NIKKEI COMPASS

子ども置き去り検知システム

子ども置き去り検知システムの概要

子ども置き去り検知システム(CPD:Child Presence Detection)に関するビジネステーマ

子ども置き去り検知システムの用語の定義

子ども置き去り検知システム(CPD:Child Presence Detection)とは、子どもを車内で熱中症にしないように置き去りを防止するシステムのこと。各種センサを用いて人の存在を検知し、車内に取り残されている場合にユーザーのスマホや第三者サービス機関などに連絡したり警告音を発したりする。 既に活用されているセンサには超音波センサなどがあり、その他の各種センサ類と共にドライバー・モニタリング・システムの一つとして統合されている。その他に、非接触のレーダー・センサやWi-Fiセンサなどを活用したシステム開発が進んでおり、今後の普及が見込まれる。

子ども置き去り検知システムの背景

子どもの車内置き去りによる熱中症事故は世界的に社会問題化しており、防止対策が喫緊の課題となっている。北米では1990年以降、延べ1000人以上の子どもが車内での熱中症で命を落としており、超音波センサなどを活用した検知システムの導入が進む。欧州でも自動車の安全性評価機関であるEuroNCAPがCPDの標準装備を評価基準に追加し事故防止につなげる。 日本のメーカーは欧州でCPD装備の規準が厳しくなる2025年を目途にレーダー・センサなどを活用した検知システムの実用化を進めている。非接触のレーダー・センサやWi-Fiセンサを用いた検知システムは画像カメラだけでは不可能な死角の検知も可能であるため、子どもの置き去り防止につながる技術として期待される。 国内では、自家用車だけでなく、幼稚園や保育園などの送迎バス内に子どもが置き去りにされ、熱中症で死亡する事故が起きて問題になっているが、送迎バスの運用に関する国の統一基準はなく安全管理は現場任せになっているのが実態。

子ども置き去り検知システムのニュース記事検索

子ども置き去り検知システムに関連するビジネステーマ

EuroNCAP
EuroNCAP(European New Car Assessment Programme)とは、自動車の安全性を評価する欧州の機関のこと。幼児置き去り検知システムを試験項目に追加し、2023年以降は標準装備した自動車を表彰する。また、25年以降は基準を一層を厳しくする方針である。
車載用ミリ波レーダー
ミリ波レーダーとは、ミリ波帯の電波を利用して障害物までの距離・速度・角度を測定する装置のこと。車載向けには自動運転などで乗り用が期待されているほか、子ども置き去り検知システムでの活用も。

子ども置き去り検知システムのレポート(最新10件)

子ども置き去り検知システムの関連企業

京セラ株式会社
ファインセラミック部品、半導体部品、電子部品、切削工具、ソーラー発電システム、宝飾品、セラミック日用品、通信機器などの製造・販売
株式会社デンソー
自動車関連部品・生活関連機器・産業機器製造販売
株式会社東海理化電機製作所
人の意志をクルマに伝えるヒューマン・インターフェイス部品をはじめ、財産としてのクルマを守るセキュリティ部品、人の生命を守るセイフティ部品など...

子ども置き去り検知システムに関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(0)青森県(0)岩手県(0)宮城県(0)秋田県(0)山形県(0)福島県(0)
関東地方
茨城県(0)栃木県(0)群馬県(0)埼玉県(0)千葉県(0)東京都(4)神奈川県(0)
中部地方
新潟県(0)富山県(0)石川県(0)福井県(0)山梨県(0)長野県(0)岐阜県(0)静岡県(0)愛知県(4)
近畿地方
三重県(0)滋賀県(0)京都府(2)大阪府(0)兵庫県(0)奈良県(0)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(0)島根県(0)岡山県(0)広島県(0)山口県(0)
四国地方
徳島県(0)香川県(0)愛媛県(0)高知県(0)
九州地方
福岡県(0)佐賀県(0)長崎県(0)熊本県(0)大分県(0)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(0)