NIKKEI COMPASS

空港コンセッション

空港コンセッションの概要

国や地方自治体が所有する空港施設の運営を民間企業が手がける「空港コンセッション」に関するビジネステーマ

空港コンセッションの用語の定義

空港コンセッションとは、滑走路や空港旅客ターミナルビルなどの空港関連施設の所有権は国や地方自治体など公的機関が持ったまま、長期間の運営権を民間企業が取得し、空港の維持・管理や運営を民間が担う事業形態のこと。

空港コンセッションの背景

空港の維持・管理に民間資金や人材を活用することで、国や自治体は財政負担の軽減を図れる。同時に民間の知恵を生かした空港施設の運営効率化と利用者の満足度向上も期待できる。2015年に但馬空港(兵庫県)で採用されたのを手始めに、22年5月時点で全国97空港のうち、関西国際空港(大阪府)や新千歳空港(北海道)など19空港で導入。

空港コンセッションのニュース記事検索

空港コンセッションが解決する課題

国や地方自治体の財政負担の軽減,社会インフラの効率的な維持・管理および運営

空港コンセッションに関する法規制

民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律
公共施設などの建設・維持管理・運営に民間の資金や経営ノウハウの活用を促すことを目的にした法律。PFI (Private Finance Initiative)法とも呼ばれる。
民間の能力を活用した国管理空港等の運営等に関する法律
国や地方自治体が所有し、維持管理・運営する空港の運営を民間に任せることを促すことを目的とした法律

空港コンセッションのレポート(最新10件)

空港コンセッションの関連企業

永瀬石油株式会社
ガソリンスタンドの経営 石油製品の卸売 自動車の販売 自動車の修理整備事業及び部品の販売
日本交通株式会社
ハイヤー・タクシーによる一般乗用旅客自動車運送事業及びマネジメント、自動車整備事業

空港コンセッションに関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(3)青森県(0)岩手県(0)宮城県(0)秋田県(0)山形県(0)福島県(0)
関東地方
茨城県(0)栃木県(0)群馬県(0)埼玉県(0)千葉県(0)東京都(23)神奈川県(0)
中部地方
新潟県(0)富山県(0)石川県(0)福井県(0)山梨県(0)長野県(0)岐阜県(0)静岡県(7)愛知県(1)
近畿地方
三重県(0)滋賀県(0)京都府(0)大阪府(1)兵庫県(0)奈良県(0)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(2)島根県(0)岡山県(0)広島県(5)山口県(0)
四国地方
徳島県(0)香川県(0)愛媛県(0)高知県(0)
九州地方
福岡県(2)佐賀県(0)長崎県(0)熊本県(3)大分県(0)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(0)

関連する人物・専門家

高橋和夫3
バス再生次は渋谷(5)東急社長高橋和夫さん(人間発見)終

...「やってみよう」となり、国の空港コンセッションの第1号案件である仙台空港に入札しました。...

2020年1月24日
日本経済新聞 夕刊
久元喜造2
オリックスなど、関西エアポートで構成するコンソーシアムが神戸空港の特定運営事業等における優先交渉権者に選定

...運営権は2017年10月頃に運営権者に設定され、2018年4月より本運営権者による空港コンセッション事業を開始する予定です。 ...

2017年7月26日
日本経済新聞電子版ニュース