NIKKEI COMPASS

カーボンフットプリント管理ツール

カーボンフットプリント管理ツールの概要

企業や団体が出す温室効果ガスの量をトラッキングするためのツール「カーボンフットプリント管理ツール」に関するビジネステーマ

カーボンフットプリント管理ツールの用語の定義

カーボンフットプリント管理ツールとは、温室効果ガスの量を示すカーボンフットプリント(英:Carbon footprint,CF)の測定・分析、管理、予測、報告などを可能にするソフトウェアサービスのこと。

カーボンフットプリント管理ツールのニュース記事検索

カーボンフットプリント管理ツールが解決する課題

企業単位のGHG排出量の可視化

カーボンフットプリント管理ツールに関連するビジネステーマ

CFPマーク
CFPマークはCO2の見える化を推進するため、製品の原材料調達から廃棄・リサイクルに至るまでの過程における定量的温室効果ガスの排出量を利用者(消費者等)に対してわかりやすく提示するためのマークのこと。
GHGプロトコル
GHGプロトコルは、企業などの事業活動ででた温室効果ガス(Greenhouse Gas:GHG)排出量の算定・管理・報告のための国際基準のこと。
プロダクトカーボンフットプリント(PCF)
プロダクトカーボンフットプリント(英:Product Carbon Footprint,英略:PCF)とは、1つまたは複数の製品が製造から物流・消費に至るさまざまな段階で発生させる温室効果ガスの総排出量を集計したものである。

カーボンフットプリント管理ツールに関する法規制

炭素税
炭素税とは、商品やサービスを生産する際に排出される炭素に課される税金のこと。フィンランドで1990年に世界初の炭素税が導入されたのを皮切りに複数の国で導入されている。炭素税は、深刻な気象現象など間接的にしか感じられない、炭素排出による「隠れた」社会的コストを税金という形で徴収・可視化する仕組みと言える。日本では未導入で、CO2排出量に応じて課税する炭素税は、低所得者の家計に負担上昇の影響が及ぶなど導入に対する慎重意見もある(2021年10月更新)。

カーボンフットプリント管理ツールのレポート(最新10件)

カーボンフットプリント管理ツールの関連企業

日本電気株式会社
パブリック事業、エンタープライズ事業、ネットワークサービス事業、システムプラットフォーム事業
株式会社ウェイストボックス
株式会社ウェイストボックスは、企業のサプライチェーン温室効果ガス(GHG)排出量の算定支援を行う企業。同社は、企業の事業活動全体から出る温室...
e-dash株式会社-
e-dash株式会社は、企業や自治体のCO2排出量削減への取り組みをサポートするプラットフォーム『e-dash』を開発・運営する企業。『e-...

カーボンフットプリント管理ツールに関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(0)青森県(0)岩手県(0)宮城県(0)秋田県(0)山形県(0)福島県(0)
関東地方
茨城県(0)栃木県(0)群馬県(0)埼玉県(0)千葉県(0)東京都(14)神奈川県(0)
中部地方
新潟県(0)富山県(0)石川県(0)福井県(0)山梨県(0)長野県(0)岐阜県(0)静岡県(0)愛知県(1)
近畿地方
三重県(0)滋賀県(0)京都府(0)大阪府(0)兵庫県(0)奈良県(0)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(0)島根県(0)岡山県(0)広島県(0)山口県(0)
四国地方
徳島県(0)香川県(0)愛媛県(0)高知県(0)
九州地方
福岡県(0)佐賀県(0)長崎県(0)熊本県(0)大分県(0)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(0)