NIKKEI COMPASS

医療用画像管理システム

医療用画像管理システムの概要

医療用画像をオンプレミスサーバーやクラウド上に保管し、医療従事者が電子端末上で診断できるソフトウェア「医療用画像管理システム」に関するビジネステーマ。

医療用画像管理システムの用語の定義

医療用画像管理システムとは、CT、CR、MRIといった画像撮影装置で撮影した患者の臓器画像を、医療画像の国際規格であるDICOMに則りデジタルデータとして一元管理するシステムのこと。PACS(Picture Archiving and Communication System)とも言う。画像フィルムを倉庫などで管理する必要はなく、データは院内サーバーやクラウド上に保管し、医療従事者は電子端末上で診断できる。

医療用画像管理システムの背景

従来医用画像はフィルムで保管されてきたが、医療の高度化に伴う画像検査の種類や回数が増加したこともあり、フィルムの管理コスト削減のために医療画像管理のデジタル化が進められてきた。従来データの保管は院内サーバーが主流だったが、撮影装置の高性能化に伴うデータ量の増加などからクラウド化も注目されている。また単なる画像の保存機能だけでなく電子カルテや、検査・処方など他の院内情報システムと連携し医療情報を一元管理することで病院経営の効率化を目指す動きもある。さらにクラウド化で院内利用だけでなく遠隔医療への活用にも用途が広がりつつある。

医療用画像管理システムのニュース記事検索

医療用画像管理システムが解決する課題

病院経営効率化,BCP,DX

医療用画像管理システムの鍵となる技術

オンラインセキュリティ

医療用画像管理システムに関連するビジネステーマ

情報通信技術を駆使して対面診療に代わるサービスを可能にする遠隔医療に関するビジネステーマ。
病院情報システム
病院情報システム(Hospital Information System,HIS)は、病院経営にまつわる様々な業務の処理を管理するための情報システムのこと。 オーダリングシステムや病院むけ会計システムなどを包括的に含む。
オーダリングシステム
医療機関において経理担当者がレセプト業務に利用する「医事会計システム」に関するビジネステーマ。
医師の医療診断を支援する「AI画像診断ソフト」に関するビジネステーマ
検像システム
画像を画像管理システム(PACS)に送信する前に画像を加工・調整・編集する作業を検像と呼び、検像を行う情報システムは検像システムと呼ぶ。

医療用画像管理システムのレポート(最新10件)

医療用画像管理システムに関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(0)青森県(0)岩手県(0)宮城県(0)秋田県(0)山形県(0)福島県(0)
関東地方
茨城県(0)栃木県(1)群馬県(0)埼玉県(0)千葉県(0)東京都(12)神奈川県(0)
中部地方
新潟県(0)富山県(0)石川県(0)福井県(0)山梨県(0)長野県(0)岐阜県(0)静岡県(0)愛知県(0)
近畿地方
三重県(0)滋賀県(0)京都府(0)大阪府(0)兵庫県(0)奈良県(0)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(0)島根県(0)岡山県(0)広島県(0)山口県(0)
四国地方
徳島県(0)香川県(0)愛媛県(0)高知県(0)
九州地方
福岡県(1)佐賀県(0)長崎県(0)熊本県(0)大分県(0)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(0)

関連する人物・専門家

助野健児2
富士フイルムHD社長、医療IT「2桁成長続ける」、再生医療M&Aに意欲。

...富士フイルムは医療画像管理システム(PACS)で世界シェア2位。病院で撮影した診断用の画像を管理するシステムで「10%成長を続けていきたい」と強調。英GEヘルスケアを抜き、2020年までに首位に立ち...

2016年6月4日
日本経済新聞 朝刊
古森重隆2
【ニュース】富士フイルムが日立のCTなどを獲得、AI技術で新たな価値創出

...富士フイルムはCTやMRI画像を管理する医療画像管理システム(PACS)の販売に力を入れている。さらに医療用画像の画像処理技術や、診断を支援するAIを活用したソフトウエアの研究開発も手掛けている。 ...

2019年12月18日
日経クロステック