NIKKEI COMPASS

小型原子炉

小型原子炉の概要

既存の原子力発電用原子炉に比べ、出力規模が3分の1程度の小型原子炉の開発・製造に関するビジネステーマ

小型原子炉の用語の定義

小型原子炉とは、国際原子力機関(IAEA)の定義では、出力30万キロワット以下と従来型原発の100万キロワット超に比べて3分の1程度の出力の原子炉のこと。次世代原子炉として開発が進む。工場でユニット単位の製造まで行い、現地で最終的に組み上げる「モジュール工法」を採用することから「小型モジュール炉(SMR)」とも呼ばれる。

小型原子炉の背景

脱炭素電源として各国で導入機運が高まる。出力が小さいため、事故防止対策の費用や実際に被害が発生した際の被害規模を従来型原発より抑制できると期待されている。モジュール工法の採用で、コスト圧縮や工期短縮が見込める利点もある。次世代原子炉として開発が進む一方で、案税制の面で新技術の裏付けや国際的な規制の枠組みが整っておらず、本格的な普及への課題は多い。

小型原子炉のニュース記事検索

小型原子炉が解決する課題

CO2排出量の削減,電力の安定供給,柔軟で手頃な価格の原子力発電,クリーン・エネルギー,グリーントランスフォーメーション

小型原子炉に関連するビジネステーマ

原子力発電部材・原発部品
原子力発電の性質上、個々の部材は耐放射性・遮蔽性・気密性・保守性などにおいて高い性能が求められる。
革新軽水炉とは、既存の沸騰水型軽水炉(BWR)や加圧水型軽水炉(PWR)をベースとし、安全機能を高めて設計開発される原子力発電の原子炉のこと。小型原子炉とともに次世代の原子炉の一つ。
高温ガス炉
高温ガス炉とは、炭化ケイ素(SiC)と炭素の層からなる熱に強いセラミックスで被覆された核燃料を用いて発電する原子力発電の原子炉のこと。ガスタービンによる発電と同時に、900度前後の高温の蒸気を水素製造や海水淡水化、地域暖房などに利用することもできる。小型原子炉とともに次世代の原子炉の一つ。
核融合発電
核融合発電とは、核融合反応による発電技術のこと。燃料に重水素と三重水素(トリチウム)を利用する。地震やテロなどで電源が失われた場合に既存の原子力発電は制御に課題があるが、核融合発電は電源が喪失した場合、核融合反応も止まるメリットがある。

小型原子炉のレポート(最新10件)

小型原子炉の関連企業

三菱重工業株式会社
一般機械器具及び輸送用機械器具の製造販売
日揮ホールディングス株式会社
1. 各種プラント・施設に関するコンサルテーション、事業計画、基本設計、詳細設計、 機材調達、建設工事、試運転、オペレーション、メンテ...
株式会社日立製作所
金融ビジネス、社会ビジネス、サービス&プラットフォームビジネス、ディフェンスビジネス 鉄道ビジネス ヘルスケアビジネス 産業・流通ビジネス、...

小型原子炉に関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(0)青森県(0)岩手県(0)宮城県(0)秋田県(0)山形県(0)福島県(0)
関東地方
茨城県(1)栃木県(0)群馬県(0)埼玉県(0)千葉県(0)東京都(5)神奈川県(1)
中部地方
新潟県(0)富山県(0)石川県(0)福井県(0)山梨県(0)長野県(0)岐阜県(0)静岡県(0)愛知県(0)
近畿地方
三重県(0)滋賀県(0)京都府(0)大阪府(1)兵庫県(0)奈良県(0)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(0)島根県(0)岡山県(0)広島県(0)山口県(0)
四国地方
徳島県(0)香川県(0)愛媛県(0)高知県(0)
九州地方
福岡県(0)佐賀県(0)長崎県(0)熊本県(0)大分県(0)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(0)