NIKKEI COMPASS

医療用機器

医療用機器の業界分類
医療用機器の業界定義
内視鏡、心電計、CT、MRI、超音波検査機器等、医療に使用される機器を製造する。

医療用機器の業界概要

中国が年平均20%成長、20年には日本上回る見通し
医薬品医療機器法による医療機器は診断機器、治療機器(ME機器、手術用・処置用器具)、医療用具(カテーテルや注射器など)、歯科用機器・材料、眼科用機器・材料に区分される。
厚生労働省「薬事工業生産動態統計年報」によると、2018年の国内生産金額は1兆9497億円(前年比2.0%減)。内訳は医療用具や輸血・輸液器具・縫合器具等の処置用機器5292億円、画像診断システム3070億円、画像診断用X線関連装置及び用具455億円、生体現象計測・監視システム1812億円、医用検体検査機器1832億円、施設用機器255億円、インプラントや体外循環、人工呼吸器等の生体機能補助・代行機器2957億円、治療用又は手術用機器405億円、歯科用機器522億円、歯科材料1305億円、コンタクトレンズを含めた眼科用品及び関連製品636億円、家庭用医療機器666億円などとなっている。輸入金額は1兆6205億円(同1.7%減)、輸出金額は6676億円(同7.9%増)。(2022/11/03調査)
業界レポートを閲覧することで、最新の業界動向・競合環境を簡単に理解・把握できます
日経業界分析レポートサンプル"
業界をイチから知るなら日経業界分析レポート 医療用機器日本経済新聞社・2022年1月13日公開・PDF 22P
9,900
日経NEEDS業界解説レポートサンプル"
最近の動きをまとめて知るなら日経NEEDS業界解説レポート 医療用機器日本経済新聞社・2022年11月11日公開・PDF
2,750

医療用機器の市場動向

ウエアラブル機器活用の動き広がる
2018年の製品別生産金額は診断・検査装置の全身用X線CT装置が732億円、汎用超音波画像診断装置380億円、X線透視撮影装置189億円、電子内視鏡384億円、内視鏡用医療電気機器209億円、治療機器では透析器524億円、酸素供給装置193億円、血液浄化器463億円、人工腎臓装置342億円、人工心肺装置164億円など。医療用具では滅菌済み血管用チューブ及びカテーテル2298億円、人工関節、人工骨および関連用品358億円、ステント289億円などとなっている。
政府は人工知能(AI)を積極的に利用する「AI病院」の実現に5年間で百数十億円を投じ、カルテの自動入力や画像診断、最適な治療法の選択などに「AI医療」を取り入れたモデル病院を22年度末までに10病院つくる。AIを用いた診断機器や医療サービスの市場は16年の約7億ドル(約790億円)から22年には10倍以上の約80億ドルに拡大する、との予想もある。(2022/11/03調査)

医療用機器の競合状況

オリンパス、祖業の顕微鏡など分社化
キヤノンメディカルシステムズは、2019年の世界シェアでCTやMRIなどの画像診断機器で4位(9.4%)。3社で約65%のシェアを握るシーメンスヘルスケア、GE、フィリップスに次ぐ。18年7月、がん遺伝子検査事業を手がけるアクトメッド(東京・新宿)の株式の66.6%を取得し、同事業に参入した。同年11月には、AI技術などを使った医療用画像解析ソフトウエア開発のエルピクセル(東京・千代田)に出資した。20年からはコニカミノルタと、中小の診療所向けのX線撮影関連機器や画像管理システムの販売で協業する。
キヤノンメディカルは海外企業買収にも意欲的だ。22年2月末、デンマークのX線診断装置メーカー、ノルディスク・レントゲン・テクニック(NRT)を買収したのに続き、同年7月、米NXCイメージングを買収した。コンピューター断層撮影装置(CT)を中心に販路を広げる。(2022/11/03調査)

医療用機器に関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
中部地方
新潟県(2)富山県(0)石川県(0)福井県(0)山梨県(0)長野県(6)岐阜県(1)静岡県(1)愛知県(3)
近畿地方
三重県(0)滋賀県(0)京都府(4)大阪府(3)兵庫県(6)奈良県(0)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(0)島根県(0)岡山県(2)広島県(0)山口県(1)
四国地方
徳島県(0)香川県(0)愛媛県(2)高知県(0)
九州地方
福岡県(1)佐賀県(0)長崎県(1)熊本県(0)大分県(2)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(2)