2019年4月24日(水)

私の履歴書
フォローする

ゴールドマンのブランクファイン氏(右)は大切な盟友=同社提供
ゴールドマン・サックス提供

奥正之(23)リーマン危機 ゴールドマンのSOS 夢と消えた50億ドルの再出資[有料会員限定]

6:00

三井住友銀行頭取に就いた最初の2年は業績が順調に回復し2005、06年度のグループの最終利益は合計1兆円を超えた。日本の金…続き

4月23日

日本郵政社長に就いた西川さん(右)と(07年)

奥正之(22)ラストバンカー 西川さんは裏切らない 「よろしく」の一言に安堵[有料会員限定]

6:00

特別顧問に退いていた西川善文さんに呼ばれたのは、私が頭取を引き継いでから、わずか4カ月後の2005年10月末だった。…続き

4月22日

頭取となって国会に呼ばれた(06年5月10日、衆院財務金融委員会)

奥正之(21)頭取就任 正直覚悟はできていた 現場にひずみ、国会で糾弾[有料会員限定]

6:00

2001年4月、三井住友銀行が発足した。合併比率は住友1に対し、さくらが0.6。存続会社を旧住友銀行とする一方、本店は東京…続き

4月21日

さくら銀行とカラオケ合戦(左端が筆者、その右が北山さん)

奥正之(20)金融再編 想定外だった3行統合 相手探しは時間との闘い[有料会員限定]

6:00

1999年8月9日。一週間の夏休み明けの月曜日朝、出勤と同時に執務室に呼び込まれた。開口一番、西川善文頭取が言った。「3行…続き

4月20日

検察に押収された手帳と名刺は、たくさんの付箋がつけられて戻ってきた

奥正之(19)過剰接待 「4時の会議は中止して」 異変のシグナル、同僚に電話[有料会員限定]

6:00

バブル崩壊は、戦後半世紀の日本の政治・経済・社会構造の制度疲労をさらけ出す。金融人も糾弾され、時代の波に翻弄されてゆく。
…続き

4月19日

大和銀行との合併は幻となり、大和証券との提携は成就した

奥正之(18)2つの大和 秘密会合と幻の銀行合併 合弁証券は投資銀の先駆けに[有料会員限定]

6:00

平成金融史はあくなき合併の歴史だ。1990年(平成2年)に「太陽神戸三井銀行」が誕生し、翌年には「協和埼玉銀行」が続く。
…続き

4月18日

遠征してきた宿沢君(左)と(米シカゴで)

奥正之(17)赤字決算 危機を駆けた早世の友 巧みな采配、市場部門で貢献[有料会員限定]

6:00

彼の直属の部下として仕えるのは初めてだった。国際部門から企画部長に就いたばかりの1994年10月、経営企画担当の西川善文専…続き

4月17日

子供は娘が2人(ニューヨーク近郊で開かれた音楽祭で)

奥正之(16)平成元年 妻と娘がいたからこそ 米国勤務、忙殺された日々[有料会員限定]

6:00

今上天皇が即位された1989年は世界史にも刻まれよう。私がニューヨークに副支店長として赴任したのは10月。翌月にはベルリン…続き

4月16日

巽頭取(左)の秘書を務めたのは2年にとどまった(筆者は右)

奥正之(15)頭取秘書 巽さんをいかに支えるか イトマン問題に揺れる行内[有料会員限定]

6:00

邦銀が米有力証券ゴールドマン・サックス(GS)の最大出資者になる。ウォール街では前代未聞の出来事だ。…続き

4月14日

GSとの資本提携を記念したイラスト(ベンチ右端が筆者)

奥正之(14)GS出資 友好の船出にも紆余曲折 憤る同僚に「チャンスはある」[有料会員限定]

6:00

3年前、青函トンネルが「世界最長」の座を、スイス南部で開通した「ゴッタルド基底トンネル」に譲ったことが話題になった。…続き

4月13日

良き相談相手になってくれたロースクール時代の仲間と(ニューヨーク)

