NIKKEI COMPASS

木材加工機械

木材加工機械の業界分類
木材加工機械の業界定義
製材機械、合板製造機械等、木材の各種加工に用いる機械を製造する。

木材加工機械の業界概要

木造高層建築、需要拡大に新たな期待
製材機械、合板機械、木工機械に大別できる木材加工機械を製造する。製材やチップ、合板、木材やわらなどを固めて成型する繊維板を製造したり乾燥したりする機械も含まれる。
日本の新設住宅着工戸数はこの数年90万戸前後で推移してきたが、住宅着工は長期的に減少していく見通しで、野村総合研究所は2040年度には41万戸にまで落ち込むとみている。大都市圏では構造に木材を使わないマンションも増え、木材の使用量、加工需要も減少傾向にある。主要顧客である住宅メーカーのプレカット工場や家具、建具メーカーからの受注が細り、構造用の木材加工品市況も低迷。中小の製材業では廃業も相次いでいる。関連産業は大きな業態転換を迫られる状況だ。(2023/01/16調査)
業界レポートを閲覧することで、最新の業界動向・競合環境を簡単に理解・把握できます
日経NEEDS業界解説レポートサンプル"
最近の動きをまとめて知るなら日経NEEDS業界解説レポート 木材加工機械2023年1月23日 PDF

木材加工機械の市場動向

建設需要一巡でバイオマス発電向けなどに活路
農林水産省「木材統計」によると、21年の普通合板生産量は317万立方メートルで前年比5.8%増だった。前年は5年ぶりの減少だったが、持ち直しの兆しが見える。
合板製造ではロータリーレースと呼ぶ機械が単価も高く、大手が軒並み力を入れる。原木を回転させて「大根のかつらむき」の要領で単板(薄板)を作る。単板を重ねて接着、乾燥させる一連の工程の最上流に配置され、ロータリーレースを納入した企業が生産ライン全体の構成で主導権を取るケースも少なくない。(2023/01/16調査)

木材加工機械の競合状況

太平製作所、天龍製鋸など海外市場開拓に力
木材加工機メーカーは海外市場の開拓を積極化している。とりわけ林業資源の豊富なロシアや東南アジアで拡販を狙う企業が多い。橋本電機工業(愛知県高浜市)、キタガワエンジニアリング(広島県府中市)、太平製作所、名南製作所(愛知県大府市)など合板製造機械メーカーは、原木を直径約3センチメートルまで削れるなどの歩留まりの良さとできあがった製品の品質に定評があり、海外の製材業から受注するケースも増えている。
橋本電機工業はレースチャージャーから単板巻き取り巻き戻し機械、乾燥機や横はぎ機まで合板機械全般を手がけている。(2023/01/16調査)

木材加工機械に関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(1)青森県(0)岩手県(0)宮城県(0)秋田県(0)山形県(0)福島県(0)
関東地方
茨城県(0)栃木県(0)群馬県(0)埼玉県(0)千葉県(0)東京都(1)神奈川県(0)
中部地方
新潟県(0)富山県(0)石川県(0)福井県(0)山梨県(0)長野県(0)岐阜県(1)静岡県(3)愛知県(6)
近畿地方
三重県(0)滋賀県(0)京都府(0)大阪府(0)兵庫県(1)奈良県(0)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(0)島根県(0)岡山県(0)広島県(1)山口県(0)
四国地方
徳島県(0)香川県(0)愛媛県(0)高知県(0)
九州地方
福岡県(0)佐賀県(0)長崎県(0)熊本県(0)大分県(0)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(0)