NIKKEI COMPASS

大規模公開オンライン講座

大規模公開オンライン講座の概要

すべての人に学びの機会を提供するインターネット上のサービス「大規模公開オンライン講座」に関するビジネステーマ

大規模公開オンライン講座の用語の定義

大規模公開オンライン講座(英:Massive Open Online Course(s))は、インターネット上で誰もが受講できるように公開された講座である。MOOC(s)とも称される。時間や場所を選ばず、無料あるいはオフラインの一般的な講座受講料よりも安価で学習を進められる点が特徴。MOOCで受講を修了した場合、履修を完了したことを証明する修了証を発行する。一部は大学が講義を提供し、修了証をもって、後に正規で入学した際に取得単位として認める運用が行われるケースがある。また、企業が特定の職種に必要な知識や技能に関する講義を提供し、修了証で即戦力としての認定を行い、就職や昇進や転職に利用するケースもある。

大規模公開オンライン講座の背景

産業構造や生活のあり方が変わる中で、個人の多様な学習領域や学習量のニーズに応える人材育成を行う必要がある。その上で、柔軟性と即時性と利便性を合わせ持つ大規模公開オンライン講座が注目を集めている。学習履歴のデータを活用して教育改善につなげるといった運用も期待されている。

大規模公開オンライン講座のニュース記事検索

大規模公開オンライン講座が解決する課題

リスキリング

大規模公開オンライン講座の鍵となる技術

マイクロクレデンシャル
マイクロクレデンシャル(英: Micro-Credentials)は、特定の知識や技能を習得したことを修了証やオープンバッジと呼ばれる形式で認証したもの。通常の大学などの学位より細かく区切られた学習単位での技能認定を行う点が特徴。マイクロディグリー(英: Microdegree)とも呼ばれる。企業側が目標とする人材像に合わせてMOOCのコンテンツを組み合わせて教育プログラムを構築し、マイクロクレデンシャルを修了証明として用いるといった使い方が見られる。

大規模公開オンライン講座に関する法規制

著作権法
著作権法第35条によると、学校などの教育機関での授業目的の著作物の利用においては、著作権者の許可が不要となっている。こうした規定はインターネットでの教育サービスの提供を前提にしていなかったが、2018年の著作権法改正でオンデマンド型を含むオンラインでの授業についても、対面授業と同じくこの特例措置が適用されることになった。 ただしMOOCについては、営利性が高いなどの理由から第35条における「授業目的の利用」と認められる範囲を超えると認識され、そのため他者の著作物を利用する際には著作権者の許諾が必要であるとの解釈が一般的である

大規模公開オンライン講座のレポート(最新0件)

No data

大規模公開オンライン講座の関連企業

株式会社グロービス-
ビジネススクール運営、人材育成・組織開発、経営ノウハウの出版・発信

大規模公開オンライン講座に関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(0)青森県(0)岩手県(0)宮城県(0)秋田県(0)山形県(0)福島県(0)
関東地方
茨城県(0)栃木県(0)群馬県(0)埼玉県(0)千葉県(0)東京都(1)神奈川県(0)
中部地方
新潟県(0)富山県(0)石川県(0)福井県(0)山梨県(0)長野県(0)岐阜県(0)静岡県(0)愛知県(0)
近畿地方
三重県(0)滋賀県(0)京都府(0)大阪府(0)兵庫県(0)奈良県(0)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(0)島根県(0)岡山県(0)広島県(0)山口県(0)
四国地方
徳島県(0)香川県(0)愛媛県(0)高知県(0)
九州地方
福岡県(0)佐賀県(0)長崎県(0)熊本県(0)大分県(0)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(0)