NIKKEI COMPASS

文具・事務用品・OAサプライ

文具・事務用品・OAサプライの業界分類
文具・事務用品・OAサプライの業界定義
筆記用具、ファイル、バインダー等の文具・事務用品及び各種OA機器サプライ品を製造する。
ビジネステーマ
消しゴム製造

文具・事務用品・OAサプライの業界概要

21年度の市場規模は4118億円、少子化やデジタルで17年度比11%減
この業界は筆記具やファイルなどの文具・事務用品とOA機器サプライ品を製造・販売する。文具は商品分野の幅が広く、筆記具やファイルなど各分野に専業メーカーが数多く存在する。矢野経済研究所によると、少子化やオフィス環境のデジタル化などの影響を受け、国内の文具・事務用品市場は17年度から縮小傾向にある。2021年度の出荷額は4118億円と17年度比で11%近く減少した。この中で筆記具では「消せる」「滑らか」などの付加価値商品は比較的好調だ。
日本国内の文具店の数は1980年代のピーク時に3万店に上ったが、現在は7千店に減少。量販店や雑貨店、ネット通販が台頭したことで、専門店が苦戦している。文具店の減少に伴い、卸業者も減少している。外資系企業があまり国内に進出しておらず、業界内での再編の動きも少ない。背景にはオーナー企業が多いことが挙げられ、これも特徴の1つとなっている。(2022/11/05調査)
業界レポートを閲覧することで、最新の業界動向・競合環境を簡単に理解・把握できます
日経業界分析レポートサンプル"
業界をイチから知るなら日経業界分析レポート 文具・事務用品・OAサプライ日本経済新聞社・2022年9月8日公開・PDF 19P
9,900
日経NEEDS業界解説レポートサンプル"
最近の動きをまとめて知るなら日経NEEDS業界解説レポート 文具・事務用品・OAサプライ日本経済新聞社・2022年11月18日公開・PDF
2,750

文具・事務用品・OAサプライの市場動向

新型コロナの感染対策を意識した文具続々
1990年代にインターネット通信販売が普及し始めると、国内の文具業界は大きな変化を迫られた。メーカーにとっては低価格化、問屋にとっては取引先の減少を招いた。さらに景気低迷に伴う企業の経費節減の影響で、特に法人向けの問屋では倒産した企業も少なくない。一方、メーカーは個人向けの高機能文具で勝負するようになってきた。
2000年以降は文具が個人の嗜好を表現するアイテムとして注目されるようになってきた。このため雑貨店などで販売されている個人向けの高機能文具で好調な商品が出ている。(2022/11/05調査)

文具・事務用品・OAサプライの競合状況

コクヨ、ぺんてる株をプラスに売却、3年間の争奪戦に幕
商品分野によってプレーヤー企業は細かく分かれる。筆記具ではパイロットコーポレーション、三菱鉛筆など、ファイルではキングジム、ナカバヤシ、リヒトラブなど。ホチキスではマックスが大手である。
総合メーカーはコクヨとプラスが代表格。「キャンパスノート」が有名なコクヨは紙製品に強く、プラスは修正テープなど成形品に強い。市場占有率ではコクヨが首位とみられる。(2022/11/05調査)

文具・事務用品・OAサプライの関連企業

オーベクス株式会社
サインペン先、コスメティック用ペン先の製造販売 医療機器の製造販売
三菱鉛筆株式会社
鉛筆、シャープペンシル、シャープ替芯、油性・水性ボールペン、油性・水性サインペン等の筆記具、乾電池、OA用紙、ファイル等のOA関連商品、また...

文具・事務用品・OAサプライに関連するビジネステーマ

文具・事務用品・OAサプライに関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(2)青森県(0)岩手県(0)宮城県(0)秋田県(0)山形県(0)福島県(0)
関東地方
茨城県(0)栃木県(0)群馬県(0)埼玉県(0)千葉県(0)東京都(23)神奈川県(0)
中部地方
近畿地方
三重県(0)滋賀県(0)京都府(0)大阪府(10)兵庫県(0)奈良県(2)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(0)島根県(0)岡山県(0)広島県(3)山口県(0)
四国地方
徳島県(0)香川県(0)愛媛県(1)高知県(0)
九州地方
福岡県(0)佐賀県(0)長崎県(0)熊本県(0)大分県(0)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(0)