NIKKEI COMPASS

宇宙太陽光発電システム

宇宙太陽光発電システムの概要

宇宙空間に設置した太陽光パネルで発電し、電磁波で送電する「宇宙太陽光発電」に関するビジネステーマ

宇宙太陽光発電システムの用語の定義

宇宙太陽光発電システム(英:Space Solar Power Systems,英略:SSPS)とは、太陽光エネルギーを使って宇宙空間で発電し、地球に無線送電し、地上で電力として利用するシステムのこと。無線送電の方式としてはマイクロ波またはレーザー光などが候補として挙げられている。なお、宇宙太陽光発電はSpace-based solar powerでSBSPと略される。

宇宙太陽光発電システムのニュース記事検索

宇宙太陽光発電システムに関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(0)青森県(0)岩手県(0)宮城県(0)秋田県(0)山形県(0)福島県(0)
関東地方
茨城県(0)栃木県(0)群馬県(0)埼玉県(0)千葉県(0)東京都(0)神奈川県(0)
中部地方
新潟県(0)富山県(0)石川県(0)福井県(0)山梨県(0)長野県(0)岐阜県(0)静岡県(0)愛知県(0)
近畿地方
三重県(0)滋賀県(0)京都府(0)大阪府(0)兵庫県(0)奈良県(0)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(0)島根県(0)岡山県(0)広島県(0)山口県(0)
四国地方
徳島県(0)香川県(0)愛媛県(0)高知県(0)
九州地方
福岡県(0)佐賀県(0)長崎県(0)熊本県(0)大分県(0)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(0)

関連する人物・専門家

藤本博志2
電気も「無線」時代へ スマホ・EV充電切れナシ

...宇宙航空研究開発機構(JAXA)が研究を進めるのが、宇宙空間に浮かべた太陽光パネルで発電した電気を地上に送電する宇宙太陽光発電システム(SSPS)だ。 ...

2020年10月29日
日本経済新聞電子版
岩田聡1
ビジネスリーダー、スポーツ、ライフ、テクノロジー(日経電子版から)

...日本政府主導で開発が進められている「宇宙太陽光発電システム」と呼ぶこの計画では、2.5キロメートル四方に太陽光パネルを敷き詰めた装置を打ち上げて地上3万6000キロメートル上空で発電し、海上などに設置...

2012年2月20日
日本経済新聞 夕刊