2019年1月21日(月)

私の履歴書
フォローする

ミレアグループのロゴマーク

石原邦夫(20)変わる再編構想 朝日との統合は見送り 共栄火災、グループから離脱[有料会員限定]

2019/1/21付

2001年12月26日、東京・新宿にある東京オペラシティ。同じミレア保険グループの日動火災海上保険の招待で、ベートーベンの…続き

朝日生命との記者会見で発言する筆者(中央)

石原邦夫(19)朝日統合問題 想定外だった前倒し提案 臨時総会で株主に対し説明[有料会員限定]

2019/1/20付

2000年9月、東京海上と日動火災海上保険、朝日生命保険の3社が生損保融合のグループを結成すると発表した。系列の垣根を越え…続き

社長交代の記者会見(右が筆者、中央が前任の樋口公啓さん)

石原邦夫(18)演説を訓練 社長に就任「さあ大変だ」 アナウンサーの指導生きる[有料会員限定]

2019/1/19付

2001年1月、樋口公啓さんから内々に後任の社長に指名された。喜んで祝杯を挙げるどころではなく、「さあ大変なことになった」…続き

専務時代に発刊した代理店向け冊子

石原邦夫(17)「後任は君だ」 システム駆使、無駄排除 社長から大再編指揮を期待[有料会員限定]

2019/1/18付

1999年4月、じつに14年ぶりに東京の本店に戻った。樋口公啓社長の指示は「事務システムをやってくれ」。いろんな仕事をして…続き

札幌勤務を終え、東京に向かう

石原邦夫(16)苦渋の取引解消 有力代理店が無理難題 社員 忍耐の限界、社長も了承[有料会員限定]

2019/1/17付

1995年に赴任したとき、北海道は1つの懸案を抱えていた。保険代理店は大切なパートナーだが、ある有力な代理店との関係がうま…続き

北海道時代。左が筆者

石原邦夫(15)拓銀破綻 直前まで支援向け奔走 本店に掛け合うも時間切れ[有料会員限定]

2019/1/16付

1995年に北海道本部長として札幌に赴任し、ついにバブル崩壊に直面した。北海道拓殖銀行が都市銀行で初めて破綻したのだ。…続き

国立市のコンピュータセンターの移転最終日

石原邦夫(14)役員就任 システムの醍醐味知る 開発者フォロー、社長から電話[有料会員限定]

2019/1/15付

東京都国立市にあったコンピュータセンターに配属になり、多くの社員と打ち解けるために連日、酒を酌み交わすうち、彼らの悩みを知…続き

システム担当時代。若い社員たちと(中央が筆者)

石原邦夫(13)システム担当 東京・国立 気配りの日々 ずぶの素人、酒席で距離縮める[有料会員限定]

2019/1/14付

大阪でバブル華やかなりしころの営業を経験したあと、東京に戻ると打って変わり、畑違いのシステム部門を担当した。職場は丸の内の…続き

結婚式で、妻の千代子と

石原邦夫(12)大阪転勤 妻の見送り、内助に感謝 阪神優勝、熱気感じファンに[有料会員限定]

2019/1/13付

1985年、41歳のときに大阪に転勤になった。ひとり暮らしをするのはこれが初めてだ。家内と2人の息子が東京駅まで見送りに来…続き

同僚とカラオケで息抜き(右が筆者)

石原邦夫(11)苦い思い出 代理店から「出入り禁止」 駅の雑踏の中で土下座も[有料会員限定]

2019/1/12付

営業を担当した課長時代の6年間は様々な思い出がある。競走馬にかける保険などを提案し、広大な官公庁マーケット専任の営業部の新…続き

様々なストレスを経験した課長時代

石原邦夫(10)ケガと病気 交差点事故、九死に一生 管理職で気苦労、急性大腸炎に[有料会員限定]

2019/1/11付

入社して3年目の4月末の深夜、親戚の家からの帰途。運転していた車が交差点に入った瞬間、右側から強い衝撃を受けた。道路からは…続き

遅くまで残業

石原邦夫(9)商品開発の喜び 企業リスク対応の先駆 先輩の言から得た顧客本位[有料会員限定]

