NIKKEI COMPASS

単圧(鋼管・鋼板・棒鋼)

単圧(鋼管・鋼板・棒鋼)の業界分類
単圧(鋼管・鋼板・棒鋼)の業界定義
粗鋼生産は行わず、圧延により鋼管、鋼板等を製造する。
ビジネステーマ
熱延コイル異形鉄筋

単圧(鋼管・鋼板・棒鋼)の業界概要

単圧メーカーの大半は表面処理鋼メーカー 19年鋼管出荷額は6435億円(工業統計)
製鉄の工程は大きく上工程(高炉・電気炉)と下工程(スラブ等を圧延してそれぞれの最終製品を作る)に分かれる。
巨大な高炉に鉄鉱石、コークスを投入し、熱風を吹き込むことで鉄鉱石から鉄分(銑鉄)を取り出す。連続鋳造設備から生み出された半製品の鋼片(スラブ、ビレット、ブルーム)を圧延してそれぞれの製品(熱延工場→熱延鋼板=建設資材向け、冷延鋼板=自動車やサッシ、構造部の補強材、亜鉛メッキ鋼板=屋根や内装用、小径管工場→熱間溶接鋼管、形鋼工場→溶接H型鋼、厚板工場→厚板、大径管工場→鋼管、大形工場→H形鋼=ビルの骨組み、鋼矢板等)にしてゆく。(2023/01/06調査)
業界レポートを閲覧することで、最新の業界動向・競合環境を簡単に理解・把握できます
日経業界分析レポートサンプル"
業界をイチから知るなら日経業界分析レポート 単圧(鋼管・鋼板・棒鋼)2022年5月16日 PDF 17P
日経NEEDS業界解説レポートサンプル"
最近の動きをまとめて知るなら日経NEEDS業界解説レポート 単圧(鋼管・鋼板・棒鋼)2023年1月13日 PDF

単圧(鋼管・鋼板・棒鋼)の市場動向

JFE、米に建材用鋼板設備
銑鋼一貫メーカーとしての地位を守り続けてきた高炉メーカーにも、経営転換の動きが具体化してきた。日本製鉄は薄板事業では、日鉄日新製鋼・堺工場の薄板ライン(亜鉛メッキなど)の一部を20年度末に休止。名古屋工場の厚板ラインを22年下期をめどの休止、鹿島・君津・大分の厚板工場に生産を集約する。将来的に収益回復の見込めないチタン事業については撤退を決定。
神戸製鋼所は20年4月、完全子会社のコベルコ鋼管(下関市)の全株式を丸一鋼管に譲渡した。譲渡額は約138億円。神戸製鋼は鋼管向けの原材料供給は続けるが、製品事業からは撤退、自動車向けなどの注力分野に経営資源を振り向ける。(2023/01/06調査)

単圧(鋼管・鋼板・棒鋼)の競合状況

淀川製鋼所の今期、値上げ効果見込む
単圧メーカーは製鋼工程を持たず、高炉メーカーや電炉メーカーから鋼片(半製品)を購入し、鋼材製品(1次製品)を製造する。表面処理鋼材製造業の多くが大手鉄鋼メーカーの子会社であるのと対照的に、資本面等で独自路線を歩む例が多い。
淀川製鋼所は屋根材等の建材向けのカラー塗装鋼板やメッキ鋼板を主に扱う。屋根・壁材や物置の認知度が高い(通称「ヨドコウ」)。22年3月期の鋼板事業の業績は増収増益。主に建築需要が堅調なことから、特にひも付き(特定需要家向け)販売が増加した。23年3月期は見通しを公表していないが、鋼板関連の値上げ効果が見込める。(2023/01/06調査)

単圧(鋼管・鋼板・棒鋼)に関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(1)青森県(0)岩手県(0)宮城県(0)秋田県(0)山形県(0)福島県(1)
関東地方
茨城県(1)栃木県(1)群馬県(0)埼玉県(0)千葉県(0)東京都(9)神奈川県(5)
中部地方
新潟県(2)富山県(1)石川県(0)福井県(0)山梨県(0)長野県(0)岐阜県(1)静岡県(1)愛知県(7)
近畿地方
三重県(1)滋賀県(0)京都府(1)大阪府(13)兵庫県(2)奈良県(0)和歌山県(0)
中国地方
鳥取県(0)島根県(0)岡山県(1)広島県(0)山口県(0)
四国地方
徳島県(0)香川県(0)愛媛県(0)高知県(0)
九州地方
福岡県(2)佐賀県(0)長崎県(1)熊本県(0)大分県(0)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(0)