2018年9月24日(月)

美の十選
フォローする

Scala,Florence/amanaimages提供

コラージュの挑発(8) マティス「ブルー・ヌード2」[有料会員限定]

2018/4/20付

 マティスの切り紙絵は、画家の指示によってあらかじめグワッシュ(白色顔料が入った不透明水彩)で染められた紙を切り抜いて制作し…続き

(C)ADAGP,Paris&JASPAR,Tokyo,2018 G1196 Alinari Archives,Florence/AMF/amanaimages提供

コラージュの挑発(7) エルンスト「慈善週間または七大元素」の下絵[有料会員限定]

2018/4/19付

 シュルレアリスムを代表するマックス・エルンストは、異質な素材を組み合わせるのではなく、写真や挿絵といった出来合いの「イメー…続き

コラージュの挑発(6) シュヴィッタース「ハノーファー・メルツバウ(青い窓)」[有料会員限定]

2018/4/17付

 クルト・シュヴィッタースは、ドイツのハノーファーでダダを起こし、廃物の断片を拾い上げ、それを組み合わせてコラージュを制作し…続き

The Museum of Modern Art,New York/Scala, Florence/amanaimages提供

コラージュの挑発(5) ローザノワ「都市上空の飛行機」[有料会員限定]

2018/4/16付

 オリガ・ローザノワは、ロシア・アヴァンギャルドを代表する女性芸術家であり、第1次世界大戦時にパートナーの前衛詩人アレクセイ…続き

Liszt Collection/TopFoto/amanaimages提供

コラージュの挑発(4) クレー「モスクのあるハマメット」[有料会員限定]

2018/4/13付

 スイス生まれの画家パウル・クレーは、実は生涯にわたって、いったん完成されたと思われた200以上の作品を、鋏(はさみ)やナイ…続き

(C)2018‐Succession Pablo Picasso‐BCF(JAPAN) Bridgeman/amanaimages提供

コラージュの挑発(3) ピカソ「籐椅子のある静物」[有料会員限定]

2018/4/12付

 コラージュの手法自体は、20世紀より前から存在していたとはいえ、コラージュが(西洋において)新たな芸術のジャンルとして認め…続き

コラージュの挑発(2) 「金銀襴緞子等縫合胴服」[有料会員限定]

2018/4/10付

 現代のファッションデザイナーの作品といっても差し支えないような、このモダンで先鋭的な着物を所用していたと伝えられるのは、戦…続き

コラージュの挑発(1) 「西本願寺本三十六人家集」(元輔集)[有料会員限定]

2018/4/6付

 コラージュとは何だろう。もともと「糊(のり)で貼り付ける」という意味で、異質な要素を引用し組み合わせる技法を指す。その多様…続き

ユニフォトプレス提供

フランス陶磁器のジャポニスム(10) 「バルザックの頭部」[有料会員限定]

2018/4/5付

 19世紀フランスの文豪バルザックの頭部を象(かたど)ったこの作品は、彫刻家ロダンとカリエス派の作陶家ポール・ジャヌネが共同…続き

プレムリー古陶磁美術館提供

フランス陶磁器のジャポニスム(9) 「青釉茶入形壺」[有料会員限定]

2018/4/3付

 カリエスの作品に魅せられて、19世紀末のサン=タマン村では皆がこぞって斬新な●(火へんに石)器(せっき)を作り始め、「カリ…続き

Photo(C)RMN―Grand Palais(musee d’Orsay)/Herve Lewandowski/distributed by AMF/ユニフォトプレス

フランス陶磁器のジャポニスム(8) 「金彩瓢形瓶」[有料会員限定]

2018/4/2付

 この作品の作者ジャン・カリエスは、もとは彫刻家だった。彼を作陶の世界へ誘ったのは、1878年パリ万博へ日本が出品した古い陶…続き

Photo(C)RMN―Grand Palais(Sevres,Cite de la ceramique)/Martine Beck―Coppola/distributed by AMF/ユニフォトプレス

フランス陶磁器のジャポニスム(7) 「皿」(「輪花形のセルヴィス」より)[有料会員限定]

