NIKKEI COMPASS

賃貸住宅・企画・管理

賃貸住宅・企画・管理の業界分類
賃貸住宅・企画・管理の業界定義
自ら所有する、もしくは地主からの依頼に基づき、賃貸住宅、アパート、マンションの建設、管理募集、仲介等を主要事業として行う。
ビジネステーマ
CLT製造

賃貸住宅・企画・管理の業界概要

21年度の賃貸住宅建設は5年ぶり増
賃貸住宅の建築、管理はオーナー自らが行う場合と、それを支援する企業に委託する場合がある。ここで取り上げる賃貸住宅事業は支援企業が担う事業で、企画提案事業と、建築後の運営管理事業に分けることができる。賃貸住宅は低層2階建てのアパートから高層賃貸マンションまで様々なタイプがあり、オーナーの資産状況や建設予定地により最適な活用策が提案される。
賃貸住宅開発業者やハウスメーカーが施主・オーナーとなる個人・法人に企画提案し、建築を請け負う。運営管理は管理会社に委託するケースと、賃貸住宅建設・管理会社によるサブリース(一括して借り上げ)などがある。近年は大手を中心に、サブリースによる賃貸物件の管理が主流となっている。(2022/11/13調査)
業界レポートを閲覧することで、最新の業界動向・競合環境を簡単に理解・把握できます
日経業界分析レポートサンプル"
業界をイチから知るなら日経業界分析レポート 賃貸住宅・企画・管理日本経済新聞社・2022年7月11日公開・PDF 22P
9,900
日経NEEDS業界解説レポートサンプル"
最近の動きをまとめて知るなら日経NEEDS業界解説レポート 賃貸住宅・企画・管理日本経済新聞社・2022年11月18日公開・PDF
2,750

賃貸住宅・企画・管理の市場動向

首都圏の賃貸成約件数が減少傾向に
賃貸住宅市場をめぐる最大の問題は、人口減少による需要減少だ。この傾向は地方都市部で以前から指摘されていたが、首都圏周辺部でも顕著になりつつある。
総務省が5年ごとに実施する「住宅・土地統計調査」によると、18年の既存賃貸住宅(貸家)の数は1906万戸で、13年より2.9%増加した。賃貸住宅のうち、民間賃貸住宅は1529万戸。賃貸住宅の空き家は432万戸で、空き家比率は22.7%と、13年の23.2%からやや低下したが、高い水準が続く。(2022/11/13調査)

賃貸住宅・企画・管理の競合状況

レオパレスが債務超過解消
賃貸住宅事業の参入プレーヤーは、賃貸住宅専門のデベロッパー、総合不動産デベロッパー、ハウスメーカー、地方・地域に根ざした工務店などの中小事業者の4つに大きく区分できる。供給戸数は賃貸専門のデベロッパーが最も多く、総合デベロッパーは高級な物件を得意とすることから、供給量は多くない。
賃貸専門デベロッパーは大東建託、レオパレス21、東建コーポレーションなどが有力企業。建設した住宅をサブリースで借り上げ、管理運営する。(2022/11/13調査)

賃貸住宅・企画・管理に関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(0)青森県(0)岩手県(0)宮城県(0)秋田県(0)山形県(0)福島県(0)
関東地方
茨城県(0)栃木県(0)群馬県(0)埼玉県(0)千葉県(0)東京都(28)神奈川県(3)
中部地方
新潟県(0)富山県(0)石川県(1)福井県(0)山梨県(0)長野県(0)岐阜県(0)静岡県(1)愛知県(3)
近畿地方
三重県(1)滋賀県(0)京都府(3)大阪府(6)兵庫県(1)奈良県(0)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(0)島根県(0)岡山県(0)広島県(1)山口県(0)
四国地方
徳島県(1)香川県(0)愛媛県(1)高知県(0)
九州地方
福岡県(1)佐賀県(0)長崎県(0)熊本県(0)大分県(0)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(0)