2019年2月20日(水)

私の履歴書
フォローする

日本国際交流センターの山本正理事長(中央)は広い人脈を持つ国際人だった

五百旗頭真(19)多事の90年代 民間交流から21世紀懇へ アジアとの「隣交」強化を答申[有料会員限定]

2019/2/20付

人生には潮時がある。50歳を迎える頃には、職務が重くなる。加えて、個人的な履歴と社会の必要が合致すると、新しい展開が生ずる…続き

英国には妻と子ども5人を連れていった

五百旗頭真(18)英国から 冷戦後の日本外交説く 湾岸危機対応 BBCで弁論[有料会員限定]

2019/2/19付

冷戦終結期の激動の世界は、ロンドン大学の私の研究室まで押し寄せてきた。英国放送協会(BBC)のテレビが「湾岸危機と世界新秩…続き

五百旗頭真(17)楠田研究会 大動乱の欧州に派遣 佐藤元首相のブレーンに参加[有料会員限定]

2019/2/18付

「国が何をしてくれるかを問うな。むしろ君が国のために何をできるかを問え」。若いケネディ大統領の言葉に、ためらっていたライシ…続き

学者になった教え子たちを自宅に招いて歓談(兵庫県西宮市)

五百旗頭真(16)神戸大のゼミ 長時間の真剣勝負 光る若い感性 他校とも交流[有料会員限定]

2019/2/17付

私は子どもが好きで、若者が好きだ。生命の輝きや成長を見るのは楽しい。教師に向いているのかもしれない。講義にも熱心で、広大で…続き

「米国の日本占領政策」でサントリー学芸賞を受けた

五百旗頭真(15)実りの時 11年かけて本を完成 20年ぶり 故郷神戸に戻る[有料会員限定]

2019/2/16付

石油危機はじめ波乱の1970年代であったが、日本は技術革新と国民の一致協力・勤勉な努力によって乗り越え、80年代の安定成長…続き

ボートン氏(左)夫妻宅を1984年にも再訪した

五百旗頭真(14)ボートン先生 「戦後日本の設計者」訪問 日米関係に生涯投じた人々[有料会員限定]

2019/2/15付

1977年11月16日朝9時半、自宅を車で出発した。高速道路に入る前のロータリーで大型のタンクローリー車と並走する形となり…続き

ライシャワー教授と対日占領政策を議論した(写真は70年の来日時)

五百旗頭真(13)ハーバード大へ ライシャワー氏の隣室に 関係者聞き取りに尽力[有料会員限定]

2019/2/14付

広島大学に就職した翌1970年10月に私は結婚した。相手は京大時代にトマス学院で知り合った4歳年下の佳子。猪木先生夫妻が仲…続き

米国立公文書館で見つけた日本の分割占領案は大きな波紋を巻き起こした

五百旗頭真(12)日本分割占領案 学者生命喪失の危機 学会報告の質疑で一転[有料会員限定]

2019/2/13付

米国立公文書館で私が日本分割占領案を発見したニュースが報じられた後、専門家による批判の波が走った。…続き

米国立公文書館で占領文書の閲覧に没頭した=松岡資明撮影

五百旗頭真(11)米国で調査 戦後計画文書 夢中で読む 研究資金、公園で危うく略奪[有料会員限定]

2019/2/11付

孤立主義を伝統とする米国は第1次大戦にためらいつつ参戦した。勝利は得たが、戦後処理につまずいた。ウィルソン大統領の理想主義…続き

ハーバード大での研修時代に訪ねてきてくれた高坂正堯教授

五百旗頭真(10)占領研究へ 教授の計らいで渡米 公文書館で原資料を調査[有料会員限定]

2019/2/10付

広島大学に落ち着くと、私は修士論文に続けて石原莞爾の研究を進めた。軍事指導者としての石原の背後にある日蓮宗教と世界観、庄内…続き

五百旗頭真(9)広島大へ 荒れる京大 離れ就職 団交に負けぬ学長に驚き[有料会員限定]

2019/2/9付

「石原莞爾と満州事変」についての修士論文に取りかかった頃だったろうか。猪木先生がある日突然言われた。「いおきべ君、こんな大…続き

京大で猪木教授(前列右端)に教えを受けた(後列中央が筆者)

