読書
フォローする

2020年10月31日

(新潮社・1400円)
きみづか・なおたか 67年東京都生まれ。関東学院大教授。専攻は英国政治外交史など。著書に『立憲君主制の現在』など。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

悪党たちの大英帝国 君塚直隆著[有料会員限定]

2:00

ここで取り上げられるのは、世界に冠たる大英帝国を築いた7人の「悪党」たちである。「悪党」とは、著者によれば悪事を働く者とい…続き

「学生時代に旅した中国や東南アジアの雰囲気そのまま。知らないところなのに、このカオスを懐かしいと思った」

「新橋パラダイス」村岡俊也さん 闇市から続くカオス[有料会員限定]

2:00

JR新橋駅を挟み、新橋駅前ビルとニュー新橋ビルは立つ。太平洋戦争後の闇市から発展した飲み屋街を引き継ぎ、現在は飲食店や金券…続き

2020年10月29日

(晶文社・2000円)

言語に頼らぬ観戦とは 藤島大氏が選ぶ3冊[有料会員限定]

14:00

ラグビーはキッチンペーパーのロールと紐(ひも)。卓球が鍋のフタにスリッパ。フェンシングはCやHやZなどアルファべットの木片…続き

(新潮文庫・〈1〉590円、〈2〉710円)

異世界のファンタジー 小谷真理氏が選ぶ3冊[有料会員限定]

14:00

読み出したら止まらない、異世界ファンタジーの登場だ。
主人公ソナンは、名家に生まれた放蕩(ほうとう)息子の典型で、様々なしく…続き

(小学館・1900円)

意地の沈没船引き揚げ 縄田一男氏が選ぶ3冊[有料会員限定]

14:00

これがはじめての歴史小説だというから驚きだ。
主人公は廻船(かいせん)屋敷の二男坊喜右衛門と網元の末っ子・吉蔵。江戸期におい…続き

2020年10月24日

原題=TOOLS AND WEAPONS(斎藤栄一郎訳、プレジデント社・2500円)
▼著者のスミス氏は米マイクロソフト社の最高順法責任者。ブラウン氏は同社の広報担当シニアディレクター。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

ツール・アンド・ウェポン B・スミス、C・A・ブラウン著[有料会員限定]

2:00

コロナ禍で「デジタル・トランスフォーメーション」が加速する中、そのためのテクノロジーは人類にとって「ツール(利器)」になる…続き

(中央公論新社・1900円)
いけがみ・えいいち 70年沖縄生まれ。17年『ヒストリア』で山田風太郎賞受賞。著書に『テンペスト』『黙示録』など。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

海神(わだつみ)の島 池上永一著[有料会員限定]

2:00

冒頭を読んで、え? これが池上永一なの? と思った。山田風太郎賞を受賞した前作『ヒストリア』でも、肉体と魂が分離した一人の…続き

(鳥影社・2300円)
ひらた・たつじ 34年生まれ。大阪大名誉教授。専門はドイツ・オーストリア文学、中欧都市文化論。著書に『輪舞の都ウィーン』など。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

歩く大阪・読む大阪 平田達治著[有料会員限定]

2:00

練達のドイツ文学者による渾身(こんしん)の大阪論である。「歩く/読む」都市と聞いて想起されるのは、前田愛の名著『幻景の街 …続き

原題=Architects of Intelligence(松尾豊監訳・水原文訳、オライリー・ジャパン・3200円)
▼著者はシリコンバレーを拠点に活動する企業家。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

人工知能のアーキテクトたち マーティン・フォード著[有料会員限定]

2:00

AI(人工知能)や関連する分野のリーダー23人を、気鋭のサイエンスライターがインタビューした記録をまとめたもので、松尾豊氏…続き

原題=THE HUMAN SWARM(小野木明恵訳、早川書房・各2300円)
▼著者は米スミソニアン自然史博物館研究員、ハーバード大客員研究員。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

人はなぜ憎しみあうのか(上・下) マーク・W・モフェット著[有料会員限定]

2:00

人はなぜ憎しみあうのか? いま私たちの誰もが抱く疑問であるが、答えはすでに原題に示されている。直訳すると「人の群れ」。人は…続き

「コロナ禍だからこそファッションの持つ力はより一層問い直される」と言う

「モード後の世界」栗野宏文さん[有料会員限定]

