NIKKEI COMPASS

イベント企画

イベント企画の業界分類
イベント企画の業界定義
主に企業向けの販促イベント、スポーツ・芸能イベント等、各種イベントの企画、運営、会場設営等を主要事業として行う。

イベント企画の業界概要

22年はリアルのイベント・商談会が本格的に復活、オンラインとの同時・ハイブリッド開催も
イベント企画業は、主に企業が実施する販促イベント、スポーツ・芸能イベントなど、各種イベントの企画、運営、会場設営などを行う。この業界の主なプレーヤーはイベントの元請けとなる広告代理店と、実際に企画・制作・運営を担当するサプライヤー。サプライヤーの周辺には、照明、音響、映像、舞台制作、モデル・コンパニオン・警備員の派遣、会場整理、撤収、清掃など様々な業務を提供する専門業者がある。
日本イベント産業振興協会がまとめた21年のイベント関連産業の市場規模(スポーツ・興行、コンサートなどの娯楽・エンターテインメントの周辺産業を除いた売上高)は5584億円で前年比46.9%増加した。しかし、コロナ前の19年の売上高(9591億円)の58.2%と6割弱にとどまる。周辺産業を含むイベント産業の21年の市場規模は1兆4999億円で同26.1%増加したが、19年の56.0%だった。(2022/12/21調査)
業界レポートを閲覧することで、最新の業界動向・競合環境を簡単に理解・把握できます
日経NEEDS業界解説レポートサンプル"
最近の動きをまとめて知るなら日経NEEDS業界解説レポート イベント企画2022年12月27日 PDF

イベント企画の市場動向

SP・PR・催事企画の売上高、22年10月は前年同月比1.9%減、減少率は小幅に、経産省調査
イベント企画業は、景気の良し悪しや災害、企業の広告費支出の動向などの影響を受ける。企業の販促イベントは広い意味で広告活動の一環。直接、投資が回収できるものではないため、業績が悪化すると、予算カットの対象となりやすい。
日本イベント産業振興協会がまとめた21年のイベント関連産業の市場規模のうち、「広告関連イベント」は1372億円で前年比28.9%増(コロナ前の19年比は38.1%減)。「イベント専業(舞台を含む)」は1625億円で同70.2%増(19年比20.0%減)、コンベンションは428億円で同86.1%増(19年比40.0%減)。(2022/12/21調査)

イベント企画の競合状況

サニーサイドアップグループ、22年7~9月期は35.8%の増収、コンビニ向け販促企画が貢献
イベント企画や展示会運営、関連のプロモーションなどの大手にコングレ、テー・オー・ダブリュー(TOW)、博展、セレスポなどがある。PR会社のサニーサイドアップグループは、PRや販促などのために様々なイベントを企画、実施している。
サニーサイドアップグループの22年6月期(連結)の売上高は161億9000万円、営業利益は7億6700万円で前の期比47.8%増。この期から収益認識会計基準を適用しており、従来基準で売上高を計算すると183億7900万円となり、前年同期比で実質19.7%増加した。主力事業会社のサニーサイドアップが、グループ各社の課題解決力を活用して総合的な提案を行い、多種多様な案件を獲得した。22年7~9月期の売上高は46億7600万円で前年同期比35.8%増。サニーサイドアップでは、コンビニエンスストア向けの販促企画が増え、グループの売上高に貢献した。(2022/12/21調査)

イベント企画に関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(1)青森県(1)岩手県(0)宮城県(0)秋田県(0)山形県(0)福島県(0)
関東地方
茨城県(0)栃木県(0)群馬県(0)埼玉県(0)千葉県(0)東京都(20)神奈川県(2)
中部地方
新潟県(0)富山県(0)石川県(1)福井県(0)山梨県(0)長野県(0)岐阜県(0)静岡県(0)愛知県(0)
近畿地方
三重県(0)滋賀県(0)京都府(3)大阪府(2)兵庫県(0)奈良県(0)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(0)島根県(0)岡山県(0)広島県(0)山口県(0)
四国地方
徳島県(0)香川県(0)愛媛県(0)高知県(0)
九州地方
福岡県(1)佐賀県(0)長崎県(0)熊本県(0)大分県(0)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(0)