NIKKEI COMPASS

二次電池検査

二次電池検査の概要

リチウムイオン電池など二次電池の性能を検査する技術に関するビジネステーマ

二次電池検査の用語の定義

二次電池検査とは、リチウムイオン電池のような充放電可能な蓄電池の性能と安全性を評価する技術のこと。電池パック、もしくは構成するセルを一つ一つ診断し、残容量や安全性を確認する。 充電と放電を繰り返して性能を判別する「充放電検査」方式や、超音波やX線を用いて診断する方法、磁場の空間分布から画像診断する方式などがある。

二次電池検査の背景

電気自動車(EV)が耐用年数を迎えても、車載電池はかなりの容量があり利用できるものが多い。そのため、電池パックやセルの検査を行い、セカンドライフバッテリーとして主に産業用蓄電池に再利用されている。 また、海外で起きている車載向けリチウムイオン電池の異常発熱によるEV火災事故を防ぐためにも、電池セルの性能と安全性を検査できる技術が注目されている。

二次電池検査のニュース記事検索

二次電池検査が解決する課題

EV火災,サーキュラーエコノミー

二次電池検査に関連するビジネステーマ

米CBインサイツによると、EVの急成長に伴い、20年代末には公道を走行するEVは約1億4500万台と、20年比で10倍以上に増加、40年には年数億個のリチウムイオン電池を始めとする車載電池が寿命を迎える可能性があるという。
車載向けリチウムイオン電池は、産業用蓄電池などにリユースされ、電子端末などに用いられているリチウムイオン電池はレアメタルなどを取り出しリサイクルされている。
EVの車載電池が自動車製造業者等により回収され、産業用蓄電池としてディーラーや工場で再利用がすすむ。

二次電池検査のレポート(最新10件)

二次電池検査の関連企業

ゴイク電池株式会社
ゴイク電池株式会社は、「BMS(バッテリー・マネジメント・システム)」の開発・販売や電池診断装置の開発・販売を行う会社。「BMS(バッテリー...
株式会社Integral Geometry Science
株式会社Integral Geometry Scienceは、物体内部の構造を映像化するソフトウェア・計測機器の製造販売をする企業。電磁場の...

二次電池検査に関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(0)青森県(0)岩手県(0)宮城県(0)秋田県(0)山形県(0)福島県(0)
関東地方
茨城県(0)栃木県(0)群馬県(0)埼玉県(0)千葉県(0)東京都(3)神奈川県(0)
中部地方
新潟県(0)富山県(0)石川県(0)福井県(0)山梨県(0)長野県(1)岐阜県(0)静岡県(0)愛知県(0)
近畿地方
三重県(0)滋賀県(0)京都府(0)大阪府(2)兵庫県(1)奈良県(0)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(0)島根県(0)岡山県(0)広島県(0)山口県(0)
四国地方
徳島県(0)香川県(0)愛媛県(0)高知県(0)
九州地方
福岡県(0)佐賀県(0)長崎県(0)熊本県(0)大分県(0)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(0)