NIKKEI COMPASS

ディスカウントストア

ディスカウントストアの業界分類
ディスカウントストアの業界定義
ディスカウントストア(家庭用品や日用雑貨を中心に、低価格にて販売する)を運営する。100円ショップ、家電量販店、ドラッグストアを除く。
ビジネステーマ
会員制スーパー

ディスカウントストアの業界概要

大規模DSチェーンはPBの開発に積極的、スケールメリットで安さを追求
ディスカウントストア(DS)とは食品や日用品など生活必需品を低価格で販売する小売業態。多くの場合、競合店がある地域で最も安い価格を標ぼうする。このために、メーカーや卸の過剰在庫の格安な仕入れ、品目数を絞り込んだスケールメリットの追求、低価格のプライベートブランド(PB)の開発などでコストダウンを図っている。全国で流通しているメーカー品のナショナルブランド(NB)については、商品の種類を絞り込み、仕入れ量を増やすことで安く仕入れるのが一般的だ。
食品、日用品、衣料、家庭用品、家電製品など品ぞろえが総合的な業態を総合DSと呼び、酒類、食品、情報機器など商品分野を特定したDSと区別する。(2023/01/06調査)
業界レポートを閲覧することで、最新の業界動向・競合環境を簡単に理解・把握できます
日経業界分析レポートサンプル"
業界をイチから知るなら日経業界分析レポート ディスカウントストア2022年1月14日 PDF 19P
日経NEEDS業界解説レポートサンプル"
最近の動きをまとめて知るなら日経NEEDS業界解説レポート ディスカウントストア2023年1月13日 PDF

ディスカウントストアの市場動向

低価格を訴求するドラッグストアやネット通販業者との競争も激化
ディスカウントストア(DS)が主力の企業では、近年、プライベートブランド(PB)を強化して収益性を高めている。総合DS最大手で、「ドン・キホーテ」などを展開するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)はその代表格。スーパーマーケット(SM、食品スーパー)の企業がディスカウントストアを展開しているケースもある。
大型のドラッグストアは低価格の食品や生活用品を強化している。ネット通販業者も低価格を訴求しており、DSを取り巻く競争環境は厳しい。PBの強化はこうした他業態との差異化を図る狙いもある。(2023/01/06調査)

ディスカウントストアの競合状況

ビッグ・エー、店舗から最短10分での配送サービス、導入店を月内に首都圏20店へ拡大
ディスカウントストア(DS)の最大手は、「ドン・キホーテ(ドンキ)」などを展開するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)。大手には首都圏の食品DSのオーケー、トライアルカンパニーなどがある。
PPIHは、量感・楽しさのある売り場作りが強み。22年6月期(連結)のDS事業の売上高は1兆3274億円で前の期比12.2%増、営業利益は722億円で同30.7%増。主力の「ドン・キホーテ」などで日用品を中心に販売を伸ばした。DS事業の既存店売上高は同1.1%増加した。事業会社別売上高ではドン・キホーテは6904億円で前の期比3.7%増、UDリテールは2103億円で同14.1%増。傘下のユニーのGMSなどを含むPPIH全体の売上高は1兆8312億円。収益認識会計基準を適用しているが、前の期との単純比較で7.2%増加した。(2023/01/06調査)

ディスカウントストアに関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(0)青森県(0)岩手県(0)宮城県(0)秋田県(0)山形県(0)福島県(0)
関東地方
茨城県(0)栃木県(0)群馬県(0)埼玉県(1)千葉県(1)東京都(3)神奈川県(0)
中部地方
新潟県(0)富山県(0)石川県(0)福井県(1)山梨県(0)長野県(0)岐阜県(0)静岡県(1)愛知県(0)
近畿地方
三重県(0)滋賀県(0)京都府(0)大阪府(1)兵庫県(0)奈良県(0)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(0)島根県(0)岡山県(0)広島県(0)山口県(0)
四国地方
徳島県(0)香川県(0)愛媛県(0)高知県(0)
九州地方
福岡県(2)佐賀県(1)長崎県(0)熊本県(0)大分県(0)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(0)