NIKKEI COMPASS

マンション開発・分譲

マンション開発・分譲の業界分類
マンション開発・分譲の業界定義
マンション等の集合住宅を中心に企画、開発、販売を行う。

マンション開発・分譲の業界概要

国内マンション新設着工、年11万戸規模
不動産開発は都市インフラのうち、住宅などの住環境、オフィスビルや商業施設などの都市環境を整備する事業で、不動産開発会社は「デベロッパー」とも呼ばれる。不動産協会によると、国内総生産(GDP)に占める比率は1割強で、法人企業統計をもとにした従業員1人当たりの付加価値額が1651万円と全産業平均を上回る(2018年調べ)。ここではこのうち、「マンション」の開発・分譲を手がける分野を対象とする。
開発対象の土地を確保し、開発計画や資金計画を策定、施工業者への発注、分譲まで一括して手がけるほか、管理業務や中古物件の流通などの周辺業務も事業領域とする企業も多い。地価の変動リスクや金利負担を軽減するため、竣工前に販売活動を展開し、売り切るビジネスモデルが一般的だが、資金力に余裕のある大手は不動産価格の動向を見ながら開発用地を仕入れ、販売用不動産として所有したうえ、マンション市況や資材価格、建設費の動向を踏まえて計画的にマンションを建設、供給するケースが多い。(2022/11/04調査)
業界レポートを閲覧することで、最新の業界動向・競合環境を簡単に理解・把握できます
日経業界分析レポートサンプル"
業界をイチから知るなら日経業界分析レポート マンション開発・分譲日本経済新聞社・2022年11月10日公開・PDF 22P
9,900
日経NEEDS業界解説レポートサンプル"
最近の動きをまとめて知るなら日経NEEDS業界解説レポート マンション開発・分譲日本経済新聞社・2022年11月11日公開・PDF
2,750

マンション開発・分譲の市場動向

首都圏マンション販売、1~6月一転減少
国土交通省の建築着工統計調査報告によると、2021年の分譲マンションの着工戸数は前年比6.1%減の10万1292戸。2年連続で減少した。三大都市圏別では首都圏4万9962戸(7.3%減)、中部圏8685戸(9.2%減)、近畿圏2万916戸(18.8%減)。三大都市圏を除くその他地域は2万1729戸(16.6%増)となった。
不動産経済研究所(東京・新宿)が発表した22年1~6月の首都圏の新築マンション発売戸数は前年同期比4.2%減の1万2716戸と、当初予想の前年比プラスから一転して減少に転じた。契約率は好調の目安となる7割を上回ったが、価格高騰や開発案件の減少を受け、不動産会社は慎重姿勢に転じつつある。年間の発売戸数も前年比3.4%減の3万2500戸程度と、一転して前年比減少を見込む。(2022/11/04調査)

マンション開発・分譲の競合状況

大和ハウス、中国で大規模マンション建設
オフィス、商業施設などを含めて総合的に開発事業をする不動産大手やマンション専業大手に加えて、沿線開発を柱とした鉄道事業者、戸建て主体の総合住宅メーカー、商社や金融なども市場に参入。特定の地域を地盤に成長する新興・中堅企業もあり、参入障壁の低さからプレーヤーは多彩といえる。
不動産経済研究所(東京・新宿)が調査した2021年の全国の新築マンション発売戸数ランキング(首都圏は投資用物件を除く)によると、野村不動産(4014戸)が9年ぶりにトップに立った。2位は三井不動産レジデンシャル(3982戸)で、昨年首位だったプレサンスコーポレーション(3950戸)は3位に沈んだ。4位は大和ハウス工業(3634戸)、5位は三菱地所レジデンス(2214戸)と続いた。(2022/11/04調査)

マンション開発・分譲の関連企業

マンション開発・分譲に関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(2)青森県(0)岩手県(0)宮城県(0)秋田県(0)山形県(0)福島県(0)
関東地方
茨城県(0)栃木県(0)群馬県(0)埼玉県(2)千葉県(0)東京都(57)神奈川県(3)
中部地方
新潟県(0)富山県(0)石川県(0)福井県(0)山梨県(0)長野県(0)岐阜県(0)静岡県(1)愛知県(3)
近畿地方
三重県(0)滋賀県(0)京都府(0)大阪府(11)兵庫県(5)奈良県(0)和歌山県(1)
中国地方
鳥取県(0)島根県(0)岡山県(0)広島県(0)山口県(2)
四国地方
徳島県(0)香川県(3)愛媛県(1)高知県(0)
九州地方
福岡県(7)佐賀県(0)長崎県(0)熊本県(0)大分県(0)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(0)