NIKKEI COMPASS

総合化学

総合化学の業界分類
総合化学の業界定義
基礎化学原料から、川中、川下の各種化学製品まで、総合的に製造する。

総合化学の業界概要

各社が構造改革急ぐ、電池材料で新工場建設
総合化学とはエチレン、ベンゼンなど基礎原料(川上)からポリプロピレン、ポリエチレンなど誘導品(川下)まで幅広く手がける大手化学メーカーを指す。かつて総合化学といえばエチレンセンターを持っていることが必須の条件だったように、石油化学コンビナートの中核企業でもあるケースが多い。現在は三菱ケミカルホールディングス(三菱化学)、住友化学、三井化学、旭化成、レゾナック・ホールディングス(旧昭和電工)、UBE(旧宇部興産)、東ソーなどが主なプレーヤー。
経産省の公表した2018年実績の工業統計によると、化学工業の事業所数は4613、出荷額は29兆7880億円。プラスチック製品やゴム製品、塗料、合成洗剤といった広義の化学産業でみると、出荷額ベースでは一進一退傾向にあるものの、産業機械器具(22兆円)、電気機械器具(18兆8000億円)、鉄鋼業(18兆6000億円)を上回り、依然製造業で輸送用機械器具(70兆円)に次ぐ規模だ。(2023/01/24調査)
業界レポートを閲覧することで、最新の業界動向・競合環境を簡単に理解・把握できます
日経業界分析レポートサンプル"
業界をイチから知るなら日経業界分析レポート 総合化学2022年8月8日 PDF 22P
日経NEEDS業界解説レポートサンプル"
最近の動きをまとめて知るなら日経NEEDS業界解説レポート 総合化学2023年1月31日 PDF

総合化学の市場動向

三井・三菱など30年度までに1000億円単位で脱炭素向け投資計画
三菱ケミカルHDは21年12月、24年3月期をメドに石油化学事業と炭素事業を分離すると発表した。低採算で温暖化ガスを大量に排出する両事業を切り離し、半導体材料やヘルスケア事業などに注力する。各社が規模を縮小しながらも石化事業自体を継続する中、三菱ケミのみが分離の表明に踏み切った。事業分離の手法として、当初は売却案も検討していたが、業界再編を主導する足がかりを維持するため売却はせず、23年4月をメドに石化事業を全額出資子会社として切り出し、他社と再編に向けて協議を進める。石化の脱炭素に必要とみる事業を新会社に移管する。具体的には、トヨタ自動車や東京大学などと取り組む、太陽光とCO2を使って化学原料を作る「人工光合成」といった先端技術を開発する事業を移す。これらの動きは企業単独の石化事業生き残り戦略からの決別を意味するが、肝心の同業他社が三菱ケミ主導の石化再編案にどこまで興味を示すかは未知数だ。
住友化学は24年度までの3年間に総額700億円を投じ、リチウムイオン電池部材や高機能プラスチック事業に経営資源を集中投入する。電池部材では耐熱性に優れるアラミド樹脂を使ったセパレーターと、正極材に重点投資する。高機能プラスチックも自動車での採用拡大を目指す。電池部材、高機能プラスチック両部門の売上高を24年度に21年度の2倍に引き上げる。(2023/01/24調査)

総合化学の競合状況

三井化学の今期、原材料価格上昇が販売価格押し上げ
一口に総合化学と言ってもそのルーツには大きな差がある。三菱・住友・三井は石炭化学から出発した旧3大財閥系化学メーカー。エネルギー革命の進行と並行して各社が石油化学分野にシフトするなか、三菱ケミカルグループ(三菱ケミカルHDが22年7月から社名変更)はアクリル関連事業と医薬品、住友化学は電子材料と農業関連、三井化学はポリプロピレンやフェノール、ウレタンといった汎用プラスチックの高機能化商品に注力した。旭化成は化学合成繊維から出発し、対中競争力の喪失で化学繊維原料から他の原料を生み出し、化学素材メーカーに業態転換した。帝人、東レ、クラレ等も同様だ。アルミ等の金属事業に強みを持つレゾナック・ホールディングス(旧昭和電工)、ソーダ灰事業に蓄積のある東ソー、セメント事業で蓄積のある宇部興産(現UBE)は無機化学からスタートし、有機化学への多角化も進めている。
三菱ケミカルは、次世代サービス実現のための投資は欠かせず、台湾の新竹市に半導体製造で使う洗浄剤の工場を十数億円をかけて新設した。米国の電解液工場の生産能力を23年までに年3万4000トンと、現行の2倍に増やす。英国でも能力を2倍の年2万トンに拡充する。半導体封止材・電子材料向け特殊エポキシ樹脂の新たな生産拠点を福岡事業所(北九州市)に開設。23年春からの商業生産を目指す。22年3月期の業績は、売上高が前の期比22.1%増の3兆9769億円、営業利益が6.4倍の3032億円。23年3月期については11月、利益予想を下方修正。自動車部品や建材に使うアクリル樹脂原料の販売が中国と欧州を中心に減る。ディスプレー材料も低迷する。コロナ禍で伸びた巣ごもり需要の一巡が響く。(2023/01/24調査)

総合化学の関連企業

三菱ケミカル株式会社
総合化学会社 各種化学製品等の研究・開発・製造・販売
株式会社レゾナック・ホールディングス
石油化学、有機・無機化学品、ガス、セラミックス、電子材料、アルミニウム、炭素、金属などの研究・開発・製造・販売

総合化学に関連する企業を地域から探す

北海道・東北地方
北海道(0)青森県(0)岩手県(0)宮城県(0)秋田県(0)山形県(0)福島県(0)
関東地方
茨城県(0)栃木県(0)群馬県(0)埼玉県(0)千葉県(0)東京都(12)神奈川県(0)
中部地方
新潟県(0)富山県(0)石川県(0)福井県(0)山梨県(0)長野県(0)岐阜県(0)静岡県(1)愛知県(0)
近畿地方
三重県(0)滋賀県(0)京都府(0)大阪府(0)兵庫県(0)奈良県(0)和歌山県(1)
中国地方
鳥取県(0)島根県(0)岡山県(0)広島県(0)山口県(0)
四国地方
徳島県(0)香川県(0)愛媛県(0)高知県(0)
九州地方
福岡県(0)佐賀県(0)長崎県(0)熊本県(0)大分県(0)宮崎県(0)鹿児島県(0)沖縄県(0)