2:00

約40年にわたりメンズを中心にファッションの世界に身を置いてきた。セレクトショップのユナイテッドアローズの設立に参加し、現…続き

2020年10月23日

10月13日、フロリダ州でスピーチをするバイデン大統領候補=ロイター
ロイター

[FT]バイデン候補新評伝、意外な素顔を明らかに[有料会員限定]

バイデン氏は過小評価されがちだ。バイデン氏に話しかけることは、止めることのできない栓を開けるようなもの――。英国のある外交…続き

2020年10月22日

(光文社新書・900円)

意外な組み合わせの妙 竹内薫氏が選ぶ3冊[有料会員限定]

14:00

え? ミュージシャンの矢野顕子さんが、どうして宇宙飛行士の野口聡一さんと宇宙対談をしてるの?
そんな先入観を持って読み始めた…続き

(ダイヤモンド社・1600円)

ゲイツの元右腕が回顧 速水健朗氏が選ぶ3冊[有料会員限定]

14:00

黎明(れいめい)期のパソコン業界でビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズと肩を並べ、ビジネスや発明を続けた起業家・西和彦の自伝…続き

(祥伝社・1700円)

地下街火災、圧巻の描写 北上次郎氏が選ぶ3冊[有料会員限定]

14:00

すごいなあ。後半200ページは息つく暇もない。圧倒的な迫力に押し切られる。
高層ビル火災を描いた『炎の塔』、船舶火災を描いた…続き

2020年10月17日

原題=THE BILLIONAIRE RAJ(笠井亮平訳、白水社・3200円)
▼著者は英国のジャーナリスト。現在はシンガポール国立大リークアンユー公共政策大学院実務准教授。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

ビリオネア・インド ジェイムズ・クラブツリー著 汚職生み出す縁故資本主義[有料会員限定]

2:00

インドのマンモーハン・シン前首相は超一流の経済学者で、また高潔な人格者として知られている。しかし、その政権下で次から次へと…続き

原題=UNDERGROUND(棚橋志行訳、亜紀書房・2200円)
▼著者は米ノンフィクション作家。ニューヨーク大客員研究員。本書が初の著書。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

地下世界をめぐる冒険 ウィル・ハント著 神との邂逅へ 心の洞窟探る[有料会員限定]

2:00

日本の都市には地下街や地下鉄道網が広がっており、私たちにとって「地下」は日常的な空間といえる。「地下に潜る」というのも身を…続き

(朝日新聞出版・1500円)
かねはら・ひとみ 83年東京都生まれ。作家。『蛇にピアス』で芥川賞。そのほか著書に『マザーズ』『持たざる者』など。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

fishy 金原ひとみ著 三人三様 女たちの尖った今[有料会員限定]

2:00

冒頭で描かれる、久しぶりに居酒屋で集った3人の女たちの会話。
「自分がどうしたいかなんて、相手がどうしたいってこと抜きには語…続き

原題=SHE SAID(古屋美登里訳、新潮社・2150円)
▼著者はともに米ニューヨーク・タイムズの記者。ワインスタイン氏の調査報道で多くの賞を受賞した。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

その名を暴け ジョディ・カンター、ミーガン・トゥーイー著 「#MeToo」喚起した報道[有料会員限定]

2:00

これは女性だけの話ではない。原題が「SHE SAID」だから女性の告発の話だと思うだろうが、そこに収まっていては本質を見逃…続き

原題=THE SECOND KIND OF IMPOSSIBLE(斉藤隆央訳、みすず書房・3400円)
▼著者は物理学者。現在、米プリンストン大教授。専門は宇宙論、物性論など。
※書籍の価格は税抜きで表記しています

「第二の不可能」を追え! ポール・J・スタインハート著 謎の結晶構造巡る知的探究[有料会員限定]

2:00

科学の研究は謎解きに似ている。したがってその経緯を追った良質なノンフィクションは推理小説、探偵小説、冒険小説としても楽しめ…続き

924件中 101 - 120件

  • 前へ
  • ...4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9...
  • 次へ

辻惟雄(20)曽我蕭白[有料会員限定]

辻惟雄2:00

辻惟雄(19)就職[有料会員限定]

辻惟雄20日 2:00

辻惟雄(18)助手の頃[有料会員限定]

辻惟雄19日 2:00