NIKKEI COMPASS

教材制作

教材制作の業界分類
教材制作の業界定義
学校、その他教育サービスで使用する教材の企画、制作を行う。

教材制作の業界概要

小中学校向けから理美容教材まで多種多様
「学校、その他教育サービスで使用する教材の企画、製作を行う」というこのジャンルは、様々な分野での教材製作を手掛ける事業者を指す。小学校・中学校などの教科書・教材・教具を企画・製作する企業、学習塾・予備校などの学習用教材を企画・製作する企業、英会話・語学学校の運営および教材を企画・製作する企業から、理美容サロン・エステサロンに理美容教材を販売する企業まで多岐にわたり、市場全体の動きは把握しにくい。
学校で使われる教材に関しては、文部科学省が2011年4月に取りまとめた「教材整備指針」によれば、2012年度から2021年度までに教材整備のため約8000億円の地方交付税措置が必要としている。ここでいう「教材」には小中学校用の理科教材、中学校の武道で使用する道具、中学校の音楽の授業で使用する楽器のほか、電子黒板なども含まれる。実現すれば、年間で約800億円の市場規模になる。(2023/01/23調査)
業界レポートを閲覧することで、最新の業界動向・競合環境を簡単に理解・把握できます
日経NEEDS業界解説レポートサンプル"
最近の動きをまとめて知るなら日経NEEDS業界解説レポート 教材制作2023年1月31日 PDF

教材制作の市場動向

デジタル学習拡大で電子教材の開発・製作が盛んに
教材に関しては、「脱・ゆとり教育」の新しい学習指導要領の実施(小学校は2011年4月から、中学校は2012年4月から、高等学校では2013年4月から)により、学校用出版物の改訂、新教材の企画などの需要が高まった。新要領による学習内容の難化や受験戦争の低年齢化により、学習塾や予備校用教材への期待が高まっている。
特に小学校5年、6年での英語の必修化、高等学校での英語による英語授業開始などから、子どもの英語教育に対する保護者の関心が高まってきている。次期学習指導要領への移行期間として18年度から小学3~4年に「外国語活動」が導入されるのを前に、文部科学省は英語学習の新教材を公表した。子供にとって身近な食べ物や筆記用具などを題材に聞いたり話したりする内容が中心となっている。(2023/01/23調査)

教材制作の競合状況

スマホ・タブレット使うオンライン学習サービスでしのぎ
教材開発各社はスマホやタブレットを使ったオンライン学習サービスでしのぎを削る。業界大手の学研ホールディングスは16年夏、小中学生向けにゲーム感覚で学べる会員制学習サービス「学研ゼミ」を1コース500円からという低価格で開始。同社傘下の学研プラスは、学習用語と歌声合成ソフト「ボーカロイド(ボカロ)」を組み合わせ、歌って覚える中学生向け参考書を16年春に発売した。
リクルートマーケティングパートナーズ(東京・中央)は、オンライン学習サービスの草分け的存在。小学生から大学受験生までを対象に講義動画やテキストを配信する「スタディサプリ」を展開、月額980円で会員数を増やしている。「スタディサプリ」で各都道府県の公立高校に対応した受験対策講座も始めた。(2023/01/23調査)

教材制作の関連企業

株式会社ダルトン
1952年に日本で初めてのドラフトチャンバー販売にはじまり、科学機器業界に大きな反響をもたらしてきました。現在も国公立の研究所や大手企業・大...

教材制作に関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(0)青森県(0)岩手県(0)宮城県(0)秋田県(0)山形県(0)福島県(0)
関東地方
茨城県(0)栃木県(0)群馬県(0)埼玉県(0)千葉県(0)東京都(7)神奈川県(0)
中部地方
新潟県(0)富山県(0)石川県(0)福井県(1)山梨県(0)長野県(0)岐阜県(0)静岡県(0)愛知県(0)
近畿地方
三重県(0)滋賀県(0)京都府(0)大阪府(1)兵庫県(0)奈良県(0)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(0)島根県(0)岡山県(0)広島県(0)山口県(0)
四国地方
徳島県(0)香川県(0)愛媛県(0)高知県(0)
九州地方
福岡県(0)佐賀県(0)長崎県(0)熊本県(0)大分県(0)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(0)