NIKKEI COMPASS

業務用厨房機器

業務用厨房機器の業界分類
業務用厨房機器の業界定義
レストラン等の外食産業で使用される調理用機器、ガスコンロ、電気冷蔵庫等を製造する。

業務用厨房機器の業界概要

コンビニ総菜内製化など需要に変化
業務用厨房機器を製造する業界である。 業務用厨房機器には調理機器(フードスライサー、ミキサー、野菜洗浄機など)、加熱機器(フライヤー、オーブン、レンジ、コンロなど)、炊飯機器、洗浄機器(食器洗浄機、炊飯釜洗浄機、弁当箱洗浄機など)、冷却機器(冷凍冷蔵機器、製氷機器)、飲料供給機器、食材供給機器などがある。
市場は厨房衛生管理の推進、調理のシステム化・高度化・高品質化・マニュアル化、厨房環境の改善、電化厨房機器の普及など、変化している。外食店を中心とした外食産業は材料費の高騰や人材確保難など厳しい経営環境が続いている。(2022/11/13調査)
業界レポートを閲覧することで、最新の業界動向・競合環境を簡単に理解・把握できます
日経NEEDS業界解説レポートサンプル"
最近の動きをまとめて知るなら日経NEEDS業界解説レポート 業務用厨房機器日本経済新聞社・2022年11月18日公開・PDF
2,750

業務用厨房機器の市場動向

コロナ禍直撃だが、省力化・衛生対応に新たな商機
業務用厨房市場は総じて低成長の傾向が続いている。店舗数を拡大中の外食チェーン店、ファストフード店からの大口需要や、学校給食センターなどの官需は発生年度によって変動が大きく、厨房機器メーカーの業績を左右する。
2010年代後半からは、高級レストランや料亭などの単価上昇が追い風になって、特殊な厨房機器の開発競争が活発になってきた。また、中食需要の増大を反映して、食品スーパー向けやコンビニ向けの業務用機器の投入も活発だ。中食業界では店舗で働く人材不足が深刻だが、それを補うためにプロの調理師並みの調理を自動化することを目指す厨房機器(フライヤーや製麺機など)の導入が加速している。こうした新しい需要に対応する新興メーカーも台頭している。(2022/11/13調査)

業務用厨房機器の競合状況

スーパーやデリバリー市場拡大に期待
19年までは飲食店舗での人手不足とインバウンド観光客拡大にいかに対応するかが焦点だったが、新型コロナ禍で需要が激減した。その後は経済活動再開に伴い、経営環境は改善されつつある。
マルゼンの22年2月期決算は、売上高が前の期比16.3%増の528億円、営業利益は同13.0%増の38億円と増収増益になった。前の期はコロナ禍で減収減益だったが、食品スーパーや飲食業界、業態転換を図る外食産業向けが好調だった。19年11月には、倒産した老舗厨房機器メーカー、オザキの事業を継承。20年11月、「オザキ」ブランドの業務用ガスコンロを発売した。(2022/11/13調査)

業務用厨房機器に関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(0)青森県(0)岩手県(0)宮城県(0)秋田県(0)山形県(0)福島県(0)
関東地方
茨城県(0)栃木県(0)群馬県(1)埼玉県(1)千葉県(0)東京都(11)神奈川県(0)
中部地方
新潟県(0)富山県(0)石川県(1)福井県(0)山梨県(0)長野県(0)岐阜県(0)静岡県(1)愛知県(5)
近畿地方
三重県(0)滋賀県(0)京都府(0)大阪府(2)兵庫県(0)奈良県(0)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(0)島根県(0)岡山県(0)広島県(0)山口県(0)
四国地方
徳島県(0)香川県(1)愛媛県(0)高知県(0)
九州地方
福岡県(0)佐賀県(0)長崎県(0)熊本県(0)大分県(0)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(0)