2018/3/30付

 前回同様、この作品の装飾もアベール=ディスが担当した。彼はパリの美術学校に入って絵画修業した後、アヴィランド社の実験工房な…続き

アートインプレッション提供

フランス陶磁器のジャポニスム(6) 「花蝶図角形瓶(一対のうち)」[有料会員限定]

2018/3/29付

 前回ふれたパット・シュル・パットのように、泥漿(でいしょう)を用いて装飾したものに「印象派の陶磁器」がある。このように命名…続き

Photo(C)RMN―Grand Palais (Sevres,Cite de la ceramique)/Martine Beck―Coppola/distributed by AMF/ユニフォトプレス

フランス陶磁器のジャポニスム(5) 「花鳥文広口大瓶(一対)」[有料会員限定]

2018/3/27付

 前回紹介したデックは多くの芸術家と共同制作をしており、その一人にエスカリエ夫人がいた。彼女は油彩画家として活動するかたわら…続き

Photo(C)Ville de Marseille,Dist, RMN―Grand Palais/Benjamin Soligny/Raphael Chipault/distributed by AMF/ユニフォトプレス

フランス陶磁器のジャポニスム(4) 「石畳文大皿」[有料会員限定]

2018/3/26付


 19世紀フランスを代表する作陶家デックの手になるこの大皿は、現在は行方不明となっている古九谷磁器の模倣品で、1870年代に…続き

Photo(C)RMN―Grand Palais(Limoges, Cite de la ceramique)/Jean―Gilles Berizzi/distributed by AMF/ユニフォトプレス

フランス陶磁器のジャポニスム(3) 「蓮池青鷺文広口瓶」[有料会員限定]

2018/3/23付

 ジャポニスムの時代に日本から欧米へ輸出された陶磁器の中で最も人気を得たのは、欧米人が「SATSUMA」と呼ぶ薩摩焼だ。薩摩…続き

Photo(C)RMN―Grand Palais(Limoges, Cite de la ceramique)/Jean―Gilles Berizzi/distributed by AMF/ユニフォトプレス

フランス陶磁器のジャポニスム(2) 「扇子形花挿し」[有料会員限定]

2018/3/22付

 19世紀のフランスでは精ファイアンスの製陶技術が進展した。精ファイアンスは、ファイアンスよりも良い材料を使い、より精工に作…続き

Photo(C)RMN―Grand Palais/Martine Beck―Coppola/distributed by AMF/ユニフォトプレス

フランス陶磁器のジャポニスム(1) 「皿:日本的情景」[有料会員限定]

2018/3/20付

 フランス陶磁器を通して、19世紀後半の欧米に見られたジャポニスム(日本趣味)の多面的な魅力を紹介する。…続き

江戸の雪景色(10) 葛飾北斎『富嶽百景』二編 「雪の旦の不二」[有料会員限定]

2018/3/19付

 雪が降り積もった旦(あした)、すなわち早朝は、辺り一面が真っ白に覆われて美しく見えるが、現実問題として取り組まなければなら…続き

江戸の雪景色(9) 葛飾北斎「冨嶽三十六景 礫川雪ノ旦」[有料会員限定]

2018/3/16付

 一晩降り続いた雪は、旦(あした)、すなわち朝になる頃には止んだようだ。空はすっきりと晴れ渡り、冬の冷たく澄んだ空気が感じら…続き

188件中 81 - 100件

  • 前へ
  • ...3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8...
  • 次へ

味わい深き国産ワイン史[有料会員限定]

6:00

作家・柳美里が福島で演劇活動を再開[有料会員限定]

22日 6:00

理髪店ライブで即興演奏[有料会員限定]

21日 6:00

横川竟(23)バブル崩壊[有料会員限定]

2018/9/24付

横川竟(22)飛ばし[有料会員限定]

2018/9/23付

横川竟(21)再生[有料会員限定]

2018/9/22付

サバイバル登山と道具 服部文祥[有料会員限定]

22日 14:00

クッツェー漬け くぼたのぞみ[有料会員限定]

21日 14:00

眼のわるい魚 前野健太[有料会員限定]

20日 14:00

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報