NIKKEI COMPASS

健康・機能性食品

健康・機能性食品の業界分類
健康・機能性食品の業界定義
機能性表示食品、健康食品などを製造する。

健康・機能性食品の業界概要

22年度の市場規模、1兆円規模か
この業界は健康食品、機能性食品、医薬部外品などを製造する。健康食品は「摂取することで健康の維持・増進が期待される食品」と説明されることが多く、ヨーグルトや小魚といった一般的な食品から、機能性食品や栄養補助食品、サプリメントまで包含している。健康食品については法に規定はなく、厳密な定義もない。このため製品に言及する場合、「いわゆる健康食品」という表現が使われることが多い。
市場規模についても、健康食品の定義の仕方によって様々な推測値が公表されている。調査会社の富士経済(東京・中央)によると、2020年の機能志向食品(サプリ)市場は9483億円と前年比0.6%増加した。矢野経済研究所によると、国内健康食品市場規模は2022年度に前年度比2.0%増の9031億円に拡大する。(2023/01/14調査)
業界レポートを閲覧することで、最新の業界動向・競合環境を簡単に理解・把握できます
日経業界分析レポートサンプル"
業界をイチから知るなら日経業界分析レポート 健康・機能性食品2022年12月8日 PDF 24P
日経NEEDS業界解説レポートサンプル"
最近の動きをまとめて知るなら日経NEEDS業界解説レポート 健康・機能性食品2023年1月23日 PDF

健康・機能性食品の市場動向

高齢化社会進展で市場は拡大基調に
健康食品市場は昨今の健康ブームに乗って拡大基調にある。関節炎の予防効果が期待されるコンドロイチンやグルコサミン、カルシウムなどを含む健康食品は高齢化社会の進展とともに売り上げを伸ばしている。一方で、トクホ市場は縮小気味だ。
トクホ市場にはいくつか課題がある。1つは製品開発にコストがかさむこと。トクホ表示の許可を得るには、医薬品開発における臨床試験に匹敵する科学的データをそろえる必要がある。保健効果を間接的に伝えられるのであれば、コストをかけて許可を得る意味は薄れる。(2023/01/14調査)

健康・機能性食品の競合状況

オリックス、健康食品大手のDHC買収
健康食品業界のプレーヤーとしては、食品メーカー、酒類・飲料メーカー、製薬会社、化粧品メーカー、サプリメントや健康ドリンクなど「いわゆる健康食品」の製造・販売を本業とする企業、さらにそれらの原料を製造するメーカーがある。
この市場では特定の食品の効能が注目され、需要が一気に拡大するケースが少なくない。最近では、チョコレートがその例だ。全日本菓子協会によると2021年のチョコの小売り金額は前年比0.9%増の5520億円。2019年の5630億円を下回ったものの、菓子カテゴリーではトップ。カカオポリフェノールが持つ健康効果が着目され、子供のおやつから大人の健康食品としての需要が増えている。チョコ販売額は2000年代には4000億円台前半で推移していたが、10年から17年にかけて3割拡大した。(2023/01/14調査)

健康・機能性食品の関連企業

養命酒製造株式会社
・「養命酒」の製造販売 ・酒類、医薬品等の製造販売 ・食料品の製造販売 ・通信販売業 ・飲食店および売店の経営 ・発電事業及び電気の供給、販...
森下仁丹株式会社
医薬品、医薬部外品の製造及び販売

健康・機能性食品に関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(2)青森県(0)岩手県(0)宮城県(0)秋田県(0)山形県(0)福島県(0)
関東地方
茨城県(0)栃木県(0)群馬県(0)埼玉県(0)千葉県(0)東京都(10)神奈川県(0)
中部地方
新潟県(1)富山県(1)石川県(0)福井県(0)山梨県(0)長野県(0)岐阜県(1)静岡県(1)愛知県(0)
近畿地方
三重県(0)滋賀県(0)京都府(2)大阪府(3)兵庫県(1)奈良県(0)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(0)島根県(0)岡山県(0)広島県(0)山口県(0)
四国地方
徳島県(0)香川県(0)愛媛県(0)高知県(0)
九州地方
福岡県(1)佐賀県(0)長崎県(0)熊本県(0)大分県(0)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(1)