抜きで表示しています

セロトニン ミシェル・ウエルベック著 宗教なき時代の救済を問う[有料会員限定]

2:00

セロトニンとは精神のバランスを保つ脳内伝達物質で、幸せホルモンとも称される。それが本書の主人公には欠乏しているらしく、気持…続き

(新潮社・1600円)
いまふく・りゅうた 55年生まれ。文化人類学者。著書に『クレオール主義』、『ヘンリー・ソロー 野生の学舎』(読売文学賞)など。
※書籍の価格は税抜きで表示しています

宮沢賢治 デクノボーの叡知 今福龍太著 現代人が忘れたこと再発見[有料会員限定]

2:00

今福龍太の新刊を開きながら、東日本大震災にて福島で被災した折に、宮澤賢治の本を読み耽(ふけ)った記憶がよみがえってきた。恐…続き

原題=THE GOOD OCCUPATION
(小滝陽訳、人文書院・4000円)
▼著者は英ウォーリック大歴史学部教授。
※書籍の価格は税抜きで表示しています

良い占領? スーザン・L・カラザース著 日独に進駐した米兵の現実[有料会員限定]

2:00

2003(平成15)年のイラク戦争で、米国は第2次大戦後の日独占領を開戦理由の説明に使った。この戦争は、米国が日独を武力占…続き

原題=THE MUSHROOM AT THE END OF THE WORLD
(赤嶺淳訳、みすず書房・4500円)
▼著者はフェミニズム研究と環境人類学の権威。
※書籍の価格は税抜きで表示しています

マツタケ アナ・チン著 管理・支配免れた再生の象徴[有料会員限定]

2:00

奇妙なタイトルの本である。「マツタケ」に「不確定な時代を生きる術」という副題だ。さらに原題は「The Mushroom a…続き

物語を書くときは「自分でも終わりは分からない。楽しみながら書いている」と話す

「魔女の宅急便」角野栄子さん、原点は想像力と好奇心 エッセー集『「作家」と「魔女」の集まっちゃった思い出』刊行[有料会員限定]

2:00

アニメ化され、実写映画にもなった代表作『魔女の宅急便』などで知られる童話作家。50年に及び、段ボールにしまってあった原稿を…続き

11月14日

(創元推理文庫・1100円)

大物作家 気ままな解釈 野崎六助氏が選ぶ3冊[有料会員限定]

14:00

一つの歴史が刻まれた本だ。この書が明確にした定義は2点。(1)ミステリは深夜の孤独な友。(2)頭の散歩であり、文にすれば小…続き

(左右社・2300円)

書き手の懐具合巡る物語 中沢孝夫氏が選ぶ3冊[有料会員限定]

14:00

萩原朔太郎は新潮社に印税の前借りを頼んだが「詩人には一切金を借(貸)さない」と言われ「怨恨骨に達した」と怒る。新潮社の態度…続き

(新潮社・1450円)

堂々たる青春小説の王道 陣野俊史氏が選ぶ3冊[有料会員限定]

14:00

音大には入ったものの、はっきりとした理由もなく中退し、小説を書き続けている「ぼく」。友達の「源元(げんげん)」は素晴らしい…続き

11月9日

原題=The Human Tide
(渡会圭子訳、文芸春秋・2200円)
▼著者は英ロンドン大の人口学者。オックスフォード大で哲学、政治、経済、国際関係論を学ぶ。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

人口で語る世界史 ポール・モーランド著 現代社会の力学構造を解説[有料会員限定]

2:00

本書は、近代以降の世界史を人口の観点から通覧し、現代の世界情勢の基底にある人口学的ダイナミズムをわかりやすく解説した作品で…続き

(新泉社・2200円)
たなか・あつお 59年大阪生まれ。出版社、新聞社を経て森林ジャーナリストに。著書に『森林異変』『樹木葬という選択』など。
※書籍の価格は税抜きで表示しています

絶望の林業 田中淳夫著 希望から遡って改革を模索[有料会員限定]

