NIKKEI COMPASS

カジュアルレストラン(一般)

カジュアルレストラン(一般)の業界分類
カジュアルレストラン(一般)の業界定義
定食、洋食(ハンバーグ・ステーキ、パスタ・ピザ等)を、カジュアルな内装・サービスにて提供する飲食店を運営する。

カジュアルレストラン(一般)の業界概要

定食や洋食、カジュアルなサービスで提供
外食・飲食サービスの中で「カジュアルレストラン」は、定食や洋食(ハンバーグ・ステーキ、カレー、パスタ・ピザなど)などをカジュアルな内装とサービスで提供する飲食店である。カフェや喫茶店、ハンバーガー店、そば・うどん店、ラーメン店、牛丼店、寿司屋、居酒屋、ファミリーレストラン、持ち帰り弁当店はこのジャンルに含まない。
定食店では、1店か数店舗の伝統的な大衆食堂ではなく、明るく快適な雰囲気でこだわりのあるメニューや効率的な運営などを特徴とする業態を開発して、多店舗展開しているチェーンが登場している。大戸屋ホールディングス(HD)が展開する「大戸屋ごはん処」やフジオフードシステムが展開する「まいどおおきに食堂」、プレナスが展開する「やよい軒」などはその代表例。(2023/01/18調査)

カジュアルレストラン(一般)の市場動向

品質向上と効率追求の両立が課題
カジュアルレストランは日常的に利用しやすいニーズに応える業態で、そのためには、手頃な価格で一定のメニューの種類や味の良さを確保し、顧客満足度を高めることが求められる。それによってリピート客を増やすことができる。チェーン展開で、コストを抑制することも欠かせない。新規出店と不採算店舗の撤退、業態転換やメニューの工夫などのマネジメント力が必要で、こうしたノウハウを持つ企業がフランチャイズチェーン(FC)展開している場合も多い。また、国内での経営のノウハウを蓄積した上で、海外でチェーン展開しているケースも少なくない。
またこの業界では、食材となる米穀類や野菜などの収穫が天候に左右され、牛肉などの輸入食材に関しては疫病発生時の輸入制限や為替相場の変動が業績に影響する。このため食材調達から製造、物流、店舗での提供まで、一貫した設計と運営が求められる。食材加工工場や物流センターなどの効率アップで、品質向上とコスト削減を実現することも重要。「食の安全」を確保するため、店舗での衛生管理や食材のトレーサビリティーの確立、品質検査などの強化も必要だ。(2023/01/18調査)

カジュアルレストラン(一般)の競合状況

壱番屋、名古屋でカレーパンの新業態
カジュアルレストランでは、近年店舗数を拡大しているフジオフードシステム、和定食店「やよい軒」や持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」を手がけるプレナス、「大戸屋ごはん処」の大戸屋ホールディングス(HD)などが有力企業。
プレナスは2022年11月、社長ら創業家の資産管理会社である塩井興産によるTOB(株式公開買い付け)が成立したと発表した。今後、東証プライム市場での上場が廃止となる見通し。原材料価格や人件費の高騰などで外食産業を取り巻く環境が厳しさを増すなか、非公開化を通して経営の改革を進める。塩井興産は12月6日付で応募株すべてを買い付け、89.3%の議決権比率を握る。その後少数株主に対するスクイーズアウト(強制買い取り)を実施し、プレナスを完全子会社にする予定。持ち帰り弁当店で知られるプレナスは、素材や手づくり感にこだわった手頃な料金の和定食「やよい軒」を展開。22年3~8月期の連結決算は売上高が前年同期比3%増の732億円、純利益が同31%増の27億円だった。福岡と東京の2本社制をとっていたが、23年1月から東京に一本化した。(2023/01/18調査)

カジュアルレストラン(一般)に関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(0)青森県(0)岩手県(0)宮城県(0)秋田県(0)山形県(0)福島県(0)
関東地方
茨城県(0)栃木県(0)群馬県(0)埼玉県(0)千葉県(0)東京都(9)神奈川県(2)
中部地方
新潟県(1)富山県(0)石川県(0)福井県(0)山梨県(0)長野県(1)岐阜県(0)静岡県(0)愛知県(3)
近畿地方
三重県(0)滋賀県(1)京都府(0)大阪府(7)兵庫県(1)奈良県(0)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(0)島根県(0)岡山県(2)広島県(1)山口県(0)
四国地方
徳島県(0)香川県(0)愛媛県(1)高知県(0)
九州地方
福岡県(0)佐賀県(0)長崎県(0)熊本県(0)大分県(1)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(1)