NIKKEI COMPASS

医療事務・医療業務支援

医療事務・医療業務支援の業界分類
医療事務・医療業務支援の業界定義
医療機関、介護施設等に向けて各種の業務支援サービスを行う。

医療事務・医療業務支援の業界概要

医療関連受託サービスは1兆7000億円規模
病院、診療所、調剤薬局などの医療機関が外部にアウトソーシングする業務を受託するサービス。医療事務のほか、滅菌、廃棄物処理、病院給食、検体検査といった業務がある。医療機関の周辺業務を支えるサービス産業として成長している。
業界団体である全国医事振興協会(東京・千代田)で設けている認定制度では、医療事務サービスの業務委託範囲を、(1)受付、(2)料金徴収、(3)諸法請求、(4)医事電算、(5)医事計算、(6)保険請求、(7)クラーク、(8)病歴管理、と例示している。調査会社の富士経済ネットワークス(東京・中央)によると、医療事務の代行サービスの市場規模は18年時点で2045億円。(2023/01/04調査)
業界レポートを閲覧することで、最新の業界動向・競合環境を簡単に理解・把握できます
日経NEEDS業界解説レポートサンプル"
最近の動きをまとめて知るなら日経NEEDS業界解説レポート 医療事務・医療業務支援2023年1月23日 PDF

医療事務・医療業務支援の市場動向

DX支援など新分野開拓の動きが活発
この業務は病院経営の効率化や合理化に資するサービスとして1990年頃から普及した。
医療関連サービス振興会(東京・千代田)が実施した医療関連サービス実態調査(3年ごとに実施)によると、21年度で外部委託率が高いのは、寝具類洗濯(98.5%)、医療廃棄物処理(97.5%)、検体検査(96.5%)、医療用ガス供給設備保守点検(94.5%)、医療機器保守点検(87.7%)、院内清掃(87.4%)、患者等給食(72.4%)など。一方、医業経営コンサルティング(20.8%)、患者搬送(16.9%)、在宅医療サポート(15.8%)、医療情報サービス(13.6%)などは伸びが鈍く、開拓の余地が大きい。医療事務の外部委託率は37.2%。18年度の35.9%から1.3ポイントの伸びにとどまる。委託率が8割を超える公立病院に比べ民間病院の低さが目立つ。(2023/01/04調査)

医療事務・医療業務支援の競合状況

ニチイ学館やソラスト、医療事務のオンライン受託拡大
ニチイ学館はMBO(経営陣が参加する買収)が成立し、20年11月5日付で上場廃止となった。売り上げの4割弱を医療事務受託など医療関連部門が占める。NTT東日本と提携し、医療事務の専門業務を集約センターから遠隔で提供するサービス「ニチイ・コネクト」を22年5月から始めた。人口減少地域の医療機関や開業直後のクリニックなどの需要を取り込む。
ソラストは旧日本医療事務センターが前身で、約1500の医療機関から診療報酬請求などの事務を受託している。22年3月期の医療関連受託事業の売上高は前の期比8%増の660億4200万円で全体の約6割を占める。セグメント利益は同10%増の84億5000万円。 22年1月、診療所や中小病院向けにオンラインによる医療事務の受託体制を拡充し、全国3拠点体制にした。23年度までに500施設の契約獲得を目指している。(2023/01/04調査)

医療事務・医療業務支援の関連企業

株式会社ソラスト
ソラストは、地域社会と一人ひとりの生活に 密着したサービスを提供しています。 1.医療関連受託サービス  ◆業務委託・人材派遣  □医療療事...
株式会社新潟県厚生事業協同公社
・病院、診療所の寝具類に関する一切の業務 ・ホテルリネンサプライ ・各種ユニフォームレンタル及び販売 ・各種介護用品のレンタル及び販売 ・医...

医療事務・医療業務支援に関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(0)青森県(0)岩手県(0)宮城県(1)秋田県(0)山形県(0)福島県(0)
関東地方
茨城県(0)栃木県(0)群馬県(0)埼玉県(0)千葉県(0)東京都(13)神奈川県(0)
中部地方
新潟県(1)富山県(0)石川県(0)福井県(0)山梨県(0)長野県(1)岐阜県(0)静岡県(0)愛知県(1)
近畿地方
三重県(0)滋賀県(0)京都府(0)大阪府(1)兵庫県(0)奈良県(0)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(0)島根県(0)岡山県(0)広島県(0)山口県(0)
四国地方
徳島県(0)香川県(0)愛媛県(0)高知県(0)
九州地方
福岡県(0)佐賀県(0)長崎県(0)熊本県(0)大分県(0)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(0)