NIKKEI COMPASS

栄研化学、23年3月期純利益7%減 コロナ試薬伸び上振れ

 栄研化学は20日、2023年3月期の連結純利益が前期比7%減の58億円になりそうだと発表した。従来予想を約22億円上回る。日本で新型コロナウイルスの感染「第7波」が広がり、遺伝子検査試薬の需要が想定よりも伸びる。年間配当は前期比3円減の48円と、前回見通しから13円増やす。 売上高は1%増の436
お支払い後、続きをお読みいただけます。
残り179文字