NIKKEI COMPASS

出版(フリーペーパー)

出版(フリーペーパー)の業界分類
出版(フリーペーパー)の業界定義
フリーペーパーの出版発行事業を行う。

出版(フリーペーパー)の業界概要

Webとの融合で新機軸模索
フリーペーパーは、特定の読者を対象に無料で配布する定期発行の地域生活情報紙誌で、広告収入を主な収入源とする。
イベント、タウン、ショップ、求人求職、住宅不動産、グルメ・飲食店、レジャー・旅行など多岐にわたる生活情報を、記事と広告で伝える。新聞に近い形態をフリーペーパー、冊子形式のものをフリーマガジンと呼ぶが、双方をまとめてフリーペーパーとすることも多い。1970年代に入り、産経新聞社が「サンケイリビング」、東京新聞社(中日新聞東京本社)が「東京新聞ショッパー」を創刊したことから、フリーペーパー市場が勃興、80年代に540紙誌、2000年代には2000紙誌を超えたといわれた。(2023/01/08調査)
業界レポートを閲覧することで、最新の業界動向・競合環境を簡単に理解・把握できます
日経NEEDS業界解説レポートサンプル"
最近の動きをまとめて知るなら日経NEEDS業界解説レポート 出版(フリーペーパー)2023年1月13日 PDF

出版(フリーペーパー)の市場動向

全体は縮小傾向だが、ニッチ市場向けに成長余地
発行媒体の増加、市場の成熟とWeb広告への移行により、フリーペーパー・マガジンの市場は縮小傾向にある。電通が毎年まとめている「日本の広告費」によると、21年の「フリーペーパー」の広告費は1442億円(前年比6.3%減)だった。
そうした中、フィットネスジムや食品通販を行なうRIZAPグループが、17年のぱどに続き、18年4月にサンケイリビング新聞社株を取得、業界の1、2位企業を子会社にした。しかし、RIZAPは19年3月期に大幅な赤字転落。同社は事業整理のため19年12月、ぱどを売却した。(2023/01/08調査)

出版(フリーペーパー)の競合状況

地域密着、きめ細かい情報収集に強み
フリーペーパーの草分けで18年にRIZAPグループの傘下に入ったサンケイリビング新聞社(東京・千代田)は、全国45エリアでタブロイド版の週刊「リビング新聞」を発行する。17年3月期の売上高(単独)は97億円、それ以降は公表していない。幼稚園向け「あんふぁん」、「シティリビング」など多様なフリーペーパーを発行する。このうち「あんふぁん」「ぎゅって」などの子育て情報誌事業を20年4月、小学館集英社プロダクション子会社のこどもりびんぐ(東京・千代田)に譲渡した。
岡山県で「リビングおかやま」などを発行するフランチャイジーの岡山リビング新聞社(岡山市)については、19年6月、サンケイリビング新聞社が保有していた全株式(発行済み株式の65.6%)を山陽新聞社(岡山市)に譲渡した。さらに、同年10月に山陽新聞社と岡山放送が設立した新会社の山陽リビングメディア(岡山市)にフリーペーパーの発行事業を譲渡。岡山リビング新聞社は解散した。(2023/01/08調査)

出版(フリーペーパー)に関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(0)青森県(0)岩手県(0)宮城県(0)秋田県(0)山形県(0)福島県(1)
関東地方
茨城県(0)栃木県(0)群馬県(0)埼玉県(0)千葉県(1)東京都(3)神奈川県(2)
中部地方
新潟県(0)富山県(0)石川県(0)福井県(0)山梨県(0)長野県(0)岐阜県(0)静岡県(0)愛知県(0)
近畿地方
三重県(0)滋賀県(0)京都府(0)大阪府(1)兵庫県(0)奈良県(0)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(0)島根県(0)岡山県(0)広島県(0)山口県(0)
四国地方
徳島県(0)香川県(0)愛媛県(0)高知県(0)
九州地方
福岡県(0)佐賀県(0)長崎県(0)熊本県(0)大分県(0)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(0)