五百旗頭真(8)京大大学院へ 実証的歴史家への一歩 石原莞爾の調査で庄内へ[有料会員限定]

2019/2/8付

人は自分の職業をどう決めるのだろうか。私は学者の道を歩んだが、それは父が学者で、その家庭に育ったから。しかし、8人の子ども…続き

学生時代、自転車で大和路などを巡った

五百旗頭真(7)京大での生活 学生運動より読書会 デモに参加 木の上に脱出[有料会員限定]

2019/2/7付

一浪して京都大学法学部に入学した。…続き

中3から60キロ強歩会で優勝した

五百旗頭真(6)六甲学院 強歩会で3連覇 自信に 真剣に議論する師を敬愛[有料会員限定]

2019/2/6付

中高時代は神戸市灘区の六甲学院に通った。阪神間にあっても、灘(なだ)や甲陽学院のように東大や京大に大量入学する名門進学校で…続き

両親と祖母、きょうだい8人全員で(前列左が筆者)

五百旗頭真(5)子どもの頃 「ノーパンじゃない」 病で休学 負けん気は人一倍[有料会員限定]

2019/2/5付

真っ黒な甲斐犬のクロは無二の親友だった。ほぼ放し飼いのクロは遠くにいても私が呼べば草むらを二つに分けて突進し飛びついた。強…続き

父、眞治郎は謹厳な学者だった

五百旗頭真(4)一族 学者の父、欧州に10年 先祖は宮大工や技術官僚[有料会員限定]

2019/2/4付

五百旗頭姓の由来についてよく聞かれる。徳川時代には姫路藩士だった。本家に残る「永代過去帳」には18世紀初めの三代目以降の家…続き

田畑に囲まれた兵庫県西宮市の生家

五百旗頭真(3)8人きょうだい 大国に囲まれた小国の感 米粒争い 兄にはかなわず[有料会員限定]

2019/2/3付

私は大戦末期の1943年(昭和18年)12月、兵庫県西宮市に生まれた。阪急電車を夙川(しゅくがわ)駅で乗り換えるとすぐ苦楽…続き

震災で自宅は傾き、室内はがれきの山となった

五百旗頭真(2)震災後 広島に「疎開」 優しさに涙 復興へ 国費投入に政府の壁[有料会員限定]

2019/2/2付

「この地に大地震はない」。安全神話にまどろんで、備えなく大自然の奇襲攻撃を受けた兵庫の地であった。電気も電話も切れ、県庁は…続き

最近の筆者

五百旗頭真(1)阪神・淡路大震災 災害対応 第二の仕事に 教え子の死 できることは[有料会員限定]

2019/2/1付

ガーンと体ごとはね上がる大衝撃をくらい、眼を覚ました。飛行機が墜落したのか、山津波か…。次の瞬間、猛烈な揺れ。…続き

石原家3代

石原邦夫(30)オンからオフ 我に才略無く我に奇無し 今後は妻とゆったり目標に[有料会員限定]

2019/1/31付

大役を任されるたび、つい引き受けてしまったことを後になって悔やんだ。のっぴきならない事態に直面しては「どうしよう」と戸惑っ…続き

492件中 1 - 20件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

南蛮服に見る清正の知性[有料会員限定]

6:00

オーボエ作り 和魂独才[有料会員限定]

19日 6:00

茶人が愛でた鳥の羽[有料会員限定]

18日 6:00

五百旗頭真(19)多事の90年代[有料会員限定]

2019/2/20付

五百旗頭真(18)英国から[有料会員限定]

2019/2/19付

五百旗頭真(17)楠田研究会[有料会員限定]

2019/2/18付

足し算と引き算 伊藤亜紗[有料会員限定]

19日 14:00

回転する時間とラーメン 古川日出男[有料会員限定]

18日 14:00

盲導犬の寝顔 木ノ下裕一[有料会員限定]

16日 14:00

「インポッシブル・アーキテクチャー」展[有料会員限定]

2019/2/20付

大戦略論 ジョン・ルイス・ギャディス著[有料会員限定]

2019/2/16付

ニムロッド 上田岳弘著[有料会員限定]

2019/2/16付

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報