NIKKEI COMPASS

建築材料(タイル・煉瓦・石材)

建築材料(タイル・煉瓦・石材)の業界分類
建築材料(タイル・煉瓦・石材)の業界定義
屋根瓦、タイル等、建材用の窯業製品、高温用断熱材や、鋳造、土木建築、ベントナイト(粘土)及び、窯業などで使用する石灰系耐火材料(マグネシア、カルシア)、石膏ボード等の建築用石材を製造(含む工事取付)する。耐火煉瓦を含む。

建築材料(タイル・煉瓦・石材)の業界概要

戸建て外壁材の8割弱は窯業系サイディング
屋根瓦、タイルなどの建材用窯業製品や高温用断熱材、鋳造・土木建築・窯業などで使用する石灰系耐火材料(マグネシア、カルシア)、石こうボードなどを製造する。タイルには磁器質タイル(ほとんど水を吸収せず、耐凍害性、耐摩耗性に優れる)、せっき質タイル(わずかに水を吸収、耐候性に優れる)、陶器質タイル(吸水性が高い)、土器質レンガ(素地が多孔質)などがある。建築用石材には大理石、石灰岩、蛇紋岩、砂岩類、粘板岩類(スレート)、凝灰石類(代表格が「大谷石」)、安山岩類、人造大理石などがある。
タイルの需要先には建築、住宅、歩道・公園などの公共施設がある。モザイクタイルは1枚当りの単価が安く、施工が比較的簡単で、マンションの外壁用が主力。タイル製品は意匠性や機能性を向上させる高級建築材料として捉えられている。一方、レンガは粘土や泥を混ぜたものを窯で焼き固めたり圧縮したりして作る建築材料。耐火レンガは炉材としても活用される。難点は構造材として使う場合、地震に弱いこと。戸建て住宅市場で一定のシェアを確保しているのが窯業系サイディングだ。サイディングとは「羽目板」のことで、伝統的に羽目板には木材が使われていたが、戦後の住宅の不燃化要請の高まりを受けて木製サイディングにとって代わったのがモルタルだった。さらにこれを代替したのが窯業系サイディング。主原料はモルタル同様セメントだが、モルタルがセメントに砂と水を混ぜるのに対して、窯業系は砂、砂利以外に混和剤を混ぜて軽量化を実現した。日本サッシ協会の2021年9月の調査では、戸建て住宅の外壁材の材料構成比率は、窯業系サイディングが76.8%と圧倒した。モルタルは7.6%だった。(2022/12/14調査)
業界レポートを閲覧することで、最新の業界動向・競合環境を簡単に理解・把握できます
日経NEEDS業界解説レポートサンプル"
最近の動きをまとめて知るなら日経NEEDS業界解説レポート 建築材料(タイル・煉瓦・石材)2022年12月20日 PDF

建築材料(タイル・煉瓦・石材)の市場動向

窯業系サイディングの販売、21年0.9%減
経済産業省の生産動態統計での2021年の出荷量は、タイルが前年比7.8%減の1320万平方メートル、耐火レンガが9.0%増の42万トン。タイルには用途別に外装タイル、内装タイル、床タイル、モザイクタイルがある。外装タイルは高級感をセールスポイントに、住宅メーカーを中心として全面採用が増えている。タイル外壁材は機能面や高級感を表わす化粧材としての資産価値が高いが、高価格と施工性がネックで全体的な採用率はまだ低い。メーカーはセルフクリーニング機能を持った防汚タイルに注力し、高機能商品の採用率が高まっている。
日本窯業外装材協会が調べた21年の窯業系サイディングの販売量は前年比0.9%減の9270万平方メートル。5年連続で減少した。ここ数年の住宅着工の伸び悩みが影響している。石膏ボード工業会の調査では、21年の石こうボードの国内出荷量は前年比0.9%減の4億5477万平方メートル。2年連続の減少。オフィスの内装など非住宅向けの回復が遅れている。石こうボードは主に住宅の壁紙の下地に使われる。最近は石こうボード生産量と新設住宅着工戸数の動きがほぼ連動している。22年1~10月の出荷量は1.2%増だった。(2022/12/14調査)

建築材料(タイル・煉瓦・石材)の競合状況

クラレ、人工大理石事業から撤退
LIXILは国内トップとして内装・外装・床などあらゆる種類のタイルをそろえる。2011年に建材大手の旧トステムと製陶大手の旧INAXを母体に住設機器5社が経営統合して誕生した。住宅市場の縮小に伴い、国内事業をスリム化する。ウオーターテクノロジー事業などの国内営業拠点を半分以下に減らすメドを22年3月期中につける考え。22年4~9月期のタイル製品は前年同期比2.7%の減収だった。22年4月に高い意匠性と機能を持つINAXブランドの内外装床タイルを発売。イタリアの最新デザインデータを使った高精細加飾を施し、素材感と質感を高めた。22年10月にタイルを10~20%値上げした。
国内では建設業者向け会員制建材店事業を15年に分離し、新会社の建デポに移管。建デポにはユニゾン・キャピタルのファンドが過半を出資し、LIXILが残りを出資したが、経営は苦しい状態が続いたため、同業態の「コーナンPRO」を運営するコーナン商事に19年6月に売却した。(2022/12/14調査)

建築材料(タイル・煉瓦・石材)の関連企業

株式会社エーアンドエーマテリアル
(建材事業本部) 1)不燃建築材料の製造、販売及び工事の設計 2)耐火二層管の販売(耐火二層管、耐火二層管専用目地処理材) 3)鉄骨耐火被覆...

建築材料(タイル・煉瓦・石材)に関連するビジネステーマ

建築材料(タイル・煉瓦・石材)に関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(0)青森県(0)岩手県(0)宮城県(0)秋田県(0)山形県(0)福島県(1)
関東地方
茨城県(2)栃木県(0)群馬県(0)埼玉県(0)千葉県(0)東京都(6)神奈川県(1)
中部地方
新潟県(0)富山県(1)石川県(0)福井県(0)山梨県(0)長野県(0)岐阜県(8)静岡県(0)愛知県(10)
近畿地方
三重県(1)滋賀県(0)京都府(0)大阪府(3)兵庫県(1)奈良県(0)和歌山県(0)
四国地方
徳島県(0)香川県(0)愛媛県(0)高知県(0)
九州地方
福岡県(0)佐賀県(0)長崎県(0)熊本県(0)大分県(0)宮崎県(1)鹿児島県(0)沖縄県(0)