NIKKEI COMPASS

VR

VRの概要

VRに関するビジネステーマ

VRの用語の定義

VR(Virtual Reality:人工現実感、仮想現実)とは、専用のゴーグルで視界を覆い、360°の映像をそこに映し出すことによって、あたかもその空間にいるような感覚を得ることができる技術のことである。

VRの背景

登場以来ゲームコンテンツを中心に拡大してきたVR市場だが、COVID-19による外出規制が影響し、新たなコミュニケーションの手段として再び注目を集めている。 2020年にはスポーツ観戦にVRも用いようという動きが高まり、野球やサッカーなど無観客試合が続いたスポーツで、有観客だった頃のスタジアムの雰囲気を再現するような試みがなされた。 その他イベントをVR空間で構築・再現する試みもある。電通とambrはオンライン開催となった世界最大級のゲームの祭典「TOKYO GAME SHOW 2021」でVR空間にブースを設置し、インタラクティブなイベント体験の獲得を目指した。

VRのニュース記事検索

VRが解決する課題

コミュニケーション促進,インタラクティブな映像体験

VRの鍵となる技術

ジャイロセンサー
ジャイロセンサーによって角速度や角加速度の変化を検出を行うことで、ユーザーの頭の動きに合わせて風景を移動させることが可能になる。
SLAM(自己位置推定)
自己位置推定(英:Simultaneous Localization And Mapping,SLAM)は、空間の中で自身の位置特定と空間の地図作成を同時に行う技術のこと。VRにおいてSLAMは、VRデバイスの自己位置や視線移動を把握するために用いられる。

VRに関連するビジネステーマ

リモートワーク下のコミュニケーション促進のため、VR空間にオフィスを構築する取り組みもなされている
AR
AR(Augmented Reality:拡張現実)は実際の風景にバーチャルな視覚情報を重ねて表示させることで、現実世界に情報を付加させる技術のこと。現実世界が主体である点でVRと異なる。
MR
MR(Mixed Reality:複合現実)は、実際の風景の中に仮想的な物体を実物が目の前にあるかのように3Dで映し出す技術。現実世界の上に仮想的なオブジェクトを映し出すという点で、ARとVRの中間的存在ともいえる。
AR-VRの医療分野への導入例は医療向けの研修、PTSD患者の治療、血液検査などの痛みを伴う処置を受ける子供の不安感の軽減など様々な応用例がある。

VRのレポート(最新10件)

VRの関連企業

株式会社NTTドコモ
携帯電話事業を主な事業とし、その主要な営業種目は次のとおりです。 ■通信事業  携帯電話サービス(5G サービス、LTE(Xi)サービス、F...
エイベックス株式会社
当該両立支援制度・行動計画は、以下の会社にて適用。? ・エイベックス・株式会社 (事業持株会社)? ・エイベックス・エンタテインメント株...

VRに関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(0)青森県(0)岩手県(0)宮城県(0)秋田県(0)山形県(0)福島県(0)
関東地方
茨城県(0)栃木県(0)群馬県(0)埼玉県(0)千葉県(0)東京都(12)神奈川県(0)
中部地方
新潟県(0)富山県(0)石川県(0)福井県(0)山梨県(0)長野県(0)岐阜県(0)静岡県(0)愛知県(0)
近畿地方
三重県(0)滋賀県(0)京都府(1)大阪府(1)兵庫県(0)奈良県(0)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(0)島根県(0)岡山県(0)広島県(0)山口県(0)
四国地方
徳島県(0)香川県(0)愛媛県(0)高知県(0)
九州地方
福岡県(0)佐賀県(0)長崎県(0)熊本県(0)大分県(0)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(0)

関連する人物・専門家

マーク・ザッカーバーグ124
VR(6)「スマホで手軽」急拡大(よくわかる)

...「VRを体験する装置としてスマホは非常に優れている」。藤井博士はモバイルVRVRの本格普及のきっかけになると予測する。 自宅でモバイルVRを楽しむには、スマホアプリでコンテンツをダウンロードして再生...

2016年4月19日 日経産業新聞 1040文字
吉田憲一郎30
ソニーG会長兼社長「メタバース、ライブ共有の場拡大」世界経営者会議インタビュー 吉田憲一郎氏

...「メタバースには色々な可能性があり、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)なども広がる。社内コミュニケーションにVRを活用する例もあり、私もVRゴーグルを体験した。...

2022年11月29日 日本経済新聞電子版 860文字