NIKKEI COMPASS

植物肉

植物肉の概要

大豆、小麦、エンドウ豆やソラマメなどの植物性原料で作られた肉のような食品である植物肉に関するビジネステーマ。

植物肉の用語の定義

植物肉とは、プラントベースドミートなどとも呼ばれ、大豆やこんにゃく、小麦、エンドウ豆、ソラマメなどなどの植物由来の原材料で作る人工肉・代替肉の一種である。

植物肉の背景

動物肉の生産は地球環境への大きな負荷がかかるなどサステナビリティの点で問題とされることが増えた。また消費者側としても動物愛護などの意識の高まりやベジタリアンやビーガンといった考え方に共感する若年層が増えたことを背景にニーズが高まっている。家畜のような陸上動物だけではなく、魚介類の植物肉を作る企業もある。

植物肉のニュース記事検索

植物肉が解決する課題

地球温暖化,食糧不足,代替タンパク源

植物肉の鍵となる技術

遺伝子組み換え技術
植物肉を製造・開発するImpossible Foodsは、遺伝子組み換え酵母によって製造されたレグヘモグロビンというヘム関連分子を植物ベースの製品に取り入れることで肉のような味わいをもつ植物肉を実現している。

植物肉に関連するビジネステーマ

培養肉は代替肉の一つで研究室で自己増殖する細胞から肉を培養する。主に「動物由来の」製品だが、膨大な数の動物を飼育したり、処分したりする必要はない。
昆虫産業
昆虫由来のタンパク質を食品の代替原材料として利用する技術・ビジネス。昆虫食昆虫飼料が挙げられる。昆虫はタンパク質などの栄養が豊富で、大量飼育も可能な点にメリットがある。
ソイウニ
ソイウニとは、大豆を原料とした代替ウニのこと。(2022年7月調査)
米マクドナルド、植物肉バーガーMcPlantの米国市場での販売テストを中止
米マクドナルドが植物肉ベースのハンバーガー「McPlant」の米国でのテスト販売を終了すると報じられた。このハンバーガーに植物肉のパティを供給する米スタートアップのビヨンド・ミートとマクドナルドとは、2021年2月に3年間のパートナーシップ契約を結んでいたが、わずか1年の停止となった。

植物肉に関する法規制

食品表示法
欧州連合(EU)では「ソーセージ」「バーガー」など、肉を想起させる表示を代替肉でできた商品には使わせないようにする規制案が2020年10月に欧州議会にかけられた。結果は否決されたものの、畜産業界と環境保護団体などの間で激しいロビー活動が繰り広げられた。同様の問題は米国でも起きている。市場規模が大きく政治力がある米畜産業界が動いた結果、代替肉製品に「バーガー」などと表示することを禁止する州法が、18年のミズーリ州を皮切りに、ミシシッピ、アーカンソー、ルイジアナ、サウスダコタ州などで可決された。 食品表示法
食品安全基本法
食品衛生法
食肉税
肉税または食肉税(英:meat tax)とは、食用肉の生産・消費により生じる健康や環境に対するコストをカバーするために、肉やその他の動物性食品に課される税金のこと。 近年、家畜が排出する温室効果ガスや、家畜の飼育のために必要な飼料や水が地球環境に及ぼす負の影響が注目されている。こうした背景のもとにデンマークやスウェーデン、ドイツなど欧州を中心に一部の先進国での肉税の導入の検討が進む。

植物肉のレポート(最新10件)

植物肉の関連企業

株式会社食の力コーポレーション
株式会社食の力コーポレーションは、代替肉『山形大豆ミート』の開発および同代替肉を使用した総菜の販売を行う企業。『山形大豆ミート』は、他社から...
株式会社モスフードサービス
フランチャイズチェーンによるハンバーガー専門店 「モスバーガー」の全国展開、その他飲食事業など

植物肉に関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(0)青森県(0)岩手県(0)宮城県(0)秋田県(0)山形県(1)福島県(0)
関東地方
茨城県(0)栃木県(0)群馬県(1)埼玉県(0)千葉県(1)東京都(10)神奈川県(1)
中部地方
新潟県(1)富山県(0)石川県(0)福井県(1)山梨県(0)長野県(1)岐阜県(0)静岡県(1)愛知県(1)
近畿地方
三重県(1)滋賀県(0)京都府(0)大阪府(6)兵庫県(0)奈良県(0)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(0)島根県(0)岡山県(1)広島県(0)山口県(0)
四国地方
徳島県(0)香川県(0)愛媛県(0)高知県(0)
九州地方
福岡県(0)佐賀県(0)長崎県(0)熊本県(1)大分県(0)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(0)

関連する人物・専門家

ビル・ゲイツ13
沸騰 フードテック投資マネー1兆円迫る 次のビヨンドは

...米ベンチャーキャピタル、ニュークロップキャピタルのクリス・カーCIO(最高投資責任者)は、植物について「今は1970年代、2000年代に続く第3の波が押し寄せている」と語る。 植物の次を見据えた技...

2019年11月13日
日本経済新聞電子版
畑佳秀8
植物肉、迎え撃つ日ハム・伊藤ハム 日本の味で勝負

...■植物 日本の新規参入組 大豆の扱いで一日の長 食肉大手にとって、植物は自社のビジネスの脅威にもなりかねない。...

2020年4月30日
日本経済新聞電子版