NIKKEI COMPASS

検査機器

検査機器の業界分類
検査機器の業界定義
工業製品向けの検査機器、試験機器を製造する。半導体用、太陽電池用を除く。

検査機器の業界概要

自動車、情報通信など幅広い分野で活用
産業用・工業用として製品関連物質の品質を検査する装置は、量産型製品や精密製品の生産・メンテナンスに欠かせない。例えば自動車の走行状態を試験するダイナモメーターシステムは、自動車が実際に道路を走っている状態を実験室内で再現し、排出ガス量や駆動力、燃費などを実際に測定する。環境対応車(エコカー)など新分野で検証に欠かせない。シャフトなど自動車の動きを制御する基幹部品の動きを試験する耐久試験機も含まれる。航空・宇宙分野でも振動評価や搬送シミュレーションを行う検査装置などが高精度の機器開発に不可欠だ。
自動車や航空・宇宙のほか、情報通信など微細技術分野でも検査装置の需要は高まる。医療では健康寿命を延ばすなど生活の質(QOL)向上のため、検査を高度化・微細化することで病変を早く正確に特定する装置の開発が進む。(2022/11/19調査)
業界レポートを閲覧することで、最新の業界動向・競合環境を簡単に理解・把握できます
日経NEEDS業界解説レポートサンプル"
最近の動きをまとめて知るなら日経NEEDS業界解説レポート 検査機器日本経済新聞社・2022年11月30日公開・PDF
2,750

検査機器の市場動向

5G関連機器市場、23年に26兆円
検査機器の納入先の製造業者は世界的な生産体制の見直しを進めている。特に自動車など海外工場での生産比率が高まっているメーカーでは、新興国など現地工場で試験・検査するようになっており、装置も現地仕様に合わせた開発が課題となる。
ただ、自動車メーカーの無資格検査や素材メーカーの検査データ改ざんなど、日本の大企業が検査分野を軽視して国際的な信用を失いかねない問題が相次いだ。国土交通省は対策班を組織して2018年3月に中間まとめを公表、メーカーにコンプライアンスの徹底など内部の見直しを指示するとともに、検査の自動化や工程内検査など新たな完成検査方法の採用を可能としていくとしており、新規の設備需要も想定される。(2022/11/19調査)

検査機器の競合状況

エスペック、EV用電池を検査 系列超え受託
自動車用性能試験装置大手の明電舎は、ダイナモメーターを含むデータ計測処理システム全体の開発も強み。同装置などを手がける産業電子モビリティー事業(連結)は、2022年4~6月期の売上高が前年同期比12.9%増の144億2900万円、営業損益は9億2200万円の赤字(前年同期は5億1900万円の赤字)となった。電気自動車(EV)事業で製造ラインの稼働が想定を下回った。
EV用試験装置で国内トップシェアのシンフォニアテクノロジーは燃料電池車(FCV)用の試験装置も開発する。自動車用試験装置などパワーエレクトロニクス機器事業の22年3月期の売上高は前の期比17.6%増の445億円、営業利益は95.6%増の44億円だった。半導体産業向けのクリーン搬送機器などが海外で需要を伸ばしたことで、為替の円安の影響もあった。(2022/11/19調査)

検査機器に関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(0)青森県(0)岩手県(0)宮城県(0)秋田県(0)山形県(0)福島県(0)
中部地方
新潟県(0)富山県(0)石川県(1)福井県(0)山梨県(0)長野県(1)岐阜県(0)静岡県(1)愛知県(1)
近畿地方
三重県(0)滋賀県(0)京都府(2)大阪府(5)兵庫県(0)奈良県(1)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(0)島根県(0)岡山県(0)広島県(0)山口県(0)
四国地方
徳島県(0)香川県(0)愛媛県(0)高知県(0)
九州地方
福岡県(1)佐賀県(0)長崎県(0)熊本県(0)大分県(0)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(0)