NIKKEI COMPASS

「デジタル飛行」で中国優勢、追う欧米 30年代実現へITジャーナリスト 小池良次氏寄稿

 2030年代に導入される見込みの「デジタルフライト」と呼ばれる次世代の航空インフラ(航空運航システム)が注目されている。中心にあるのは、自律飛行可能な無操縦者航空機である。先行するのはドローン大国の中国だ。その背中を欧米勢が猛追する。 2023年1月、垂直離着陸機学会(VFS)が主催する電動垂直離
お支払い後、続きをお読みいただけます。
残り2647文字