奥正之(13)イラン革命 債権相殺の是非巡り激論 海外業務拡大で難題続々と[有料会員限定]

6:00

銀行の海外業務が拡大するにつれ、難しい判断を迫られる法務案件が次々と私のところに持ち込まれた。…続き

4月12日

カナダのNRCの製油所(「崩壊 ドキュメント・安宅産業」より)

奥正之(12)安宅産業 結論は「破産法しかない」 米へ緊急出張、貴重な経験に[有料会員限定]

6:00

留学先のミシガン大学ロースクールでは、少し年齢のいった数人の学生に強烈な刺激を受けた。ベトナムからの帰還兵である。…続き

4月11日

ミシガン大学の構内で

奥正之(11)留学 よみがえる「弾劾」の記憶 英語漬けの毎日と民主主義[有料会員限定]

6:00

自分では特段、座持ちがよいとも思わないのだが、若い頃に友人の結婚披露宴の司会をしばしば頼まれた。…続き

4月10日

旧住友銀行本店は1930年の竣工で今も現役の店舗だ

奥正之(10)調査第二部 兄の死を思い 自らを鼓舞 ニクソン・ショックで徹夜続き[有料会員限定]

6:00

1971年5月、本店の調査第二部へ異動した。希望どおりの部署だった。だが初の本店勤めに緊張が高まった。…続き

4月9日

前回の大阪万博は入行3年目だった

奥正之(9)入行 役員面接が始まらない 磯田さん登場でコロリ[有料会員限定]

6:00

就職活動で狙いを定めていたのは製造業だった。だから銀行に進んだのは偶然だ。…続き

4月8日

外書購読の面々(左下が川又先生、中央が大内君、右端が筆者)

奥正之(8)京大 大内君、待っていてくれ 亡き親友と再びうまい酒を[有料会員限定]

6:00

キャンパスまで自宅から自転車で15分足らず。1964年4月、私は近くて遠かった京都大学の法学部に進んだ。…続き

4月7日

大学ワンゲル部の仲間と北アルプス剣岳で(左が筆者)

奥正之(7)青の時代 無力感と後悔 受験失敗 文転し合格、ワンゲルと出会う[有料会員限定]

6:00

1960年6月、高校1年生の私は京都の南座で歌舞伎を観(み)ていた。演目は二代目實川延二郎が狐忠信を演じる「義経千本桜」の…続き

4月6日

洛星中学校時代(後列右から3人目が筆者、アラール先生は右端)

奥正之(6)洛星 男子校に放り込むべし 1秒の遅刻さえ許さぬ神父[有料会員限定]

6:00

1957年(昭和32年)の春、私は中高一貫のミッションスクールである洛星中学校(京都市北区)に進んだ。…続き

4月5日

京都の小学校時代、大阪へ遠足(中央が筆者)

奥正之(5)京都へ トラの牛若丸に憧れて 関西文化にこってり染まる[有料会員限定]

6:00

1950年、秋も深まった頃だった。母に連れられ、5歳の私は初めての長旅に出た。上田から汽車で篠ノ井、名古屋を経由して、大阪…続き

4月4日

転任する長岡先生を上田駅で見送った(上が先生、その手前が筆者)

奥正之(4)上田 霧隠才蔵に スケートに わんぱく三昧の小学校時代[有料会員限定]

6:00

JR上田駅から北に伸びるなだらかな坂を上ると太郎山の麓に台地が広がる。その中心部の旧馬場町に私の生家はあった。…続き

553件中 1 - 20件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

人つなぐ無人の古本屋[有料会員限定]

6:00

直弼公 和歌に浮かぶ純真[有料会員限定]

23日 6:00

小説が語る元号と時代[有料会員限定]

22日 6:00

奥正之(23)リーマン危機[有料会員限定]

6:00

奥正之(22)ラストバンカー[有料会員限定]

23日 6:00

奥正之(21)頭取就任[有料会員限定]

22日 6:00

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報