NIKKEI COMPASS

専門情報サイト

専門情報サイトの業界分類
専門情報サイトの業界定義
主にインターネットを通じて、各分野に特化した情報提供サービスサイトを運営する。

専門情報サイトの業界概要

収益源は情報提供料や有料会員収入
専門情報サイトとは、主にインターネットを通じて、各分野に特化した情報や機能を提供するサイトを指す。ただし、専門情報の中で「転職・求人情報」と「地図・気象情報」は、それぞれ独立した別の業界としているため、それらのサイトの運営会社は本区分には含まれていない(地図の周辺領域といえるルート検索サイトは本区分に含まれている)。
専門情報サイトには様々な分野のサービスが存在し、上場企業では30社弱が該当する。典型的なのは、「食」「住」「スポーツ」「旅」など、個人の生活の特定分野に関する情報を提供する企業である。専門情報サイトの収益源は、各社のサイトなどに情報を載せたい企業からの掲載料のほか、サイトを利用したい有料会員からの利用料などである。(2023/01/16調査)
業界レポートを閲覧することで、最新の業界動向・競合環境を簡単に理解・把握できます
日経業界分析レポートサンプル"
業界をイチから知るなら日経業界分析レポート 専門情報サイト2022年12月8日 PDF 16P
日経NEEDS業界解説レポートサンプル"
最近の動きをまとめて知るなら日経NEEDS業界解説レポート 専門情報サイト2023年1月23日 PDF

専門情報サイトの市場動向

飲食店情報サイト、予約は回復傾向、行動制限の緩和で
この業界に属する企業の売上高は、企業ごとに増減の幅や方向性が大きく異なり、「全体としてこのような傾向にある」とは言いにくい。
総務省によると、2021年末の携帯電話契約数は1億9999万件で前年末に比べ4.6%増えた。(2023/01/16調査)

専門情報サイトの競合状況

カカクコムの22年4~9月期、増収・営業増益、食べログ利用拡大
ぐるなびの2022年3月期(連結)の売上高は前の期比20.6%減の128億5200万円、営業損益は47億8600万円の赤字(前の期は74億2300万円の赤字)だった。新型コロナウイルス禍で経営が悪化した飲食店が広告費を絞り、ぐるなびが受け取る情報掲載料収入が減った。22年4~9月期(連結)の売上高は前年同期比3.9%減の58億6500万円、営業損益は16億900万円の赤字(前年同期は21億7000万円の赤字)だった。
ぐるなびは楽天と資本提携、サイトを大幅に改修する。トップ画面を20年3月末に刷新した。一つの画面で都道府県や地域、料理のジャンルを絞り込んで検索できるようにした。サービスを利用することで、楽天のポイントがたまることもわかりやすく伝える。21年8月には第三者割当増資で約33億円を調達すると発表した。楽天グループなどが引き受けた。22年12月には東証プライム上場で農業のデジタル化などを手掛けるオプティムを引受先とする第三者割当増資を実施し、約3億円を調達すると発表した。業績が苦戦するなか、運転資金や開発資金などを確保する。(2023/01/16調査)

専門情報サイトの関連企業

専門情報サイトに関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(0)青森県(0)岩手県(0)宮城県(0)秋田県(0)山形県(0)福島県(0)
関東地方
茨城県(0)栃木県(0)群馬県(0)埼玉県(0)千葉県(1)東京都(78)神奈川県(2)
中部地方
新潟県(0)富山県(0)石川県(0)福井県(0)山梨県(0)長野県(0)岐阜県(0)静岡県(0)愛知県(4)
近畿地方
三重県(0)滋賀県(0)京都府(0)大阪府(2)兵庫県(0)奈良県(0)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(0)島根県(0)岡山県(0)広島県(0)山口県(0)
四国地方
徳島県(0)香川県(0)愛媛県(0)高知県(0)
九州地方
福岡県(0)佐賀県(0)長崎県(0)熊本県(0)大分県(0)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(0)