NIKKEI COMPASS

デジタルツイン

デジタルツインの概要

現実にあるものを仮想空間に再現する技術「デジタルツイン」に関するビジネステーマ

デジタルツインの用語の定義

デジタルツインとは、現実空間にあるオブジェクトのデータをIoTセンサを用いて収集し、仮想空間に再現する技術のこと。再現されるものが現実空間にあるもののコピーのため「デジタルツイン(デジタル上の双子)」と呼ばれる。データをリアルタイムで更新するので、生産管理の効率化や現状把握、未来予測が可能。自動車・建設・電力といった製造業の設計・開発や、都市計画および都市開発などで活用されている。

デジタルツインの背景

クラウドコンピューティングやIoT、VR(仮想現実)・AR(拡張現実)・MR(複合現実)などデジタルツインを可能にする様々な技術が整ってきたことで、デジタルツイン市場も拡大している。アスタミューゼはデジタルツインの世界市場の規模を2022年は5,166億米ドルと推定し、2030年には次世代通信規格(6G)の普及で27,926億米ドルと予測する。一方、政府は2022年4月の統合イノベーション戦略推進会議で「国家強靭化のためのAI」を確立する目標を決定し、防災や減災、災害の予測、予防、対応、復旧、復興にAIを活かす基盤としてデジタルツインの構築が重要であると位置づけている。

デジタルツインのニュース記事検索

デジタルツインが解決する課題

製品開発の効率化,生産ラインの構築,防災対策,交通・運航管理,医療の高度化

デジタルツインに関連するビジネステーマ

産業用メタバースとは、産業分野で利用するインターネット上の仮想空間のこと。仮想空間上に工場なやロボットを再現し、不具合の予兆への対応や実証実験などを行ったり、離れた場所にいる技術者たちがデバイスを着用しメタバース上の「研究室」で共同開発を進めたりすることができる。産業用メタバースにデジタルツインの技術が活用されている。
スマートシティ
スマートシティとは、あらゆるモノがインターネットにつながるIoTの技術を都市のインフラ全体に適用し、都市全体のエネルギー消費量の削減や住民の生活の質の向上をめざす都市プロジェクトのこと。スマートシティでもデジタルツインが活用され始めている。
3D都市モデル
3D都市モデルとは、現実にある都市をインターネット上に再現する3D都市空間情報プラットフォームのこと。3Dの地図に人流や環境、交通データなどを統合することで、都市活動の分析やシミュレーション、都市計画の立案、デジタルツインの構築にも活かせる。国土交通省は「Project PLATEAU」において全国56都市の3D都市モデルを公開しており、商用利用も含め誰でも無償で利用できる。
サイバーフィジカルシステム
サイバーフィジカルシステムとは、IoTなどを活用して収集された現実空間における膨大なデータをインターネット上の仮想空間で分析し、得られた結果や情報を現実の様々な課題に活かすシステムのこと。具体例としてドイツ自動車産業の官民プラットフォーム「カテナX」が挙げられる。デジタルツインは、サイバーフィジカルシステムを構成する技術の一つ。

デジタルツインのレポート(最新10件)

デジタルツインの関連企業

株式会社デンソー
自動車関連部品・生活関連機器・産業機器製造販売
株式会社DeepX
株式会社DeepXは、機械の操作を自動化するAIを開発する企業。建設、食品加工、農業、物流などの分野に対応しており、課題分析や要件定義、開発...

デジタルツインに関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(0)青森県(0)岩手県(0)宮城県(0)秋田県(0)山形県(0)福島県(0)
関東地方
茨城県(0)栃木県(0)群馬県(0)埼玉県(0)千葉県(0)東京都(38)神奈川県(1)
中部地方
新潟県(0)富山県(0)石川県(0)福井県(0)山梨県(1)長野県(0)岐阜県(0)静岡県(0)愛知県(4)
近畿地方
三重県(0)滋賀県(0)京都府(1)大阪府(1)兵庫県(0)奈良県(0)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(0)島根県(0)岡山県(0)広島県(0)山口県(0)
四国地方
徳島県(0)香川県(0)愛媛県(0)高知県(0)
九州地方
福岡県(2)佐賀県(0)長崎県(0)熊本県(0)大分県(0)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(0)