NIKKEI COMPASS

液体クロマトグラフ

液体クロマトグラフの概要

医薬化学品や食品などの分野において成分の検出と定量・定性分析に利用されている液体クロマトグラフに関するビジネステーマ。

液体クロマトグラフの用語の定義

液体クロマトグラフとは物質を分離・精製する技術の一種。この分離技術は移動相・固定相とよばれる2種類の媒体と分析したい試料との親和性の差異を利用することで、試料を各成分に分離させる。移動相の媒体が液体であることから液体クロマトグラフと呼ばれる。分離された各成分は適当な検出器で電気信号に変換され可視化される。

液体クロマトグラフのニュース記事検索

液体クロマトグラフが解決する課題

分離分析

液体クロマトグラフに関連するビジネステーマ

高速液体クロマトグラフ
高速液体クロマトグラフは、筒状の容器を利用する分離法であるカラムクロマトグラフの一種。高い圧力をかけることで移動相溶媒を高流速でカラムに通し、分析物が固定相に留まる時間を短くして分離能・検出感度を高くする。HPLC(High Performance Liquid Chromatography)ともいう。
ガスクロマトグラフ
移動相に気体を用いるクロマトグラフフィー。
イオンクロマトグラフは、液体クロマトグラフの一種で、主に溶液中のイオン性成分の定性・定量を行う分析手法のこと。

液体クロマトグラフのレポート(最新5件)

液体クロマトグラフに関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(0)青森県(0)岩手県(0)宮城県(0)秋田県(0)山形県(0)福島県(0)
関東地方
茨城県(0)栃木県(0)群馬県(0)埼玉県(0)千葉県(0)東京都(5)神奈川県(0)
中部地方
新潟県(0)富山県(0)石川県(0)福井県(0)山梨県(0)長野県(0)岐阜県(0)静岡県(0)愛知県(0)
近畿地方
三重県(0)滋賀県(0)京都府(1)大阪府(1)兵庫県(0)奈良県(0)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(0)島根県(0)岡山県(0)広島県(0)山口県(0)
四国地方
徳島県(0)香川県(0)愛媛県(0)高知県(0)
九州地方
福岡県(0)佐賀県(0)長崎県(0)熊本県(0)大分県(0)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(0)

関連する人物・専門家

上田輝久13
島津と堀場、計測機器開発で提携、新成分検出めざす。

...それぞれが世界シェア上位の計測機器「液体クロマトグラフ(LC)」と「ラマン分光装置」を組み合わせることで、従来の分析機器では難しかった成分の特定に生かせる。新型コロナウイルスなど感染症関連の新薬開発に...

2020年8月4日
日本経済新聞 地方経済面
森憲司7
ガスクロ工業、4月に工場用地買収――宮城県か福島県に。

...ガスクロ工業が用地買収を通じて建設する新工場には、現在武蔵工場内にある薬品部門、機器部門、液体クロマトグラフ部門を移管する予定である。これらの部門の製品生産に必要な機械装置や周辺機器を移すとともに新設...

1985年1月28日
日経産業新聞