2:00

今日、森林・林業には実に多くの期待がある。温暖化ガスの吸収源として、化石燃料・原料の代替産業として、地方創生のフロンティア…続き

原題=THE LAGOON
(森夏樹訳、みすず書房・各3800円)
▼著者は64年生まれ。インペリアル・カレッジ・ロンドン進化発生生物学教授。
※書籍の価格は税抜きで表示しています

アリストテレス 生物学の創造(上・下) アルマン・マリー・ルロワ著 西洋の知の伝統 全体像示す[有料会員限定]

2:00

ドイツで動物学の教授の自宅を訪問した際、本棚にカントやヘーゲルやキルケゴールなどの全集が揃(そろ)っていてびっくりしたこと…続き

原題=THE BLACK RUSSIAN
(竹田円訳、白水社・4200円)
▼著者は亡命ロシア人二世として米で育つ。ロシア文学研究の第一人者。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

かくしてモスクワの夜はつくられ、ジャズはトルコにもたらされた ウラジーミル・アレクサンドロフ著 無名の米黒人 規格外の人生[有料会員限定]

2:00

無名のアメリカ黒人をめぐる伝記だ。
1872年に米国南部ミシシッピの村に生まれ、20歳になる前に黒人差別を正当化する「ジム…続き

(青土社・3600円)
たなか・のりなお 74年埼玉県生まれ。文化学園大准教授。共著に『ファッションで社会学する』『現代文化への社会学』など。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

リクルートスーツの社会史 田中里尚著 「就活生はつらいよ」世相映す[有料会員限定]

2:00

この年末には、「男はつらいよ」50周年を記念して、シリーズ第50作が公開されるという。
リクルートスーツともっとも縁遠い「…続き

11月7日

(双葉社・1600円)

手に汗握る展開 独特の深み 縄田一男氏が選ぶ3冊[有料会員限定]

14:00

志水辰夫の作品が、その独特の語り口から"シミタツ節"と言われるのはよく知られている。
本書では、北前船とともに消えた旧主を…続き

(新潮文庫・一巻670円、二巻710円)

久々の新作 絶妙のミステリー 小谷真理氏が選ぶ3冊[有料会員限定]

14:00

中国古典のエッセンスを凝縮した異世界ファンタジー「十二国記」の最新作が、久々にお目見えした。
舞台は、十二国の中の「戴」国…続き

(ぴあ・1500円)

飾らぬ人の飾らぬ自伝 藤島大氏が選ぶ3冊[有料会員限定]

14:00

冒頭にこうある。「俺みたいな男の本、誰も読まんわ!」。格別なスターでないのに20年もの現役生活をドラゴンズ一筋で送った。飾…続き

11月5日

三省堂書店有楽町店では書店員が作成したフリーペーパーを配布、「十二国記」ブームを後押しする(東京都千代田区)

小説「十二国記」18年ぶり新作、異例の売り上げ

計4巻を10~11月の2回にわたって刊行する小野不由美著「十二国記」シリーズ(新潮文庫)が前代未聞の発行部数を記録している…続き

11月4日

「どの作家も触れたことや書いたことがない、『小説ではない小説』を書きたい」

ノーベル文学賞有力候補、中国人作家が語る「失敗」[有料会員限定]

2:00

「私は文学者として失敗している。作品が後世に残るとは思っていない」
ノーベル文学賞の有力候補と目される中国人作家から、驚き…続き

372件中 1 - 20件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

長崎の古賀人形、出島伝える「オランダさん」[映像あり][有料会員限定]

2:00

倉敷の「美観」生かした町づくり、二人三脚の足跡[映像あり][有料会員限定]

20日 2:00

台湾の人形劇、街かどの小舞台で演じる伝統の技[映像あり][有料会員限定]

19日 2:00

歌仙絵を手にした男たち ロバート キャンベル[有料会員限定]

20日 14:00

悔しさをバネに 幸田真音[有料会員限定]

20日 14:00

引っ越し 藤崎彩織[有料会員限定]

19日 14:00