NIKKEI COMPASS

太陽電池製造装置

太陽電池製造装置の業界分類
太陽電池製造装置の業界定義
太陽電池の製造機器、検査機器を製造する。

太陽電池製造装置の業界概要

カーボンニュートラル政策の追い風に期待
家庭用、産業用の太陽電池を製造・検査するための装置や関連部品を製造する。太陽電池は再生可能エネルギーの中でも主要な電源として位置づけられている。製造工程は半導体と共通する部分が多く、半導体製造装置産業との技術的関係が深い。真空関連技術を持つ企業がこの分野に進出している。
世界的な「カーボンニュートラル」(温暖化ガスの排出量実質ゼロ)政策の広がりが、太陽光発電所への投資拡大につながっている。経済産業省が21年7月に原案を公表した新しい「エネルギー基本計画」では、2030年には再生可能エネルギーによる発電依存度を従来の「22~24%」から「36~38%」に引き上げる方針が明記された。これにより、国内で太陽光発電への需要がさらに高まりそうだ。(2023/01/16調査)
業界レポートを閲覧することで、最新の業界動向・競合環境を簡単に理解・把握できます
日経NEEDS業界解説レポートサンプル"
最近の動きをまとめて知るなら日経NEEDS業界解説レポート 太陽電池製造装置2023年1月23日 PDF

太陽電池製造装置の市場動向

世界的に需要拡大、新素材・新技術への対応がカギに
太陽光発電コンサルティングの資源総合システム(東京・中央)によれば、2021年の世界の太陽光発電システム新規導入量(速報値)は前年比20%増の175ギガワットとなった。中国、欧州、米国市場が堅調だった。気候温暖化への危機感が世界的に広がり、主要国が相次いでゼロエミッション政策を打ち出したことも追い風となった。ウクライナ侵攻をめぐる対ロシア制裁に伴う原油・天然ガス供給不安で、太陽光発電など再生可能エネルギーへの期待は高まる。
21年の太陽電池モジュール(システムの中核となる部分)の生産は前年比36%増の242ギガワット。生産国は中国に大きく偏っており、21年のシェアは前年比5ポイント増の75%を占めた。次いでベトナム6.8%、マレーシア3.7%、韓国3.3%となった。日本は0.2%(前年比0.1ポイント減)。(2023/01/16調査)

太陽電池製造装置の競合状況

フェローテック、太陽電池向けシリコン製品受託製造に専念
2006年から太陽電池製造装置分野に進出した米アプライド・マテリアルズが世界シェアトップを維持し、2位以下はドイツ勢と中国勢がしのぎを削る構図となっている。
日本勢ではアルバックが真空技術を応用した製品を幅広く手がける。太陽電池製造装置部門は中国・韓国向けに化合物系や結晶系太陽電池製造装置を中心に売り上げを計上する。22年6月期(連結)の売上高は2412億円(前の期比31.8%増)、営業利益は300億円(同74.8%増)と好調だった。太陽電池に関連する部門の比率は明らかにしていない。(2023/01/16調査)

太陽電池製造装置の関連企業

株式会社エヌ・ピー・シー
太陽電池製造装置等の製造販売 太陽光パネル検査装置及び検査サービス等の提供
株式会社片岡製作所-
電気機械製造販売業

太陽電池製造装置に関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(0)青森県(0)岩手県(0)宮城県(0)秋田県(0)山形県(0)福島県(0)
関東地方
茨城県(0)栃木県(0)群馬県(0)埼玉県(0)千葉県(0)東京都(1)神奈川県(0)
中部地方
新潟県(0)富山県(0)石川県(1)福井県(0)山梨県(0)長野県(0)岐阜県(0)静岡県(0)愛知県(0)
近畿地方
三重県(0)滋賀県(0)京都府(1)大阪府(0)兵庫県(1)奈良県(0)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(0)島根県(0)岡山県(0)広島県(0)山口県(0)
四国地方
徳島県(0)香川県(0)愛媛県(0)高知県(0)
九州地方
福岡県(0)佐賀県(0)長崎県(0)熊本県(0)大分県(0)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(0)