2019/1/10付

1971年が暮れる頃、米国での3カ月間の研修を終え、帰国した。当時の仕事は賠償責任保険など新しいタイプの保険の開発だ。米国…続き

米国で保険の最新知識を学んだ

石原邦夫(8)米国研修 服装・おおらかさに驚く 被害者救済、大きな変化到来[有料会員限定]

2019/1/9付

入社する前の半年と入社後の一年間、東京・四谷の日米会話学院で英会話を勉強した。月曜から金曜日まで、午後6時半から3時間。そ…続き

商品開発をともにしたメンバーと(後列右から2人目が筆者)

石原邦夫(7)3億円事件 対応商品の開発に従事 専門書で猛勉強、大学訪問も[有料会員限定]

2019/1/8付

入社から3年目の1968年、いよいよ商品開発に関わるようになった。異動先は東京営業第二部業務課。顧客からの要望を受け、営業…続き

新人時代。後列右が筆者、前列右が課長の菅原謙吾さん

石原邦夫(6)新人時代 昼休みに会議室で卓球 リポートに悪戦苦闘し自信[有料会員限定]

2019/1/7付

1966年(昭和41年)、東京海上に入社した。最初の3カ月は、都内の新橋営業所に仮配属になった。…続き

東大の書道部の合宿で。前列左から2番目が筆者

石原邦夫(5)ガラッパチ源さん 入社時、豪快さに驚く 大学時代は書道に打ち込む[有料会員限定]

2019/1/6付

1962年(昭和37年)、東大文科1類に入学し、法学部に進んだ。選んだゼミは行政法。確たる成果はなし。東京海上に入社し、新…続き

日比谷高校時代の筆者

石原邦夫(4)東大に現役合格 病気がち、文化系に関心 友から刺激、家では勉強励む[有料会員限定]

2019/1/5付

この原稿を執筆するため、子どものころの文章を探していて、小学校3年生のときに書いた作文を見つけた。そこには「おぼんなのにお…続き

生後4カ月。筆者をだっこしているのが下村満子さん(1944年2月)

石原邦夫(3)奈落の底の1年 ソ連侵攻、自決用に毒物 帰国、一家はいったん二手に[有料会員限定]

2019/1/4付

朝日ジャーナル元編集長の下村(旧姓山田)満子さんは私より5歳年上だ。父親同士が会社の同僚で、2人とも幼いころ、旧満州(現中…続き

生後7カ月。父・紫朗、母・さちと(1944年5月)

石原邦夫(2)満州に渡った両親 鉱山事業で8年間駐在 立派な社宅で日本式の食事[有料会員限定]

2019/1/3付

両親がどのようななれそめなのか、直接聞いたことはない。ただ母方の伯父が記したものによると「妹のさちが、またいとこの石原紫朗…続き

最近の筆者

石原邦夫(1)気付けば表舞台 平凡でも激動乗り越え 一生懸命歩み結果に楽天的[有料会員限定]

2019/1/1付

自分のように平凡な人間の歩みを、たくさんの読者の皆さんにお伝えすることに戸惑いながら、この原稿を書き始めている。スリル満点…続き

463件中 1 - 20件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

那須疏水 流れる歴史くむ[有料会員限定]

6:00

下水道の迷宮 さまよう[有料会員限定]

18日 6:00

近江だるまに顔ほころぶ[有料会員限定]

17日 6:00

石原邦夫(20)変わる再編構想[有料会員限定]

2019/1/21付

石原邦夫(19)朝日統合問題[有料会員限定]

2019/1/20付

石原邦夫(18)演説を訓練[有料会員限定]

2019/1/19付

コンビニの「書き言葉」問題 古川日出男[有料会員限定]

14:00

女帝のこころ 木ノ下裕一[有料会員限定]

19日 14:00

新年の流儀 家入レオ[有料会員限定]

18日 14:00

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報