NIKKEI COMPASS

顔認証

顔認証の概要

生体認証の一種である顔認証に関するビジネステーマ。

顔認証の用語の定義

顔認証は生体認証の一種で、顔の特徴により個人を識別して認証するシステムのこと。カメラで対象者の顔の画像をとらえ、目、鼻、口の位置や顔領域の大きさなどを基に、あらかじめ保存した本人の顔のデータと照合する。オフィスや工場・研究所など建物の入り口のほか、スマートフォンやパソコンなど端末機器でも採用している。

顔認証の背景

本人確認やセキュリティー確保の手段としては暗証番号やパスワードが一般的だ。しかし、暗証番号などは利用者本人が忘れてしまったりトラブルにより外部に流出したりする恐れがある。こうしたリスクに対応するのが個人の身体的特徴を利用する生体認証で、中でも顔認証はセンサーと接触せず認証できるなど手軽さが利点だ。

顔認証のニュース記事検索

顔認証が解決する課題

個人情報・資産の保護,機密情報の保護

顔認証の鍵となる技術

画像認識技術
人の顔をできるだけ正確に認識する必要がある。髪の毛やヒゲが伸びたり、眼鏡をかけたり、帽子をかぶったりした場合などに、顔の外観が変わってもきちんと本人確認ができるなど、画像認識力の高さが顔認証システム普及のポイントになる。

顔認証に関連するビジネステーマ

指紋認証
指紋を本人確認に使う。犯罪捜査で古くから使われてきた。パソコンやスマートフォンでも一般的。
静脈認証
指や手のひらの静脈パターンを認証に利用する。指静脈認証は銀行のATMなどで普及している。
虹彩認証
目の虹彩の模様を本人確認に使う。スマートフォンのほか、空港の出入国審査などにも利用されている。
新型コロナウイルス対策などでタッチレスの認証方式として顔認証が活用されている。
顔認識と「責任あるAI(Responsible AI)」
AIを使った顔認識が差別や人権侵害の助長につながりかねないとの指摘がある。顔認識技術は大衆監視や人種によるプロファイリングに悪用された場合、大規模な人権侵害につながるリスクがある。こうした懸念の高まりを受けて、2020年には米アマゾンが画像認識ソフトウェア「レコグニション(Rekognition)」の警察への提供を一時停止すると発表した。また、米IBMは2020年に基本的人権と自由の侵害につながる懸念から顔認識事業からの撤退を発表した。日本でもJR東日本が顔認識技術を使い出所者や仮出所者の検知する防犯対策を導入することが報道され、「社会的コンセンサスが得られていない」として取りやめに追い込まれた

顔認証に関する法規制

個人情報保護法
個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)とは、個人情報への権利を保護するため取り扱いを規定した法律。例えば、個人を判別可能な画像や顔認証データを体系的に構成して個人情報データベースを構築した場合、カメラ画像や顔認証データを含む情報は個人データに該当するため、個人情報保護法に基づく取り扱いが必要となる。

顔認証のレポート(最新10件)

顔認証の関連企業

株式会社Liquid
株式会社Liquidは、生体情報、生体行動に特化した画像解析・ビッグデータ解析に取り組む企業。スマートフォンを使った顔認証サービス『eKYC...
キヤノン株式会社
オフィスイメージング機器、コンピュータ周辺機器、ビジネス情報機器、映像機器(カメラ、ビデオ)、光学機器の開発・製造
NECソリューションイノベータ株式会社
システムインテグレーション事業 サービス事業 基盤ソフトウェア開発事業 機器販売

顔認証に関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(0)青森県(0)岩手県(0)宮城県(0)秋田県(0)山形県(0)福島県(0)
関東地方
茨城県(0)栃木県(0)群馬県(0)埼玉県(0)千葉県(0)東京都(7)神奈川県(0)
中部地方
新潟県(0)富山県(0)石川県(0)福井県(0)山梨県(0)長野県(0)岐阜県(0)静岡県(0)愛知県(2)
近畿地方
三重県(0)滋賀県(0)京都府(0)大阪府(1)兵庫県(1)奈良県(0)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(0)島根県(0)岡山県(0)広島県(0)山口県(0)
四国地方
徳島県(0)香川県(0)愛媛県(0)高知県(0)
九州地方
福岡県(0)佐賀県(0)長崎県(0)熊本県(0)大分県(0)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(0)

関連する人物・専門家

新野隆88
ダイドードリンコとNEC、顔認証で購入できる「顔認証決済自販機」の実証実験を開始

...今回、NECの認証技術を活用して日本で初めて自販機に認証決済サービスを導入し、“手ぶら”で飲料を購入できる仕組みを実現。...

2020年7月6日
日本経済新聞電子版
習近平77
顔認証で徹底監視 習体制への忠誠支える(ルポ迫真)

...8月に山東省青島市で開かれたビール祭りでは認証システムが導入され、訪問者から犯罪の容疑者25人を割り出し、身柄拘束に結びつけた。 最新のシステムは、習近平(シー・ジンピン、64)政権の求心力維持が狙...

2017年12月12日
日本経済新聞電子版