2018年12月12日(水)

美の十選
フォローする

エコール・ド・パリとアジア(1) レ・ヴァン・デ「マリ・マドレーヌ」[有料会員限定]

2018/12/11付

20世紀前半、パリには世界から多くの芸術家が集った。その中からアジアの画家を取り上げる。…続き

大航海時代の絵画(10) 「メキシコ副王宮殿図屏風」(部分)[有料会員限定]

2018/11/27付

スペインの首都・マドリード。ここに、かつてスペインの植民地だったメキシコの栄耀(えいよう)を伝える屏風がある。…続き

東京国立博物館の「キリシタンの遺品」展(12月2日まで)で展示中

大航海時代の絵画(9) 「板踏絵(ピエタ)」[有料会員限定]

2018/11/26付

今回は絵画ではなく金属製のレリーフ、いわゆる「踏絵」として知られる遺物を紹介する。…続き

大航海時代の絵画(8) 「帝鑑図屏風」(部分)[有料会員限定]

2018/11/23付

本連載では大航海時代というテーマに沿って、当時のヨーロッパと日本の出会いを物語る絵画を紹介している。だが同じ頃、長い歴史を…続き

大航海時代の絵画(7) 「坤輿万国図」(旧大陸図)[有料会員限定]

2018/11/22付

日本が徐々に鎖国に向かっていた1620~30年代―この頃の日本と諸外国との貿易の様子が窺(うかが)える地図がある。…続き

大航海時代の絵画(6) 「長崎殉教三聖人」[有料会員限定]

2018/11/20付

長崎を彷彿(ほうふつ)とさせるリスボンの急坂を上っていくと、小さな広場に面した白い教会が見えてくる。サン・ロケ教会だ。…続き

大航海時代の絵画(5) 「クエルナバカ大聖堂の壁画」(部分)[有料会員限定]

2018/11/19付

1597年2月、長崎で、キリスト教徒26人が十字架にかけられ落命した。この惨事は、当時来日していた宣教師たちによってヨーロ…続き

大航海時代の絵画(4) 「渡唐天神像」[有料会員限定]

2018/11/16付

今回は大航海時代の頃の東アジアを見てみよう。…続き

山崎信一撮影

大航海時代の絵画(3) 「南蛮屏風」(部分)[有料会員限定]

2018/11/15付

大航海時代、ヨーロッパの国々は世界へ進出し、アジア各地に拠点を構えた。そして16世紀半ばに戦国日本に上陸した。異国の商人や…続き

大航海時代の絵画(2) 「麒麟沈度頌」[有料会員限定]

2018/11/13付

大航海時代のはじまりは、ポルトガルが地中海に面した北アフリカの港湾都市セウタを攻略した1415年とされる。それから約70年…続き

大航海時代の絵画(1) 「聖フランシスコ・ザビエル像」[有料会員限定]

2018/11/9付

ヨーロッパ諸国がまだ見ぬ土地を目指した大航海時代。西洋、アジアと日本を繋(つな)いだネットワークは、美術にも影響を与えた。…続き

「印象派」な動物(10) ブラック「鳥」[有料会員限定]

2018/11/2付

鳥は洋の東西を問わず死者の魂と結び付けられる。かつてバルビゾン派の画家ミレーは親友のテオドール・ルソーを亡くした後、風景画…続き

Bridgeman Images/PPS通信社提供
Bridgeman Images/PPS通信社提供

「印象派」な動物(9) ボナール「犬を抱く女」[有料会員限定]

2018/11/1付

1890年代にゴーギャンの強い影響下に集ったナビ派の一員のボナール(1867~1947年)は、しばしば身近な情景を描き、同…続き

「印象派」な動物(8) ルドン「ペガサス、岩上の馬」[有料会員限定]

2018/10/30付

ドラクロワの装飾画「ライオン狩り」(1854~55年、ボルドー美術館蔵)は火災で破損して一部が残るのみだが、全体の構想は画…続き

「印象派」な動物(7) ヴァロットン「フルート〈楽器〉2」[有料会員限定]

2018/10/29付

1890年にパリのエコール・デ・ボザール(官立美術学校)で開催された「浮世絵展」は大きな反響を引き起こした。スイス出身で8…続き

「印象派」な動物(6) ゴッホ「ドービニーの庭」[有料会員限定]

2018/10/26付

画商、牧師、伝道師を目指し挫折したゴッホ(1853~90年)が画業の最初期に模写を試みた画家のひとりがミレーだったことは、…続き

ユニフォトプレス提供
ユニフォトプレス提供

「印象派」な動物(5) ゴーギャン「3匹の子犬のいる静物」[有料会員限定]

2018/10/25付

ポスト印象派の旗手ゴーギャン(1848~1903年)は第4回展から印象派展に名を連ね、第8回展には、黒の時代のルドンや、点…続き

ユニフォトプレス提供
ユニフォトプレス提供

「印象派」な動物(4) ルノワール「ゼラニウムと猫」[有料会員限定]

2018/10/23付

しばしば競馬場を描いたドガ以外で、馬に関心を抱いた印象派の画家は唯一、意外なことに、ルノワール(1841~1919年)であ…続き

ユニフォトプレス提供
ユニフォトプレス提供

「印象派」な動物(3) マネ「タマ、日本犬」[有料会員限定]

2018/10/22付

近代絵画の父と称されるマネ(1832~83年)は、モネと似た名前故に混同されたこともある。だが、自然、特に植物を愛したモネ…続き

ユニフォトプレス提供
ユニフォトプレス提供

「印象派」な動物(2) ドガ「田舎の競馬場で」[有料会員限定]

2018/10/19付

印象派よりも後の時代のこと、フランスの画家デュフィは、リヨンの織物業者ビアンシーニに誘われたのをきっかけに、競馬に目覚めた…続き

221件中 1 - 20件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

映写機を止めるな![有料会員限定]

6:00

始まりは「日本のピカソ」[有料会員限定]

11日 6:00

駆ける自転車 熱狂を撮る[有料会員限定]

7日 6:00

茅陽一(11)システム研究[有料会員限定]

2018/12/12付

茅陽一(10)ローマクラブ[有料会員限定]

2018/12/11付

茅陽一(9)東大紛争[有料会員限定]

2018/12/9付

「石井林響」展[有料会員限定]

2018/12/12付

外国人が見た日本 内田宗治著[有料会員限定]

2018/12/8付

逆転の大戦争史 オーナ・ハサウェイ、スコット・...[有料会員限定]

2018/12/8付

ギンコウといえば? 神野紗希[有料会員限定]

14:00

なぜ僕は本を書くのか 広瀬浩二郎[有料会員限定]

11日 14:00

駄洒落を言うのは誰じゃ 荻原浩[有料会員限定]

10日 14:00

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報