NIKKEI COMPASS

Eコマース(企業間取引)

Eコマース(企業間取引)の業界分類
Eコマース(企業間取引)の業界定義
主に事業者向けに電子商取引サイトを運営し、商品取引を行う。

Eコマース(企業間取引)の業界概要

企業間EC市場規模、2021年は11.31%増の372兆円
Eコマース(企業間取引)とは電子商取引(EC)の形態のひとつで企業間(BtoB)の取引をさす。利用者は業務上必要とされるものを必要に応じてネットなどで発注することによって迅速に調達する。身近なものではオフィスの備品をはじめ、出張の際の航空券やホテルの手配、人材仲介なども含まれ、その内容は多岐に渡る。
経済産業省の調査によれば、2021年のBtoB市場規模は前年比11.3%増の372兆7000億円と順調に拡大した。(2022/11/11調査)
業界レポートを閲覧することで、最新の業界動向・競合環境を簡単に理解・把握できます
日経業界分析レポートサンプル"
業界をイチから知るなら日経業界分析レポート Eコマース(企業間取引)日本経済新聞社・2022年3月16日公開・PDF 19P
9,900
日経NEEDS業界解説レポートサンプル"
最近の動きをまとめて知るなら日経NEEDS業界解説レポート Eコマース(企業間取引)日本経済新聞社・2022年11月18日公開・PDF
2,750

Eコマース(企業間取引)の市場動向

クラウドを活用した企業間取引が拡大
クラウドを活用したBtoB(企業間取引)のEコマースが拡大している。大型の設備投資が不要ですぐにサービスを利用できるうえ、取引の多寡によって従量課金される点が支持を広げており、資金力に乏しい中小企業の利用が拡大するエンジンとなっている。特にSaaSと呼ぶネットワーク経由でソフトの機能を提供するサービスがけん引役となっている。
独SAPは2012年以降、企業間取引関連企業を相次いで買収しており、クラウド分野を強化している。(2022/11/11調査)

Eコマース(企業間取引)の競合状況

インフォマートの22年1~9月期、増収・営業減益、利用増加
クラウドを活用した大規模なBtoBのEコマースとしては、日立製作所の会員制企業間商取引基盤でSaaS型プラットフォームの「TWX-21」が代表例。国内を中心に24カ国・地域の5万社で利用されている。
インフォマートは飲食店と卸売業者間の受発注や企業同士の請求書のやりとりなどをオンラインで済ませるサービスを提供している。初期投資が必要なく取引量に応じて手数料を支払うサービスで、受発注や請求書の送付など「BtoBプラットフォーム」は、総合卸から生鮮、酒販などの卸会社や外食企業など約79万社が利用している。最近は請求書を電子化するサービスが伸びている。21年12月期の連結売上高は前の期比12.1%増の98億3500万円、営業利益は同30.0%減の10億3000万円だった。新型コロナウイルスの感染拡大の落ち着きで受発注サービスのシステム使用料が増加した。22年1~9月期(連結)の売上高は前年同期比12.8%増の80億6700万円、営業利益は同20.5%減の7億2300万円。プラットフォームの利用が増えた。22年12月期の売上高は前期比13%増の111億円を見込む。(2022/11/11調査)

Eコマース(企業間取引)に関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(1)青森県(0)岩手県(0)宮城県(0)秋田県(0)山形県(0)福島県(0)
関東地方
茨城県(0)栃木県(0)群馬県(0)埼玉県(0)千葉県(0)東京都(8)神奈川県(0)
中部地方
新潟県(0)富山県(0)石川県(0)福井県(0)山梨県(0)長野県(0)岐阜県(0)静岡県(0)愛知県(0)
近畿地方
三重県(0)滋賀県(0)京都府(0)大阪府(0)兵庫県(1)奈良県(0)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(0)島根県(0)岡山県(0)広島県(0)山口県(0)
四国地方
徳島県(0)香川県(0)愛媛県(0)高知県(0)
九州地方
福岡県(0)佐賀県(0)長崎県(0)熊本県(0)大分県(0)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(0)