NIKKEI COMPASS

EV

EVの概要

EV(電気自動車)に関するビジネステーマ。

EVの用語の定義

EV(Electric Vehicle:電気自動車)とは電気モーターを動力源として動く自動車のことを指す。

EVの背景

ガソリンの代わりに電気で走るため、石油資源依存から脱却することができ、また二酸化炭素(CO2)を排出しないため、カーボンフリーに向けた取り組みとして注目を受けている。蓄電池としての利用も注目を受けている。

EVのニュース記事検索

EVが解決する課題

地球温暖化

EVの鍵となる技術

リチウムイオン電池
リチウムイオンが正極と負極の間を動いて充放電する二次電池。エネルギー密度が高く、容易に高電圧を得ることができる。
回生ブレーキ
回生ブレーキは、駆動用のモーターを発電機として使うことで、運動エネルギーを電気エネルギーに変えて減速する。回生ブレーキはハイブリッド車やEVなどで使われている。ガソリン車は、減速時に車のもつ運動エネルギーを熱エネルギーとして捨ててしまうが、回生ブレーキを使うことで減速時のエネルギー浪費を抑えることができる。

EVに関連するビジネステーマ

ハイブリッドビークルカー(HV)
ガソリンエンジンとモーターを備えたハイブリッドカーのことを指す。走行する際の余剰エネルギーをつかって発電し、モーターを動かし、そのモーターでガソリンエンジンをアシストしながらEV走行するため燃費が非常に良い。
プラグインハイブリッドビークルカー(PHV)
HVと同様にガソリンエンジンとモーターを両方備えているが、モーター単体での走行も可能な自動車のことを指す。ガソリンエンジンを使って走行しながら発電をし、モーターを使って走行を補助しながら走行をすることができる。外部から充電をして走行するという点に関してはEVと同じである。
燃料電池自動車(FCV)
水素と空気中の酸素の化学反応によって燃料電池で発電した電気を使い、モーターの動力で走る自動車のことを指す。水素と酸素を使って動くので、二酸化炭素の排出が起こらない。
クリーンディーゼルカー(CDV)
軽油を燃料として走る自動車(ディーゼルカー)の中で、排出される窒素酸化物などを低減したもの。軽油はガソリンと比較すると価格も安く、二酸化炭素排出量も少ない。また、高い燃費効率と力強い加速も魅力として、近年注目を集めている。
電動車(xEV)
電動車とは、電気エネルギーを動力にした自動車のこと。完全な電気自動車(EV、BEV)だけでなく、プラグインハイブリッド車(PHV,PHEV)、燃料電池車(FCV)、ハイブリッド車(HV)なども含まれる。完全な電気自動車のことはBEV(Battery Electric Vehicle)と呼び、電動車の意味でも使われるEVと区別して用いられる場合もある。また、電動車はBEV/PHEV/FCVなど多用なタイプを含むため、そのことを好調してxEVと略称することもある。
新エネルギー車(NEV)
新エネルギー車とは、中国政府が推進する非従来型の動力源をもつ自動車の総称。 非従来型の動力源全般を指すため、新エネルギー車には、ハイブリッド車(HV,PHV)、(バッテリー式)電気自動車(BEM) 、燃料電池電気自動車(FCEV)、水素内燃機関自動車(HICE)、ソーラーカーなどが含まれる。
【骨太方針2022】 「2035年までに新車販売100%電動車」
政府が発表した「骨太方針2022」では「将来の合成燃料の内燃機関への利用も見据え」るとしつつも、「2035 年までに新車販売でいわゆる電動車(電気自動車、燃料電池自動車、プラグインハイブリッド自動車及びハイブリッド自動車)100%とする目標等に向けて、蓄電池の大規模投資促進等や車両の購入支援、充電・充てんインフラの整備等による集中的な導入を図るとともに、中小サプライヤー等の業態転換を促す。」としている
ゼロエミッション車(ZEV)
ゼロエミッション車(英: Zero Emission Vehicle,英略:ZEV)とは、走行時に大気汚染物質や温室効果ガスを含む排ガスを出さない車の総称。
EV充電器とは、電気自動車(EV)やプラグイン・ハイブリッド電気自動車(PHEV)などに充電ケーブルを繋げて送電する充電設備のこと。

EVのレポート(最新10件)

EVの関連企業

ASF株式会社-
ASF株式会社は、電気自動車(EV)の開発・販売を行う企業。同社は、台湾の企業グループ「Formosa Plastics Group FPG...
Turing株式会社-
Turing株式会社は、AI(人工知能)を活用した完全自動運転EV(電気自動車)を開発する企業。同社の完全自動運転EVは、カメラのみをセンサ...
株式会社出光タジマEV
株式会社出光タジマEVは、4人乗りの小型EV(電気自動車)を開発する企業。販売開始時期は2022年を予定しており、販売価格は150万円以下を...

EVに関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(0)青森県(0)岩手県(0)宮城県(0)秋田県(0)山形県(0)福島県(0)
関東地方
茨城県(0)栃木県(0)群馬県(0)埼玉県(0)千葉県(1)東京都(6)神奈川県(1)
中部地方
新潟県(0)富山県(0)石川県(0)福井県(0)山梨県(0)長野県(0)岐阜県(0)静岡県(0)愛知県(1)
近畿地方
三重県(0)滋賀県(0)京都府(1)大阪府(0)兵庫県(0)奈良県(0)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(0)島根県(0)岡山県(0)広島県(1)山口県(0)
四国地方
徳島県(0)香川県(0)愛媛県(0)高知県(0)
九州地方
福岡県(0)佐賀県(0)長崎県(0)熊本県(0)大分県(0)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(0)

関連する人物・専門家

イーロン・マスク956
【“EVニッポン”次の10年】開花しない日本のEV、富裕層に刺さる「格好良さ」が欠如-カーボンゼロカー大競争

...ここがまさに起点となり、EVに対する人々の興味は、当時非常に高いものとなっていった。その流れの中で次々に市場へと登場してきたのがEVベンチャーだ。 今では世界トップのEVメーカーに成長したテスラも、0...

2022年1月4日
日経クロステック
豊田章男668
トヨタ、EV投資4兆円、世界販売目標、8割増350万台、30年までに。

...EVへの投資増強や車種のラインアップの広さのアピールは、EVへの慎重姿勢を払拭する狙いもありそうだ。 【図・写真】EV戦略について説明するトヨタの豊田章男社長(14日、東京都江東区)...

2021年12月15日
日本経済新聞 朝刊